fbpx

呼吸が苦しい

ご近所の70代女性

脊椎カリエスで胸椎が後方に完全に曲がって二つ折りにたたんでいる状態。

それが負担なのかどうか、肺自体も問題があるそうですが、酸素吸入器使用まではいってない。

患「酸素の値や、血液検査では異常がないんよ。でも呼吸が苦しくてどうなっとんかな?」

そう毎回同じことを訴えます。

僕としては、骨格の問題は子供の頃からで今に始まったわけじゃない。内臓も病院で検査して異常が出るほどではない。

いつもたいてい食後が苦しくなることが多い。

触診からはお腹が張っているので、おそらくは胃の負担から横隔膜の緊張によるものと考え、そのあたりの施術で落ち着く。

食事はどんなか聞くと、食欲がなくあまり普通の食事が欲しくない。ビスケットみたいなお菓子なら食べられるから、そんなものが多いそうです。

それはあまりよろしくないんじゃないかと何度か伝えたが、あまりピンと来てないようだ。

そして、だいたい数週間したら、やってくる。

患「〇〇病院と〇○病院で血液検査したけど、どっちも異常なし。なんなんじゃろうか?」

患「もう数値に出ない苦しいのはほんまにいけんな~」

僕「いや数値に出ない方がいいに決まってるでしょ。数値に出るようになったら、こんなもんじゃすまないよ。」

(うちの親父は酸素の値が下がって苦しくてじたばたじっとしてられなくて救急車にのって酸素4リッターで吸入してやっと落ち着いたりしているのを見てるので)

まあいつものように施術です。

胃、肝臓、ここまではまだ呼吸がハッハッと浅く速い。このつぎに横隔膜にアプローチすると一気にゆっくりと大きくなってきました。

ついで膵臓、十二指腸や下腹部にも手のひら当ててると、もう少し落ち着いて安定してきた。

その後、第1肋骨、側頭骨、OCT、SBS、FBST。

患「ちょっとしてもらうと、もう今苦しくないもんな~なんなんじゃろうな~」

(◎_◎;) まあまた苦しくなったらいつでもどうぞ(^_^;)

 

 

 

Posted in ブログ | Leave a comment

左半身の痛み、しびれ(3回目)

土曜日に続き3回目

今日は前回より、また少し良い。8→7ぐらい。

患「何より夜の痛みがなくなったんで、ずいぶん楽になった。」

僕「今一番痛むのはどんな時?」

患「仕事中に立った姿勢で動いてると何ともないが、立ったままじっとしてると痛み出す。あと脚の痛みが楽になった分、首のつっぱりが気になりだした」

そうですね。まだ首の前屈制限があります。

施術に入る。頭から感じると今日もまた脾臓から、これもなかなかしつこいな。

脾臓、膵臓、左大腰筋、S状結腸、左下肢関節の矯正、

うつ伏せになり、左腎臓、左仙腸関節。

仰臥位に戻り、左骨盤隔膜、FBST、SBS、第1肋骨、T1、2、側頭骨、OCT。

まだ前屈制限残ってますが、今日はここまで。

患「でも首回り、だいぶ楽になった。なにより体調悪くて、夜も寝れなかったんが寝れるようになってだいぶ体が楽になった。毎回楽になって来とる」

はい、引き続き頑張らせていただきます<m(__)m>

Posted in ブログ | Leave a comment

面白い!

最近読んでる「身体はトラウマを記録する」

まださわりぐらいしか読んでないが、非常に面白い、600ページ強の本ですが50ページぐらいまででの気になったとこを少し。

私の崇敬する恩師は、教科書は疑ってかかるようにと学生に教えた。本物の教科書は一冊しかない、それは患者だという。彼らから学べることだけをーそして、自分自身の経験から学べることだけをー信頼すべきだ、と。

他者から与えられた苦しみと向き合うだけでもつらいのに、トラウマを負った人の多くは、その状況下で自分自身がしたこと、あるいはしなかったことについて感じている恥ずかしさに、心の奥底でなおいっそう苦しめられている。

トラウマを負った人は他の人とは根本的に違うふうに世の中を眺めていることもわかった。

トラウマを引き起こした出来事について細かい部分まで正確に語るように勧めると、問題解決の手助けになるどころか、図らずも本格的なフラッシュバックを招いてしまう事が多かった。

