fbpx

腰痛・左臀部痛

60歳女性

日曜日の朝9時半ごろだった。電話が鳴る(治療院と住まいが一緒)

あわてて治療院の電話を取りに走ってすっころんだ。歳は取りたくないもんだ。

いててて!早くとらないと電話切れちゃうかなと思ったが、鳴り続ける。

僕「はい、小野整体です」

患「○○ですけど、今日ってお休みですか」

僕「はい、休みです」(キッパリ!)

患「いや、それが腰が痛くて動けなくなりまして」

こう言われると、つらいな。すぐに何か用事があれば、堂々と断るのだが、用事まで都合のいいことに2時間ばかり時間がある。

僕「じゃあ、今からすぐ来れるのなら、診ましょうか」

患「じゃあ、すぐに20分ぐらいで行けます」

まあ、急に痛くなって動けないのもつらいだろうし、時間もあるしと思い到着を待つ。

少したって、そろりそろりとやってきた。

患「1週間ぐらい前から痛くなって、ずっと痛み止め飲み続けて我慢してたんですけど、もうどうにもならなくなって、、」

僕「だめですよ、痛み止めでごまかして、我慢できなくなって来るようなことしてたら、ますます治りにくくなりますよ」

この患者さん、前回が1月5日に来られているのだが、その時も同じ状態です。

ただ、その時は年末にぎっくり腰になり、痛み止め飲み続けたのも正月を挟んでいたからしょうがないかとも思いますが、

今回は、1週間もあればもうちょっと早く来れたでしょ。内心は、それで最終的に休みの日に頼んでくるとはどういうこと!という思いもありますが、

ちゃんと説明しない僕も悪いかな。

まあ、とりあえず施術です。

クラニアルと内臓、あと腰椎4番の矯正をして、痛みが10→3

ここで前回は左腸骨筋をゆるめて痛みがなくなったが、ここでまたすぐ痛みだけとってしまうと、また痛みがどうにもならなくなるまで、ほったらかしにしそうだし、

今日は少し痛みを残して、何回か来院させる方が本人のためかな。と考える。

(確かに、そのようにも思いましたが、心のどこかに1週間も我慢しといて休みに頼んできたのが、引っかかっていたのもありそうです。反省<m(__)m>)

僕「じゃあ、今日はここまでにしましょう。それで3日後にまた来てください。」

患「夜は何時まで、やってるんですか」

僕「8時からが最後です」

患「それだったら、来れそうです」

ということで8時を予約。

そして今日の夕方、電話が鳴る。

患「8時から予約してる○○です。急に仕事が入っていけなくなりまして」

僕「まあ、それは仕方ないですが、腰は大丈夫ですか?」

患「はい、あれから徐々に痛みが減って、今朝起きたら痛くなくなってました。また近々いかしてもらいますので」

まあ、痛くなくなったのはいいですけど、次はこんなになる前に治療しましょうね。

しかし、ちょっと反省しました。定期的に治療すべき状態は確かにそうなのですが、心のどこかにやましい気持ちがあったら、どうにも自分自身が気持ち悪いですね。

ちょっと自己嫌悪になりました。気をつけようm(__)m

Posted in ブログ, 腰痛 | Leave a comment

うつ病・アトピー

50代女性 新規

10年前からアトピー性皮膚炎。手のひらがひどい。水仕事や草抜きなどすると、手のひらが切り傷だらけのような状態になるので、何もできない。病院での塗り薬、飲み薬もあまり効果出ず。

その後、間もなくうつ病発症。病院では双極性障害と診断されているようですが、お話を伺う限りでは、躁状態はあまり強くはないようです。こちらも薬を処方されているが、あまり効果がない。

それから最近、膝の痛みが気になる。

何もやる気が起きず、ごろごろする状態が続いていたが、息子に促され神社の階段を3往復程度するようになった。

食生活はインスタント食品が多い。

過去にアデノイドと右卵巣嚢腫を手術。

もともとストレスがかなりあったのですが、花や畑の世話をするのが好きで、それがストレス解消になっていたが、それができなくなり、うつが強くなっていったそうです。

また本を読むのも好きだったが、すぐ目が疲れ読む気もうせていった。

検査

左肩外転、右捻転の動きが硬い。

(写真は別人、こんな検査ということです。肩も左右が逆)

