fbpx

腸内細菌と精神疾患

フランスでの臨床試験。本人には知らせず、生きた細菌が2種類入った菓子を食べるグループ、もう一方のグループには細菌が入っていない菓子を、毎日食べてもらった。

1か月後にアンケートをとると、生きた細菌を食べたグループは試験前より幸福感が増し、不安や怒りを感じることが減っていたそうです。

生きた細菌を食べるとなぜ幸福感が増すのか。1つには気分の調節をつかさどる化学物質セロトニンが関係している可能性がある。

神経伝達物質のセロトニンはおもに腸内にあり、腸の働きを円滑にしているが、全体の10%ほどのセロトニンは脳にあり気分や記憶を調節しています。

生きた細菌を体内に入れるとそれが合図となって、まずは別の物質トリプトファンが増え、トリプトファンがセロトニンに変換され幸福感を感じる。

うつ病患者ではトリプトファンの血中濃度が少なく、トリプトファンを含むタンパク質をあまり食べない国では自殺率が高いという。

トリプトファン不足はセロトニン不足を意味し、セロトニン不足は幸福感不足を意味する。

ただ細菌をくわえるとトリプトファンが増加するのは、細菌がトリプトファンを作るのではなく、トリプトファンを破壊していた免疫系の過剰反応を抑えるから。

アレルギーや肥満がそうであるように、うつ病も免疫系の機能不全が原因なのかもしれない。

注意欠陥多動性障害、強迫性障害、双極性障害、統合失調症、パーキンソン病、認知症、うつ病はどれも免疫系の過剰反応・炎症がみられる。

フランスの試験で示されたように、有益な細菌を腸に加えると、免疫系の興奮を抑える効果があるようです。

ということで、有益な菌、乳酸菌?や食物繊維をとることで精神疾患にも良い効果が期待できます。

こちらも参照(脳と腸の密接な関係 九州大学心身医学教授 須藤信行)

僕はヨーグルトを毎日とるのは苦手なので、もっと普段食べやすいものはないかと調べると、納豆菌も良いようです。

乳酸菌は腸内に1日程度しかとどまれないので、毎日食べる必要があるそうですが、納豆菌は5日程度は腸内にとどまるという。

また納豆菌と乳酸菌を一緒に取ると乳酸菌の効果が数倍高まるという話もありました。

今これを書いていて、納豆と乳酸菌で、ふと思い出したことがあります。高松トレーニングクラブの中尾達文先生(パワーリフティングで日本一が18回、マスターズで世界チャンピオンにもなった方です)

もう30年近く前の話ですが、当時、中尾先生が納豆とヨーグルトを一緒にかき混ぜて食べるという話を聞いたことがあります。

当時はえ~!と思ったものですが、あの強靭な肉体と精神は納豆ヨーグルトによる腸内細菌パワーの効果でしょうか?

腸内細菌の研究が盛んになってきたのは最近ですが、なんという先見の明、でも僕は一緒に混ぜて食べようとはまだ思えませんが(;^ω^)

興味のある方はお試しください(≧◇≦)

 

 

Posted in ブログ, 健康情報 | Leave a comment

腸内細菌とアレルギー・自己免疫性疾患

花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそく。多いですね。初回の問診票に記入するとき、主訴は腰痛や肩・首の痛みなどが多いのですが、チェック項目に先ほどのアレルギーがたいていどれかある場合が多いです。特に若い方。

こうしたアレルギーは免疫が暴走することで起きます。またリウマチや多発性硬化症などの自己免疫性疾患と呼ばれる病気も似たような仕組みで起きるそうです。

食生活も大きな原因のひとつですが、抗生物質の影響も大きいようです。

8万5000人を対象にした試験でニキビの治療に抗生物質を長期服用していた患者群は、抗生物質を使わなかった患者群に比べて2倍多く、風邪その他の気道感染症に感染していた。

大学生を対象にした似たような試験でも抗生物質を使用していたグループの風邪をひくリスクは使わなかったグループの4倍という結果。(今の時期気になりますね)

また、2歳になる前に抗生物質を与えられた小児は8歳になるまでに喘息を発症する率が2倍近く高い。抗生物質の治療回数が多い子供ほど、ぜんそくや皮膚炎、花粉症を発症しやすかった。