トラウマは単に過去のある時点で起こった出来事ではなく、その体験によって心と脳と体に残された痕跡でもあることを私たちは学んだ。その痕跡は、人体が現在をどうやって生き抜いていくかを、引き続き左右し続ける。

私たちの偉大なる恩師は、一年目は精神医学の教科書を読まないようにとしきりに言った。真偽の怪しい精神医学の診断を私たちが当てにしてしまって、現実の認識が曇るのを望まなかったのだ。

人間の苦痛のほとんどは愛と喪失にかかわっており、治療にあたる者の仕事は、喜びも悲しみもすべて引きくるめて、人生の現実を人々が「認め、経験し、その重みに耐える」のを助けることだと私たちに教えた。

「我々の苦しみの最大の源泉は、自分自身に語る噓である」と彼は繰り返し言っては、自分の経験のあらゆる面に関して自分に正直であれと強く私たちに促した。人は自分の知っていることを知り、感じているものを感じない限り、けっして良くなれないとしばしば言った。

まだ50ページほどの間に考えさせられることがたくさんあった。この先も楽しみです。

Posted in ブログ | Leave a comment

左半身の痛み、しびれ

昨日書いた方の2回目

前回から2日たち経過を聞くと

前回の施術で痛みが10→7という事だったが今日までの間で7→8ぐらいだそうです。

夜寝ている時に、同じ姿勢がつづくと強烈な痛みが起こり、いったん起こると向きを変えてもおさまらず困っていたが、この2日間はそれがなくてよかったという状態。

施術前の検査では、首の左回旋、右側屈は動きが回復。前屈がまだ改善していない。

また左胸郭もまた硬くなっている。

FBプレス、脾臓、胃、肝臓、十二指腸、左腎臓、左腸骨筋、左中殿筋、

左耳管テクニック、左顎関節、SBS、OCTとおこない今日は終了。

左胸郭、内臓も一昨日よりゆるみやすい。少しずつですが着実に良い変化は出ている様子。

あせらずいきましょう(^-^)

Posted in ブログ | Leave a comment

同級生

ずいぶん久しぶりに同級生が来院。

いつ以来かな。

主訴を聞くと左半身の痛みとしびれ。

特に左臀部~左外腿にかけての痛みが強い。

10年ほど前に揉め事で乱闘になったのか、その時の記憶がないそうだが、左顔面を殴打されたらしい。

顔の骨は大丈夫だったが、頸椎3番(右)にひびが入っていた。

その後から、左半身のしびれが始まったように思うそうです。

3年ほど前から痛みが強くなってきて、3か月ほど前からかなり激しく痛むようになり、夜もろくに寝られない。

接骨院などに行くこともあったが、まったく変化なし。

その他、10年前から2年の間に大腸憩室炎で3度入院。

5年前、黄疸、肝硬変一歩手前ということで入院。

2年前に十二指腸破裂(穿孔のことだと思われる)で入院。

いろいろ話してくれましたが、この前から五十肩できた同級生といい、みんな悪いところが多いな。

たまに帰省して飲みに行く友人も、血圧が280までいってやばかったといってたし、まあそういう年になったという事でしょうか(ToT)/~~~

まあ施術しよう。

首の左回旋、右側屈、前屈がほとんど動かない。左腎臓や胃、心臓などコンタクトしてTLするが反応しない。

仰臥位になり、触診すると左胸郭がガチガチ。

頭にコンタクトして、どこからかなと観るとまず脾臓に反応。

脾臓アプローチすると、次は心臓に反応。そのまま感覚に従い、

左肺、胃、左腎臓、左大腰筋、左腸骨筋、左中殿筋、梨状筋、左第1肋骨、OCTまで。

患「お~だいぶ楽になっとる」

僕「来た時の痛みが10なら今どのくらい?」

患「7ぐらいかな」

僕(ガクッ、まだ7かい( ̄▽ ̄)「まあ今日はここまででしばらく通って治さにゃいかんね」

まあ身体に気を付けて、しっかり治していきましょう。

 

 

