fbpx

顎関節症、目元の痙攣

50代女性 新規

左の耳の後ろから、後頭骨と首の境が常に痛い。左の目元がけいれんする。胃が悪い。

10代の頃にムチウチ、20代で顎関節症になっているそうです。

それと、普段椅子などに座るとき、背中にクッションなどを入れないと、まっすぐな姿勢をしてるのがつらいそうです。

まず前頭骨プレス。

頭頂骨

側頭骨、左側が痛みのある部位、下あごと関節する骨です。

この後、頸椎1~3番までが動きが悪い。

特に1番の左が動きません。これを丁寧にゆるめて、動きが出てきたので、

僕「一度起きて、首の痛みなど確かめてください」

患「今、首は楽です。それにしゃべりやすくなった」

10代でムチウチ、20代から顎関節症といってたことから、まず首の歪みが顎関節、ひいては目元のけいれんにつながっていると思われます。

つぎに胃です。

つづいて左腎臓

で左大腰筋をゆるめたら、お腹全体と起立筋もゆるんだので、椅子に座って確かめてもらう。

患「あ~座りやすいです。なんで?」

内臓や、その奥にある大腰筋などが硬くなると、背骨が前に曲がり、背筋を伸ばそうとすると背中側の筋肉の力を使うことになり、すぐ腰や背中がつらくなります。

内臓や大腰筋をときほぐすことで、スーと腰が伸びるようになります。

今日はここまで。

少し遠いので、顎関節のセルフケアを指導しました。

まあ長年の問題なので、これで良くなってしまうわけではないので、頑張って治していきましょう(^-^)

 

 

This entry was posted in 頭痛, . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.