fbpx

腎移植

今日、新規で来られた患者さん、主訴は腰痛。

いつものように施術していき、腹部にさわって驚いた。

右腹部が左と全然違って、ふくらんでいる。

今まで、こんなに腹部の左右差を感じたことはなかった。

頭の中は、いきなりフル回転です。

なんだこれは、単に右の大腰筋などが硬縮してるにしては、張りすぎておかしいし、内臓問題だとしても、便秘などで腸に溜まっている感じとも違うし、そもそも触った感じがいつものように、大腸、小腸、十二指腸などを触る感じじゃない。

なんか異物感、まさか腫瘍か、だとしたらどのように伝えるべきか、いやしかし腫瘍とも違う、腫瘍ならもっと硬いはずだよな、とか頭の中がぐるぐる回っていると、その間、僕が右腹部に手を置いたまま、動かずじっとしていたので、患者さんが気付いたのだろう。

患「あっ右のお腹、変ですよね」

僕「はい、変です」

患「言うの忘れてました。右のお腹に腎臓、移植してます」

僕「なんだそうだったんですか、一瞬腫瘍だったらどうしようとか考えちゃいましたよ、腎臓って、右腎を摘出して?」

患「いや、摘出の必要ないらしく、縮んでいくそうです」

僕「えっそのまま、じゃあそのすぐわきに移植するの」

患「いや、お腹側です」

いや~、そりゃ腹触ってなんだこりゃと思うはずだ、知らないってことは恐ろしいね。移植手術した人の腹触ったの初めてです。勉強になりました。

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.