fbpx

腰痛

40代男性 トラック運転手

数年ぶりの来院、以前まだほぐしメインの施術をしていたころに来ていたが、ほぐしを辞めてからは来ていなかった。

患「先生、腰が痛くてどうしようもないんじゃけど、診てもらえんですか?」ということでやってきたのが月曜日。

以前、来られていた時より、少し太られたようだ。

曲げるのも、反らすのも痛い、そろそろ歩いて入ってくる。

触診で、とにかく目立つのが、肝臓、腎臓の硬さ、また腹部もパンパンに張っている。

この日は、肝臓、腎臓、横隔膜、大腰筋、OCT、側頭骨、SBS。

これで膝倒しや前屈の痛みは軽減、だがまだ少しでも反らすと痛い。

僕「まあ今日はこれで終わりね。心配しなくても痛みは引いてくるから、これで今週中にもう1回診せてくれる?」

ということで本日2回目。

患「だいぶ楽になりました。ただ腰は楽になったんですけど、昨日、一昨日は右の背中が痛かった。」

前後屈させてみると、前屈は問題ないが、後屈が大きく反らすと、まだ痛む。

背中は今日はもう痛みが引いているが、まだ張っている、どうやら肝臓のようだ。

触診では足根骨の硬さと腹部のハリ、肝臓、腎臓、C2が目立つ。

頭触って、感じてみる。

まずは左腎臓から。

ついで横隔膜、肝臓(これは時間かかった)、膀胱とアプローチして腹臥位に。

背面チェックすると、上部胸椎が硬いので、これはそのまま拇指コンタクトでリリース。

ついで観ていくと、右腎臓が盛り上がっている。

一旦仰臥位に戻して、右腎臓アプローチ。

ここで最初、気になった足根骨チェック、左右ともに全体的に柔らかくなったが、左の第4中足骨・立方骨の関節がまだ動きが悪いので、三角バランスでリリース。

この後、側頭骨、SBS、FBSTで頸椎の動きも良くなる。

再度、腹臥位でチェックすると、まだ後方から前方に仙骨を押すと、動きが硬い。

側臥位で仙腸関節圧縮してリリース。

これで腹臥位で仙骨押してもスムーズに沈むようになった。

これで立って腰反らしてもらう。ぐい~と反らして

患「大丈夫です、痛くないです」

僕「はい、じゃあ今日はこれで、まあこれで腰は大丈夫でしょう」

患「なにかセルフケアとか、やっぱり動かしたりした方がいいんですかね?」

僕「まあ、動かしたほうがいいのはいいけど、それよりも食べ過ぎない方が大事やね。肝臓がかなり張ってたし、食べ過ぎたときに腰が張るでしょ」

患「そう、めっちゃ張ります。そうか食べ過ぎか、確かにだいぶ太ったもんな」

気を付けましょうね( ̄▽ ̄)

 

 

This entry was posted in 腰痛. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.