Posted in ブログ | Leave a comment

栄養補助食品

いきなり寒くなってまいりました。

毎朝6時ごろに犬の散歩に行くのですが、つい1週間前には、まだ暑い日もありユニクロのエアリズム1枚で散歩に行った日があったが、

次の日には半袖ポロシャツ、さらに長袖Tシャツが3日、3日目にはそれでも寒く感じ、昨日からハイネックTシャツ、今朝はそれでも寒くて明日からはフリースも羽織ろうかという感じです。

毎年のことですが、この早朝の散歩時、暑くも寒くもないちょうどよい期間は1週間もない気がします。

半袖からフリースまでが1週間ほどで変化します。

体調崩さないよう気をつけましょう。

タイトルの栄養補助食品ですが、何かの宣伝ではありませんので。

僕は昔は、非常に風邪をひきやすく、引くと治りにくかったです。

今考えれば、それもそのはず、かなりな不摂生をしていました。

今は生活習慣にも気を付けるようになり、風邪をひくこともあまりなくなりました。

ここ数年は1年半に1回ぐらい引いています。もう前回から1年半以上過ぎているのでそろそろかなとひやひやしますが、

でもここ1~2年は、風邪ひきの患者さんが来られても、少し体が熱くなり、頭が重いかなと感じて、うつったかなと感じても一晩寝ると次の朝には、問題ない場合が多くなりました。

そんななかで栄養補助食品も体調管理の一環として、とっていましたが、ここ数か月摂取の仕方を変えてみました。

たとえばなんでもいいんですが、僕の場合食卓にはビタミンB、C、E、ベータカロテン、マルチビタミンミネラルが置いてあります。これ全部飲んでいました。

しかしふと施術においても刺激は必要最小限が良いという考え方もあるし、補助食品も過剰になってやしないかと思い、

毎食後、それぞれのビタミン剤などを肝臓の前にあてて、首を動かしてみて、一番動きが良くなったもの1~2種類を摂取するようにしました。

これがなかなかよいようです。

おもしろいもので毎回、食事内容から違ってくるのかどうかわかりませんが、その都度必要なものが変わります。

今日はビタミンCが一番動きが良くなったら、次はビタミンBだったり、またどれも反応しないときもあり、そんなときは飲みません。

良かれと思っていろいろ高価な健康食品を大量に摂っている方もいると思いますが、それで体調が良くない場合は過剰になっているかもしれません。

毎回チェックして今必要な物だけ最小限摂取するというのも試してみると面白いかもしれません。

良かったらお試しください(^-^)

 

Posted in ブログ | Leave a comment

お腹をひっこめる体操

30代後半女性

頭痛、肩こりで通院

前回の施術時に

患「だんだん齢とともにお腹に肉が、おちなくなってきた」

とおっしゃいますが、この方はスマートで一見かなりスタイルはいい方です。

お腹にも脂肪がたまっているようではありません。

ただ肋骨や横隔膜の硬さから、腹腔が圧迫され前方にせり出しています。

僕「これ脂肪がついてるんじゃなくて、胸郭や横隔膜の硬さから、腹部が圧迫されて前方に出てるから、横隔膜ゆるめると引っ込むよ」

といって横隔膜矯正してお腹触ってもらうと、

患「あ、確かに」

ただいつも横隔膜矯正するのですが、次週こられるとまた張っていることが多い。

そこでセルフケアとして横隔膜の動きを良くする体操をしてもらう事にしました。

息を吐いて吐いて吐ききったら止めて(吐ききって止めることで腹横筋が働きウエストを締めます)

そのまま息を止めたまま腹部内臓を胸の方に引き上げます。

最初、わかりにくいと思うのでイメージでいいので、お腹の中の臓器を胸の方に引きずりあげるイメージをします。

目いっぱい引き上げたら、力抜いて内臓を下ろすと同時に息が入ってきます。

慣れたら息止めたまま、腹部臓器を上げたり下げたりを繰り返します。

こうすることで肋骨や横隔膜の動きが良くなるので、腹腔にかかる圧が減り、お腹が引っ込みます。(ただし脂肪がとれるわけではありませんので、あくまで腹圧でお腹が出ている場合です)

