fbpx

肋骨矯正

この前、買って見ていた肋骨矯正のDVD。

早速、ほとんどの患者さんに、使っている。

なぜなら、たいていの患者さんは、肋骨が多少なりとも前かがみになっている。

まだまだ、ぎこちないながらも、いい感触である。

この前まで、ダブルハンドリコイルテクニックが、今まで買った中で1番良かったが、それを超えたかもしれない。

ダブルハンドリコイルテクニックは、それまでの僕のやり方では、時間をかけてやっていたことを、大幅に短縮できるという利点があった。

しかし、今回の肋骨矯正は、今まで僕が出来なかった、改善が難しかったことが、できるという点で、非常にうれしい。

何がいいかというと、首肩こり、それから上肢の問題がある患者さん、たいてい仰向けに寝転がった時に、両肩がベッドから浮いている巻き込み肩状態になっている。

さらに、肋骨も少し前に倒れていて、頭が肋骨の真上に来ないで、少し前に出る状態。

これが首肩に、もちろん背中にもだが負担をかける。

これを改善したくて、いろいろやっていたが、肩をベッドにつくようにはできても、肋骨の前かがみを、大きく改善するのが難しかった。

だから、せっかく肩を開いても、肋骨の前かがみが解消していないと、立ってもらうと首が少し前に倒れているので、また徐々に肩も前に引っ張られてしまう。

もちろん、背骨や肋骨も、ゆるめるのだが、なかなか大きく肋骨の形を変えるのが難しかった。

しかし、昨日も患者さん全員に試したが(5人)、そのうち1人は顕著に効果が表れた。

今まで、3か月に1回ぐらいで、昔から通われている方ですが、首肩がよくこる方で、肋骨が前に倒れ、首が前に出る状態。とりあえず肩首ほぐしても、その場は楽になるが(スッキリしない時も)この形が、なかなか変わらなかったので、その場しのぎにしかなっていない感じだった。

しかし、この方に、井上式肋骨矯正を行ったところ、立ち上がった時に、肋骨がスッと立ち上がり、その真上に頭、首が乗っている。

本人も「あ~なんか楽ですね」とのこと。

うれしい、まだこんなに変わったのは1人だけだが、繰り返し使って、使い慣れてくればもっと効果は上がってくるだろう。

しかし、やり方はいたって単純。肋骨を開きたいんだからそりゃそうだよな、というやり方。なんで今まで気付かなかったかなというやり方である。

これが、みんなにうまくできるようになれば、首肩、上肢の問題の改善が、今までよりかなり良くなるような予感。がんばろう。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.