fbpx

腰痛、股関節痛

50代女性 新規

もう1年以上前から、腰痛(仙骨部)、股関節(右大転子の周り)が痛くなる。

1~2か月前より股関節が左が痛くなってきた。現在左の方がつらい。

あとはそれほどひどくない頭痛、膝痛がたまにある。軽い便秘、花粉症。

痛くなってから、整形外科、整体、マッサージなどいろいろやったが変わらない。

整形外科では調べても骨などの異常はない。

問診での痛む場所(仙骨、大転子の周り)、骨の異常なし、整体、マッサージで変化なしなどから、生殖器になにか問題ありそう。

しかし問診票には何も記載がない。念のため聞いてみると、

患「2年ほど前に子宮に小さい筋腫が2~3個あると言われたが、ほっておいて大丈夫、そのうち消えるでしょうということで、ただその後検診のたびにまだありますねっていう状態」

筋腫が2年ほど前から、腰痛が1年以上前からということなので、やはり関係ありそうですね。

可動域検査では右捻転で左腰に痛み、首の後屈で痛み、膝倒し左右どちらもだが右に倒す方が痛む。上肢牽引は左に制限。

触診では左腎臓、子宮(下腹部全体)が硬い。

頭触れると、最初に感じたのは左首筋、そこから左頭部。

まず左FBプレス、左腎臓、で膝倒しチェック、痛み減るがまだある。

左大腰筋、再度膝倒しあまり変化なし。

次の反応があったのは左側頭骨、続いて右腎臓、右大腰筋。

ここまで来てやっと子宮がでたのでアプローチ。

やはりここがかなり硬い。

6~7割緩んできたところで呼吸が大きくなり、組織の循環、動きが出てきたところでやめる。

以前は硬縮、硬さを完全に緩めようとしてましたが、すると途中で大きくなった呼吸や体液の流れが、硬さがとれても呼吸や体液の循環はまた少し下がっていくことが多い。

硬縮、硬さをとることより呼吸や体液の循環が良くなったところでやめる方が治癒力が働きやすいんじゃないかと感じています。

とここまではそうしていたのですが、この後が良くなかった。

膝倒し改善。立ってみても変化の実感がとぼしいようです。

患「よくわからない」(ToT)/~~~

再チェック。

右捻転の痛みもなくなっている。が首の後屈は可動域はアップしているがまだ痛みが出る。

今日はここまででいいと思うが、念のためまだ他にやるとこあるかなと問いかけ感じてみる。

すると左仙骨上部に反応。

どっちかなと触診すると仙腸関節よりも左腰仙関節。仙腸関節はむしろ右の方が硬さを感じる。

左腸腰靱帯リリースして、やめればいいのにここで先ほど硬さを感じた右仙腸関節にもアプローチ。

この右仙腸関節にアプローチしたところ、左大転子まわりに疼くような痛みが出た。

患「右側してくれたら左にいつもの疼く感じが出た」(ToT)/~~~

応急処置、左中殿筋と左大腿筋膜張筋リリースすることで痛みは解消。

反省、だいぶ余計なことをした。痛みは取れて、痛いところを拇指押圧でゆるめたから、患者さんとしてはやってもらった感はあるかもしれませんが、子宮までで終わるべきでした。

下腹部の毒素のたまりようが凄かったので、子宮アプローチで循環よくなったところでやめて、排毒が進んだところで、また次回とすべきでした。

僕「子宮の問題が強いようです。かなり硬いので、循環が悪くなってる。これが取れてくると腰の状態は良くなってきますよ」

患「どうしたらよいですか?」

僕「しばらく週2ぐらいで施術しましょう」

患「あ~そうしてくれると助かります。よろしくお願いします」(;^ω^)

「よくわからない」に少し焦って冷静さを欠いた。まだまだだな~( ̄▽ ̄)気をつけよう。

 

This entry was posted in 腰痛. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.