足の挙上も左が少し硬い。バンザイも左が上がりきらない。

背部から観ると左腎のウラが盛り上がっている。

腹部はパンパンに張っている。

施術はまずクラニアル。

驚いたのは蝶形骨の硬さ。

今までも、もっと全体的にパンパンに硬いとか、前頭骨から蝶形骨と何個かまとめて硬いとかいろいろありましたが、

蝶形骨のみが、きわだって硬く感じる。ぎゅっと圧縮されている感じです。

ここは、視覚、神経、ホルモンの働きに大きく影響する場所なので、しっかりとアプローチします。

それから肝臓、横隔膜、左腎臓(左肩や左膝の痛みは、ここの影響のようです)

今日は問診にほとんどの時間をとられたので、ここまで。

それでも動きの制限は、それぞれ減少。

ご子息いわく、かなり重度のうつということですが、体を観た限りでは十分希望はあると感じます。

ご子息に促されて、渋々やってきたと思いますが、はやく本人にも希望を感じてもらえるように頑張ります。

 

 

Posted in アトピー, うつ病 | Leave a comment

風邪

先週、久しぶりに疲れ・だるさで来院された方の1週間後。

まだ疲れ・だるさがあるそうです。そりゃ、あるでしょうね。慢性的な疲労が1回やそこらでなくなりはしない。

それは置いておいて、今週は風邪を引いてきた。咳をして、つらそうです。

とにかく疲労感と風邪なので、クラニアル・内臓メインの方が良さそうだ。

まずクラニアルから。前回との違いは、

前回は前頭部の硬さが目立っていたが、今回は少し下がって真ん中あたり、視床とか基底核と言ったあたりに硬さを感じます。

前回

今回

まずそれをゆるめて、内臓。

まず表面の肝臓・胃・小腸・大腸をゆるめ、その奥の大腰筋をゆるめる。

大腰筋をゆるめたところで、体全体がふわ~とゆるんだ。呼吸が深くゆったりとなり、脚長差や脚の傾きなどが整い、全体がやわらかくなりと、全体の質感が変わった。

経験上は、ここで終わるのが良い。これ以上やっても負担が増えるだけ。

事実、以前あまりに早くこの状態になるときがあり、ちょっと早すぎるかなと、余計な施術を加えたところ、その状態よりも良くなることはなく、それどころか低下してしまう。

何度も、そうなったため今では、この一気にぶわ~と変化した時は、そこで終了とする。

その状態が、その時点では一番良い状態です。余計な手技はくわえません。

おしむらくは、この状態、たまにしか起きません(T_T)

部位ごとの変化は当然ですが、この全体がいっきに変わる感覚はたまにしかない。もっと精進しろってことですね。

けっして手を抜いてるわけではございませんのでよろしく( ̄▽ ̄)

僕「はい、じゃあ今日はここまでですね。」

念のため、聞いてみた。

僕「今、一気に良い状態になったのわかりました?」

患「はい、なんかす~と楽になりましたね」

良かった。本人も実感あるようです(*^^)v

僕「じゃあ、これで様子見て、次回は、、」

患「あっ次回はまた電話します」

あれれれ、、、これはもしかして(ToT)/~~~

(落ち着いて、落ち着いて、、)

まあ、様子見ましょう

 

 

Posted in ブログ, 未分類 | Leave a comment

風景写真の効果

 

 