抗生物質が体内に入ると腸内の細菌叢のバランスが乱れ、腸壁を保護する粘液層が薄くなる。細菌が腸壁を通過して血管に侵入すると免疫が過剰に反応、暴走する。

この免疫の暴走を抑制するのが制御性T細胞(Tレグ)という特殊な免疫細胞です。アレルギーや自己免疫性疾患の根治を可能にする希望の光としていま世界中で研究されているそうです。

でマウスに食物繊維の多い食事を与えるとTレグの数が増加することがわかり、Tレグを培養液に入れて研究すると、腸内細菌がつくる短鎖脂肪酸の一種である酪酸を入れたときにTレグが大きく増えることを発見したのです。

マウスに食物繊維の多い食事を与えると、ぜんそくの原因となるハウスダストへのアレルギー反応が少なくなったそうです。

食物繊維の多い食事をとることで、腸内細菌が短鎖脂肪酸をつくりTレグが増える。そのTレグが免疫の暴走を抑制することで、アレルギーや自己免疫性疾患に良い影響を与えると考えられます。

食の改善といっても、なかなか甘いものやスナック菓子がやめられないなんて言う方も多いです。減らすに越したことはないのですが難しいようなら、まずは食事の時に食物繊維をしっかり摂取するようこころがけましょう。

くわえて整体治療で横隔膜や大腰筋、腸間膜などを構造的に整え、腸が働きやすい環境にすることで元気な腸を作っていきましょう(^-^)

経験上ですが、体調が良くなってくるに従い、体に悪いものをあまり欲しいと思わなくなります。

 

 

Posted in ブログ, 健康情報 | Leave a comment

肥満と腸内細菌

私たちの腸の中には約4000種100兆個もの腸内細菌が住み着いていて、その集まりを腸内フローラと呼びます。

この腸内フローラの状態が、いろいろな病気、特に現代病、21世紀病などと呼ばれるものに大きく関係しています。(肥満、糖尿病、統合失調症、自閉症、うつなどの精神疾患、胃腸障害、下痢、便秘、花粉症、アトピー、アレルギー、自己免疫疾患、などなど)

今日はそのうちの肥満について

アメリカのワシントン大学の研究によるとマウスに肥満の人たちの腸内フローラを移植したグループ、やせた人たちの腸内フローラを移植したグループを作り、それぞれに同じ分量のエサをやるのですが、

やせフローラのグループのネズミはそのままだったのに対し、肥満フローラのグループのネズミはどんどん太っていったそうです。何度実験を繰り返しても同じ結果になったようです。

調べて分かったのは、肥満になる腸内細菌がいるのではなく、肥満を防ぐ腸内細菌がいなかった。バクテロイデスというグループの菌が非常に少なかった。そしてこれらの菌を外部から与えてやると肥満体質が治ることが確認できたということです。

バクテロイデスの細菌たちが腸に入ってきた食物を分解して短鎖脂肪酸というものを作る。この短鎖脂肪酸が脂肪細胞に届き、それ以上余計な栄養の吸収を防ぎ、また交感神経に作用し代謝を上げ余分なエネルギーの消費も促すそうです。

ではこの肥満体質の腸内フローラをやせ体質の腸内フローラに変えるためにどうするかというと、

バクテロイデスなどの細菌は食物繊維をエサとしているので、野菜、イモ、豆などの食物繊維をしっかり食べるようにすることで、腸内細菌の状態が良くなってくるという結果が出ているとのこと。

整体を受けに来る方では、腰痛、肩こり、関節痛の方が多いですが、肥満はそれらに当然、悪い影響を与えます。

ダイエットのために運動する、食事を減らすといったことが苦手な方は、まず食事の内容を肥満を防いでくれる腸内細菌のために、食物繊維を多くとるようにしてみることをお勧めします。

僕自身、食事内容を食物繊維を多くとるように心がけています。

よく休みの日曜日の夕食で食べ過ぎて、月曜日の朝は下痢することが多かったのですが、それが食物繊維多めの内容だと下痢じゃなく、非常に良い便通です(;^ω^)

