fbpx

膝の痛み

50代男性 膝の痛み、特に段差があるところ、階段などで痛む

腎臓の張りが気になります。

まずクラニアル。頭の硬いところをゆるめていきます。

特にコメカミあたりに硬さがあります。

コメカミの硬さがやわらぎ、

もちあげても頭が軽くなったので、内臓いきます。

腎臓

これで1回チェック

段差を昇ってもらう。

右膝がまだ気になる様子。

バンザイして片手ずつ牽引すると右の伸びが悪い

再度、右腎臓にアプローチ。

左と同じように伸びるまで行う。

これでまだ右膝を完全屈曲させるとパキっと音がする。

大腰筋アプローチ

これで右膝のパキっという引っ掛かりはなくなりスムーズになりました。

膝がパキっと音がするから膝が悪いんじゃないかと思うようですが、

その多くは膝が問題ではない。

多くは膝そのものより、より体の中心に近い部分。

この方の場合は腎臓とか大腰筋。

ここが問題起こして、硬くなったり縮まったりすると

筋肉を包む膜状のシートが足の筋肉までつながっています。

したがって脚の膜も引っ張られ歪むことになります。

膝の関節にもひずみが生じます。

これが少しでも捻じれた状態で曲げ伸ばしが繰り返されると、負担がかかりますよね。

だから、このような場合、膝そのものをいじくりまわすのではなく、もっと身体の中心に近い部分からゆるめることで、膜の歪みを解消すれば膝の痛みが消えるというわけです。

膝が痛いのに、なんで内臓?と感じると思いますが、このような考えにもとづいて施術しています。

へ~面白そうと思っていただければ、いつでもご体験ください(^-^)

 

This entry was posted in 脚・股関節・膝・足. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.