と指導しました。

で1週間たって来院(指導したことを忘れてました(^▽^;))

いつものように肝臓プレスで触れて、

僕「あれいつもより厚みがかなり薄い!」

患「ですよね!あの体操やりましたよ」

僕「へー!かなりやりましたね、すごい細くなってるビックリした。(いやすっかり忘れてたんで。また実際いわれてもやる人少ないし)」

患「会社で椅子座っている時に(事務職)結構やりました」

僕「失敗した。こんなに変わるんだったらビフォーアフター撮っとけばよかったね(笑)」

もともと脂肪がついてるわけではないから、すごい細いウエストになってます。

いやーすごい効果があったのでお腹がせり出して苦しいような方は、お試しください。

引っ込まなくてもクレームは受け付けません(^▽^;)

 

Posted in ブログ | Leave a comment

寝違え

30代男性 新規

5日前に寝違え、左首筋が痛む。一昨日が痛みのピーク。その時を10とすると今日は3~4ぐらいの痛み。

今までに手術、入院などの特になし。普段も触られるとこってるね、硬いねと言われることはあるが自分では、特に不調、肩こりなどは感じない。

久しぶりに軽い症状の新規さんです。おまけにもう治りかけ(≧◇≦)

座位検査 上肢外転すると、挙がりはするが90度ぐらいから重い重い。捻転は問題なし。首は回旋、側屈、前後屈すべてで痛む、特に右回旋、右側屈の痛みが強い。

仰臥位で頸椎リフトしてみると頸椎はそれほど制限ないが、胸椎1番の左が動きがない。

あとは肋骨や上腹部がすこし硬くなり始めています。この辺が上肢外転の重さにつながっていそうです。

FBプレス、つぎに左上腹部に違和感。

まず胃にコンタクト、胃自体はすぐにゆるむと左の横隔膜左脚に硬さを感じる、コンタクト少しずらしてリリース。

いったん頭に戻りコンタクト。肝臓に違和感。

肝臓プレス、横隔膜矯正。

この時点で胸椎1番左の硬さ解除。

また頭にコンタクト、すると両肩コリ感を感じる。

左右第1肋骨矯正、仰臥位で鎖骨と肩甲骨上部を両手で挟み、間の軟部組織をとかす。

側頭骨、SBS、少し残っている頸椎の硬さはOCTで解除。

座位で再検査

上肢外転での腕の重さはなくなり、すいーと軽く上がるようになる!(^^)!

首は各可動域改善したが、右側屈時に少し痛みが残る(ToT)/~~~

患「でもすごい楽になりました。こんな変わるもんなんですね~」

僕「残った痛みは、すぐ治っていくから、通院の必要はないでしょう。もし残るようなら近々もう1回。そのとき電話してください」

ここのところの寒暖差による自律神経の疲労などから、寝違えなどがおこりやすくなっています。

寝違えなどは、ほっておいても治りますが、なかなか首の痛みがとれないな~というときは脳、内臓が疲労しているサインです。

そんな時は、ぜひ当院の内臓クラニアルテクニックで元気な体を取り戻しましょう。

お気軽にご相談ください(^-^)

 

 

Posted in ブログ | Leave a comment

実感!

今日は山田先生との練習で、良い経験が出来ました。

今日はお互いに一つずつテクニックを交互に行う。

受ける方は、受けながら感じたことを伝える(今、右首がゆるんだとか、あるいはちょっと圧が強いとか)

ひとつ確認ができたのは、最近僕がテクニックの際に意識するようにしていることを、山田先生にも試してもらった。

テクニックを受けながら、山田先生にあることを意識してもらうと、臓器がすーとゆるみだす。

逆に手の触れている感じが荒くなった感じがしたら、「今、〇〇の意識、忘れた?」「あ、今ちょっと消えてました」という感じだったので、まずまず今意識してやってることは、良さそうだなと確認ができた。

それと、もうひとつすごい良い経験が出来たなと思ったのが、

左腎臓にアプローチ(前後からはさむ)してもらっている時に、〇〇の意識でアプローチしてもらっていると、良い感じでゆるんでいく。

練習なので、少し時間かけて行っていたら、急に僕の左腎臓がぐぐっと硬くなり刺激を受け付けない(腎臓がいやだっといっているような感じがした)

ので、山田先生に「もう腎臓が嫌だって感じ、刺激量が限度超えたかな?急に硬くなりかけた、感じた?」

山田「はい、確かにそんな感じがしました」

そこはそれで終わっていたのですが、解散した後でふと、

(待てよ、刺激量が多すぎたんじゃなくて、もしかしたらそれまで〇〇を意識してたのに、あそこで何か考えたかもしれない?)