また下痢や便秘は腰痛にも直結しやすいので、気をつけましょう。

当院は腸や内臓への施術を得意としていますが、腸内細菌の働きを知ると食事の面からも食物繊維をとるようにすることで相乗効果でより効果がアップします。

ぜひお試しください(^-^)

Posted in ブログ, 健康情報 | 1 Comment

生と死の取り扱い説明書

キンドルアンリミテッド無料体験という案内メールが来たので試して、そのまま使っている。

月々980円だったかな、それでいろんな本が読み放題。

まあ何でもじゃなく限られた中で選んで読むのですが、そんな中、知ってる作者では苫米地英人の本がいっぱいあったのでよく読む。

今日は上記タイトルの本を読んだ。

少し気に行ったところを以下に。

「一人一宇宙」なのですから、あなたが他人の宇宙を生きてしまったら、あなたの宇宙は存在しないのと同じです。あなたの宇宙はあなたが主人公であり、あなたがプロデューサーであり、あなたが脚本家なのです。その脚本は自由に書くことができ、またいつでも書き換えることが可能です。

過去も未来も妄想です。あなたに与えられた時間は、いま、現在というこの一瞬だけです。この一瞬一瞬を意識し、生きていることを実感して、自らの選択で自らの機能を果たすこと。それだけが死への恐怖や悩みを忘れさせ、あなたの人生を輝かせてくれる唯一の方法なのです。

Posted in ブログ | Leave a comment

プロフィール9

前回のプロフィールを書いたのが、日付を見ると2013年10月30日となっていた。もう約4年が過ぎたのか。ということで、続き。

大きな変化はNST研究会の内臓・クラニアルセミナーを受講したこと。

ここでの勉強がまた大変役に立ちました。大きな変化は手技におけるタッチや圧がさらにソフトに繊細になったこと。それとエネルギー治療の概念が入ったこと。

患者に触れていなくても、意識の使い方で体が変化していくという事が実際に、そんなに難しくなく大それたことでもなく普通に起こるということがわかった。

逆に実際に触れて施術していても、意識の持ち方が大変大きな影響があるという事を実感した。単に物理的な刺激ではなく、施術をおこなう際の意識の持ち方、使い方で効果が断然違ってくる。このNST研究会で勉強していたころの話は当時の過去ブログに詳しく書いていたので興味があれば、そちらをお読みください。

それから、ちょっと変わったところで初級ヒーリングセミナーを受講しました。ここではチャクラやオーラなどについて勉強しました。これもエネルギー治療のようなものです。これも大変勉強になりましたが、ここでの大きな変化は自分の感覚、感性に自信が持てるようになったことです。

ここではオーラなど常識では見えないものを見る、感じる訓練など行いましたが、その過程で患者の問題部位などを感じる感覚が強くなってきた。そう以前、TPA整体を習った頃に患者の問題点をこちらの体の感覚で感じ取り施術する、当時この感覚に自信が持てず封印していたあの感覚が、今頃ヒーリングセミナーを受講することで、この感覚に自信が持てるようになったというか、何気ない感じ、ふと感じたものが大事だなと感じるようになった。これがヒーリングセミナーで得た最も大きい収穫でした。

セミナー受講はここまでです。この1年半ほどセミナー受講はしていません。大きな心境の変化があったのですが、それはNST研究会で当時よく聞かされた話の中で、「自分で考えろ」というのがあった。セミナーで受講するのはやり方だけ。テクニックのやり方だけでは最初は効果が出るが、すぐにより難しい患者など効果が出なくなる。するとまた違うテクニックを求めて、また違う新たなセミナーを受講する。それを繰り返すセミナージプシーになってしまうと。

自分の中で仮説を立て施術し、結果を検証する。難しい患者があらわれたとき、自分で考えて対処できるようにならないといけない。というような話です。

自分でも、セミナー受講するのは安易な逃げ道と感じるようになった。最近はこの手技療法の業界はセミナーを運営したり紹介する業者などが、次から次にこれでもかと新しいセミナー情報が届く。見ればそれはそれは魅力的に感じる内容になっている(そりゃそうだ。宣伝なんだから)