当ホームページの院長紹介の蘭で、風景写真を眺めるのが好きと書いているのですが、嬉しい情報を入手しました。

こちらの本を読んでいたところ、休息の効能について書かれている中に、風景写真について書かれていた。

内容を抜粋しますと、

2008年ミシガン大学の心理学者マークバーマン博士が自然と創造力との間に強い関係があるか確認する実験を行った。

学生を2つのグループに分け、まず両グループにかなり集中力のいる課題をいくつもやらせる。

その後、第1グループは静かな公園で、第2グループは騒々しい市街地で休憩をとってもらった。

休憩後にまたテストを行うと、静かな公園で休んだ第1グループの方が成績が良かった。

これだけなら、まあそうだよなと言う結果であるが、もう一つ実験を行った。

今度は、部屋から出さず、自然の風景写真を見る(実験では6分間)グループと、市街地の写真を見るグループに分けて実験を行ったが、同じ結果になったそうだ。

さらに創造力アップだけではない。

こちらの方が、僕らにとって関係が深いと思う。

慢性炎症の予防効果があるんじゃないかということです。

炎症との関連が疑われる分子インターロイキン6の分泌量を減らす効果が期待できるそうだ。

エモーション誌に掲載されたある論文によると、「どんなポジティブな感情よりも、自然によって喚起される畏怖の念のほうが、インターロイキン6の低下につながる」という。

論文の筆頭著者ジェニファー・ステラー博士に「自然環境に身を置いたり、風景写真を眺めるだけで、なぜ体内の化学反応が変化するのですか?」と聞いてみた。

ステラーの考えは「自然に対して畏怖の念を抱くことで、宇宙とのつながりを感じ、いろんなことがちっぽけに思えるのかもしれません。その結果、ストレス反応が治まって炎症が軽減するのでしょう」

以上抜粋。

まだ、それがおこる原理はわかってないようだが、とりあえず、そのような効果があるようだ。僕にとってはそれで充分。

特に効果を期待してやっていたことではない。

なんとなく風景写真などを眺めてると、癒されるというか、心地いいからやっていただけだが、そういう効果もあるらしいといわれればうれしいもんだ。

炎症や痛みにお困りなら、風景写真を眺めるってことも試してみてはいかがでしょうか。

もし効果があったら、教えて頂けると嬉しいです!(^^)!

 

 

Posted in ブログ, 健康情報 | Leave a comment

内臓施術を受けたい(再チャレンジ)

30代男性

以前に内臓施術を受けたいと一度来院されている。

その時は、まだ内臓施術を取り入れて日が浅かった頃で、僕の施術が稚拙だったせいか、それきりだったのですが、このたび再度、内臓施術をもとめて来院してくれました。

今回の主訴は、とにかく体のだるさ。

ついで背中、腰の痛み、左腹部がチクチク、下痢が毎日etc。

わざわざもう一度、トライしに来てくれた。頑張ります。

全身丁寧に診ていきました。

特に問題が強かったのは、まずこめかみから前頭部の張り、硬さが目立ちます。

この奥には、理性をつかさどる前頭葉や、自律神経をコントロールする視床下部など大事な器官があります。

こちらの書籍に、疲労の研究について書いてあるのですが、研究の結果、

疲労が起こるのはおもに自律神経の中枢(視床下部と前帯状回)、その疲労を自覚するのは眼窩前頭野という部位、

まさに○でかこった位置にあります。

主訴に挙げられている体のだるさは、まずここが大きく影響していそうです。

ここはクラニアルテクニックでアプローチ。

こんなテクニックを使います(患者は別人)

つぎに気になった部位が左の腎臓。

この位置の背中側がかなり盛り上がっています。背中や腰の痛みは、ここの影響が強いと思われます。あと疲れ、だるさにも影響します。

続いて下腹部がかなり張っています。盲腸とS状結腸です。

ここはまさに下痢に影響するし、腰の痛みにも大きく関係します。

それから目立ったのが足裏、足根骨の硬さです。

ここが非常に硬くなっています。ここが硬いと足のクッションが低下するので、衝撃を吸収できなくなる分、脚が疲れやすくなります。

またここは、脚裏マッサージなどでいう内臓の反射区にもなります。

これらに、しっかりとアプローチし、あと背骨や骨盤チェックして終了。

これで疲労感や背中、腰を確かめてもらうと、

患「あ~楽ですね!」

このたびは、満足いただけたのか、

患「次はいつ来たらいいですか?」

僕「当面、週1でいいでしょう」

ということで1週間後の予約を頂き、終了。

しっかり治していきましょう(*^^)v

 