で山田先生にメール送り、あとで電話で確認。

僕「確認したいけど、あの時点で何か考えた?」

山田「ああ、言われてみればあの時、腎臓の下部が先にゆるんできたのを感じて、よし上部もゆるめてやろうと考えましたね」

でその瞬間に僕が、もう限度かなと言ったそうだ。

よく金生先生が治してやろうなどの思いも自我だから、よくないとおっしゃってましたが、まさに体感しました。

本当にそれまですーとゆるんでいってたのが、急に腎臓が抵抗した。

あんな反応が起こるんじゃ、こりゃ気をつけないといけないなと実感しました。

自分でも気づかないうちによくやっていそうだ。

意識や感情、想念のコントロールが非常に大事だと痛感した練習会でした(≧◇≦)

 

Posted in ブログ | Leave a comment

五十肩(続)

40代男性 五十肩(左、伸展で痛む)の3回目

前回2回目の施術時、内臓クラニアルと関節、筋へのアプローチも行い少しあった後方伸展の動きも良くなり、

患「お~だいぶ良くなったな~」という事だったが、

本日3回目、来院して様子をうかがうと、

患「動きは良くなったが、痛みが強い。特に寝ている時に痛む」

書いてなかったが、この患者(友人、同級生)かなりいろいろ痛めている。

まず20歳前後だったと思うが、ビル工事現場で4階から落下、胸椎12番の圧迫骨折。

また肝臓を悪くし何年も高い薬を週3で打っていたそうだ。打ちながら酒飲んでいた。

しかし最近、肝臓の数値が検査で正常になったらしい。また胃もかなり悪く以前、胃カメラの検査で胃の中、切り傷だらけだったそうだ。

まあ経営者のストレスと酒が尋常じゃなかったようで、最近、脳の検査で脳が委縮していたそうです。

ということで今日からは、内臓クラニアルで脳と内臓の機能の改善を最優先に施術。

FBプレス、胃、左腎臓、左横隔膜、肝臓、十二指腸、左大腰筋。

うつ伏せで腎臓。

仰臥位に戻り、回盲、SBS、FBST、OCT。

委縮した脳を改善したいですね。また変化があれば報告します。

最近、なかなか簡単にいかない患者さんが増えてきた(ToT)/~~~

すると昔、一度だけセミナーを受講したことがある田尻先生のブログに今日、

「分かった、出来たつもりになって行っていると、あるとき突然、効果が減少したり、迷いが出たりとスランプになることがある。それは後退したということでしょうか。

いえ、そうではありません。あなたは次のステップに上がるとことまで来たということです。それを乗り越えると、さらに広い世界が待っています。

それを繰り返す、それで進む。それでしか達人の道はありません。(後略)」とあった。

そう、少し前に自分なりに、ある意識の使い方でテクニックの効果がアップした。

まさに分かった、出来たつもりですね(≧◇≦)

すぐになかなか変化しない患者さんが増えてきた。

メールやフェイスブックには、信じられないような劇的な効果をうたうテクニックの宣伝が目白押しですが、

まだまだ使いこなせているとはいいがたい内臓クラニアルテクニックを高めるチャンスと思って無視です。

だいたい元来不器用なので、あれもこれもは出来ません。

また自分なりに工夫したり考えるのが楽しくもあります。

わがままかもしれませんが今、安易に答えや他の解決策を教えてもらうのでなく、ここは自分で超えてみたいところですね。

さいわい、山田先生や福山練習会などで工夫できる仲間がいるのがありがたいですね。

明日も2時間ほど、山田先生との練習がある。

僕の実験台で大変ですね(^▽^;)明日もよろしくお願いしますm(__)m

 

 

 

Posted in ブログ | Leave a comment

小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.