所詮は、セミナー受講というのは一つの問題(症状)に対して、一つの答え(テクニック)を教えてもらうというのが大半だ。問題(症状)に対して、自分で考え答えを見つけるのでなく、答えだけ(テクニック)教えてもらうのだから、ちょっと違う問題(症状)に対処できなくなるのは当然だ。

そのように感じるようになり、自分で考え答えを見つけるようにならなければいけないと思うようになった。じゃあどうすればいい?内臓・クラニアルテクニックを習った。これらをもっと自分で考え使えるようになるには?そう内臓や脳の機能をもっと知ることだ。

内臓や脳の機能、そう生理学をもっと詳しく知りたい。なんせ内臓や脳の機能をもっと知らないと、自分で考えてテクニックを使いこなせないなと。それまでは内臓の機能といっても、おおざっぱな知識しかなかった。

そこで今年の3月からガイトン生理学(1200ページ弱、2万円もした大判本だ)を全部読んでみることにした。実は過去に何度も読もうと思うたびに挫折し続けた20数年。今回こそは何を置いてもこれだけはやろうと決めて、空き時間で読み続けたが、つい先日やっと読み終わった。

9か月もかかってしまった。もちろん他の本も読んだりしていたので余計時間がかかってしまったが、読んでるとそういう事かと目から鱗的なことも多々あり、大変勉強になった。なんでもっと早く読まなかった。しかし9か月もかかったせいで、大半を忘れている(T_T)繰り返し読もう(;^ω^)

この間に、「あなたの体は9割が細菌」という本を読んだ。体自身の細胞の数よりも腸管内や皮膚などに住み着いている細菌の方がはるかに多く、また健康を保つうえで非常に重要な働きをしてくれているという本です。

この本を読んで腸、腸内細菌の重要性を認識させられた。もちろん今までも大事だなとは思っていたが、考えていたよりもはるかにいろんな働きをしてくれている。

最近多くなってきたアトピー、アレルギー、うつ病などの精神疾患などにも腸内細菌が大きくかかわっているようです。

そこで思い出したのが、身体意識について勉強していたころ下丹田と呼ばれる下腹部に身体意識が形成されると、精神が安定する。昔で言う腹が据わっているという表現もあるように精神の安定に重要な部位だったことからも腸の健康におよぼす影響の大きさを痛感。

そこで今現在は腸を中心としたお腹を整えるということを重視した整体をおこなっています。

2017年11月現在はこのような考えで施術をおこなっています。興味を持たれましたら、ぜひ体験してみてください。お待ちしています。また新たな発見、変化があれば書き足していきますね(^▽^;)

 

Posted in プロフィール | 2 Comments

腰痛、右肩痛

45歳女性

腰痛(1年前から反らすと痛む、特に右)、右膝立ち上がるときに痛む、右肩から右肘内側にかけて痛む、首から右背部のコリ、更年期症状(ほてり)

初回7月22日 筋反射テストがわかりづらかったので、触診による可動性などから内臓、クラニアルを施す。

2回目7月31日 腰反らすと痛む10→6、右膝も前回よりは楽だが、まだ少し痛む。首から右背部のコリはなくなった。右肩、右肘はまだ痛む。ほてり変化なし。内臓、クラニアルと右肩関節調整。

3回目8月7日 右肩、左臀部、右仙腸関節に痛み。その他は改善。ただ便秘になる。腹部内臓丁寧に施術、上部胸椎、仙腸関節、右肩関節に施術、あと肝経にアプローチ。

4回目8月17日 かなり楽になってきた様子。右肩、腰、便秘が少し。前頭骨、蝶形骨、肝臓、胆のう、膵臓、小腸、大腸、上部胸椎、左腎臓、右肩関節、頸椎3番を施術。

5回目8月31日 前回の施術以後、良い状態が続いていたが一昨日、変な体勢で肩に負荷がかかり、また痛くなる。FBプレス、蝶形骨、側頭骨、前頭骨、後頭骨、肝臓、横隔膜、胃、脾臓、腎臓、大腰筋、上部胸椎、第1~3肋骨、仙腸関節、右肩鎖関節、右肩関節にアプローチ。肩の痛みもなくなる。

前回以後、からどの調子は良いとのことでもあるし、肩の痛みもなくなったので、いったん今日で終了としました。

また不調が起きたらお越しください(^-^)

Posted in 肩こり, 腰痛 | Leave a comment

電磁波!!

火曜日に毎月定例の福山勉強会に行ってきた。

そこで電磁波の影響の話を聞いてきた。

電磁波が良くないのは知っていたが、思ってた以上に影響が大きいようです。

その後、同期の先生の施術をしました。

頭と首の境が重いという状態。

筋反射テストで調べると、まず経絡→肺経・肝経(ちょっとあやふや、忘れた)→ストレス

ということでまずストレスにESRを行う。10→8

つぎにまた経絡→心経と出たのでブレグマリリース。8→7。まだ結構残っています。

さらに調べると電磁波の問題と出たので、ここで電磁波の処理を行う。

すると7→2、電磁波処理で大きく変化したようです。

でもまだ2残っているので、再度調べると今度は霊障と出る。

出たからには処置しないと、僕独自の霊障アプローチ(怪しい整体師みたいだな(;^ω^))を行う。

これで、ほとんど気にならなくなったそうですが、検査で頸椎と出る。

頸椎2番(左)後方変位がある。

ただここまで影響してる問題を、取り除いてきたうえなので、頸椎2番は触れてるだけですすすっと戻りました。

しかし、一番大きく変化したのが電磁波処理した後だったので、電磁波の影響って、やはりけっこう大きいようです。

そこで当院も、パソコンやエアコン、コンセントなどに電磁波の影響をカットする処置をしなければと、聞いた商品をさっそく注文。

治療して一時的に良くなっても、すぐ戻る人などは電磁波の影響が大きいそうです。

治療でも電磁波処理をもっと考えていかないとな、と感じた勉強会でした(^-^)

 

Posted in ブログ, 健康情報, 肩こり, 頭痛 | Leave a comment

不妊症・不育症でお悩みの方に!

2年前より内臓・クラニアルテクニックを導入して、使い続けてきました。

当初は、いきなり施術内容が変わったことで、それまでのしっかり体をほぐすような施術を気に入って頂いていた方には、ご迷惑おかけしました。

やはり、それがお好きだった方は、徐々に離れていきました。

もちろん、導入したての内臓クラニアルテクニックも稚拙でしたし。

しかし稚拙ながらも、この2年使い続けてやっと効果的な施術が出来るようになってきました。

いろんな症状の方に、使っていく中で効果的だったのが生理痛の改善でした。

内臓クラニアルへの施術が内臓を整え、脳の働きを良くすることで、内臓の機能が正常になってきます。

すると自然に生理生殖機能も整い、生理痛が軽減・消失していきます。

そこでこのたび、不妊症や不育症でお困りの方に、ぜひ当院の内臓クラニアル施術をお勧めいたします。

病院に通い、いろいろな治療を受けたが、なかなか妊娠出来ない、出産にいたらないとお悩みの方にお聞きしたいのですが、ひどい生理痛や生理不順はありませんか?

もしそうなら、まず体を整え生理痛や生理不順を改善し、生理生殖機能がちゃんと働くようにすることが先決です。

 

また将来の妊娠に向け、生理痛や生理不順がある方は、今のうちから身体を整えておきましょう。

内臓・頭蓋へのアプローチで身体機能を整えていきます。

 

Posted in ブログ, 健康情報 | Leave a comment

全身の張り、特に首、腰が痛い

しばらくブログもほったらかしでしたが、誕生日のお祝いメッセージなど頂いたので、久しぶりに更新です。

しばらく書かない間に、施術の内容も少し変わりました。

最近は筋反射テストを使っています。特に習いには入っていませんが使ってみるといろんな発見があったりで楽しいです。

43歳男性

患「全身がパンパンに張ってます。特に首と腰がつらいです」

全身の張り、特に首、腰が痛いの原因は?と調べると経絡の肺経、胃経、腎経に反応。

肺経、胃経、腎経を乱す原因は?→過去のトラウマ

それはいつの?→41歳時

僕「41歳でなにか、ショックな事とかありました?」

患「特に思い当たることはないですね~」

僕「じゃあ、イメージしてください。41歳の頃はあんなことあったな、こんなことあったなと回想していってください。」

で僕はおでこに手を当てて前頭葉の状態を観察。

しばらくすると、おでこにキュウ~と緊張が走ったので、

僕「今思い出したものが関係してそうですね」

患「ちょうど41歳の時に祖母が亡くなったのを思い出してました。」

その状態で前頭葉が解放されるのを待ちます。

前頭葉がフワ~と解放されたので、再検査。

41歳トラウマの反応は消えました。肺経、胃経、腎経の反応も消えたので、

僕「じゃあ一度立って体の感じを確かめて」

患「あ~すごい楽になりました。首も楽です。」

僕「違和感、痛みが残ってるところを教えてください」

患「(動かしながら)左腰が少し痛みが残ってます」

左腰の痛みの原因を調べると内臓→左腎臓とS状結腸に反応。

左腎臓とS状結腸にアプローチ。

僕「じゃあまた立って動かして」

患「あ~左腰も痛くなくなりました」

僕「他に違和感、痛み残ってない」

患「いや~もうないですね~、あっしいて言えば少し足首が硬い感じがします」

足首の原因はと調べると、身体面、精神面、エネルギー、環境面、栄養面でも反応なし。それ以外と聞くと反応したので、それは何と聞いていくが、

電磁波、化学物質、細菌、ウィルス、天候、気温、邪気、霊障、、、反応なし。

何だろうなと考えてて、あっ花粉は?ビンゴ、花粉で反応しました。

僕「花粉症ありますか?」

患「ありますけど、もう時期過ぎて今は出てないですよ」

僕「まあでも何か影響が残ってますね」

さて花粉症、なににアプローチする?→肝臓で反応。

肝臓にアプローチして花粉の反応消えたので、

僕「じゃあまた立って確認してみましょう」

患「足首軽くなった」

僕「他にはない?」

患「はい、もうどこも問題ないですね(笑)」

再度、筋反射テストで、今日どこかまだアプローチしたほうが良いものはあるか?なし。

ということで終了。

最近はこのような施術になっております(;^ω^)

Posted in 腰痛 | Leave a comment

右膝の痛み

50代女性 右膝の痛み

立っているだけでは痛くないが、歩くときに地面から離れるとき、着くときに痛む。

検査

井穴チェック→左(小腸経)

首の側屈に制限、触診から肝臓、脾臓、十二指腸、右卵巣、胸椎10番、12番、腰椎3番に硬さあり。頭少々重い。

施術は頭に触れて感じた順に行う。

まず肝臓。アプローチして再度触診軽くなり動きも出る。

続いて十二指腸だが、まず十二指腸空腸曲、続いて下行部。これで背中側の張りが改善。

次に脾臓。同じく動きが出てOK。

つぎに右卵巣。硬さがなくなるまで。

うつ伏せになり胸椎10番から矯正。

矯正といっても左右横突起に拇指で触れているだけ。

そのうえでイメージを使う。地芯をイメージして待つ。すると体の中から呼吸が大きくなり動きが出てくる。すると固かった胸椎周りの組織がゆるんで動きが出てくる。

これを同じく胸椎12番、腰椎3番にも行う。

このあと梨状筋。ここは少し圧をかけてリリース。

仰臥位に戻り仙骨リリース。

頭にFBプレス、OCT、頭頂骨。

井穴チェックで小腸経の反応もなくなっている。

歩いて膝の感じ確かめてもらう(ただこの時点で、僕はまだ右ひざに違和感を感じている)

患「ああ、痛くないです。ただ最近正座がつらくなって来てて」

僕「正座してみてください」

正座してもらうと右ひざの前面にツッパリ感がある。

仰臥位になってもらい、どこからかなと感じると右腸骨筋膜。

右膝立ててもらい、鼡径部と腸の間に指先を置く。

けっして力で指し込んでいかず、ただおいて待っていると、少しずつ無理なく沈んでいくのを待つ。

すると深く、腸の裏までしっかりリリース。

これでもう1回正座してもらうと、ツッパリ感もなくなったので終了。

久しぶりに今の施術の流れを書いてみました。

 

Posted in ブログ | Leave a comment

小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.