Posted in ブログ, 腰痛 | Leave a comment

ヒューマンアナトミーアトラス

いや~今の世の中、パソコンというか、こういった機器に弱いと損することが多いんだろな~と感じます。

昨日、たまたまパソコン開いて、スタートメニュー欄に解剖のアプリの宣伝が無料とある。

どんなものと見ると、英語表記しかない。これでは使い方さえわからないぞと無料でも嫌だなと、じゃあ有料だったらとみてみると、日本語対応のものがあるじゃないか。

しかも3000円ほど。じゃあ試しに買ってみようとダウンロードした。

いや~便利な物が出来ているんですね~。

自由に好きな角度から見ることが出来、

ズームもできるし、

少しずつ自由に、組織を取り除いていける。

神経や血管もひとつづつ取り除ける。

昔、解剖学書を観ながら、もうちょっとこっちの角度から見てみたいなと思っていたのが実現されているではありませんか。

アプリとか、こういうのに疎いもので今頃見つけて、いろんな角度に動かしたり、少しずつはがしたりしながら、はまっています。

\(^o^)/

 

 

 

Posted in ブログ | Leave a comment

腰痛セルフケア(体操)

さて自分でできる体操ですが、僕自身が腰痛予防に行う体操はいろいろやってますが、

その中で、もっとも大事にしてるのがゆる体操なんですね。

特に腰が痛いとか、どこか痛みが出るときは、背骨や肋骨、骨盤の動きが硬くなっています。

ですが多くの体操、ストレッチなどは、どちらかというと体幹を固定して手足を動かす、伸ばすというものが多いです。

なかなか背骨や肋骨そのものにアプローチする体操が少ない。

そんな中で、僕はたまたま20年ほど前にゆる体操に出会いました。

右も左もわからず整体をはじめて、力まかせにほぐしていたころ、しょっちゅう腰は痛くなる。また呼吸が詰まったようになることもありました。肋骨が固まっちゃったんですね。

そんな時に出会って、一生懸命取り組みました。最初はなかなか難しいものでしたが、徐々にできるようになってくると、自分で自分の背骨まわりや、肋骨、骨盤をゆるめるようになると、体が非常に楽になってきて、痛みが起こることも減ってきました。

またたまに痛くなることがあっても、体の中を細分化して使えるようになると(これはパフォーマンスにも関係してきますが)、痛い部位を微妙に避けて、体を使うことが出来るので仕事に支障をきたすことがなくなりました。

また疲れにくい、コリにくい体の使い方もできるようになってきます。

さらには、競技や仕事のパフォーマンスまでアップしてしまうというすぐれものです。

僕自身としては、計り知れないほどの恩恵を受けた体操です。

だから、いつも患者さんに、なにかやった方がいい体操とかありますかと聞かれると、本当はこれを勧めたいのですが、いかんせん短い時間でうまく説明できない。

そこで良いホームページ動画を見つけたので、紹介しておきます。

腰痛に何か、良い体操はとお考えなら、まずはこの体操をお勧めします。

そして、もし動画だけじゃよくわからないから、習ってみたいと思われたら、

なんと僕の弟がゆる体操の指導をしていますのでお問い合わせください。

Posted in 健康情報, 腰痛 | Leave a comment

腰痛セルフケア3

日々のストレスケアも非常に大事です。

僕のおすすめは読書。

これは単に僕が好きだというのもありますが、6分の読書でストレスレベルが下がるという話もあります。

その記事では小説がストレスレベルを下げるのに有効とありますが、

僕はその他に、脳関係の本、心理学、ノンフィクション、自己啓発、歴史etcなどいろんな本を読んでいると、ストレスに強くなると感じています。

ストレスになりそうな出来事に対して、一つの受け取り方しかできず腹が立ってしまう。ということがあると思いますが、たくさんのいろんな本を読んでいると、違った観方や、いろんな受け取り方が出来て、ストレスがあまり上がらず落ち着いてくる。(大変助かっています(^▽^;))

また運動も非常に効果的です。そもそもストレスは、昔の人が、猛獣などに出くわした時に起こるものだった。

ストレスホルモンが分泌、交感神経が興奮し、戦うか、逃げるか、という体制に入る。

どちらにしても激しく運動することになり、動いたことによりストレス反応がリセットされる。

しかし現代では、ストレスに感じることがあっても、上司、同僚、後輩、あるいは姑、嫁、夫などからストレスがかかっても、ぶん殴ったり、猛ダッシュで逃げるなんてことは出来ない状況がほとんどです。

すると高ぶった交感神経などはそのまま解消されず、筋肉は緊張したまま、胃腸などの消化器は機能低下したまま、なんか胃が痛いとか、体がこるとかになってきます。

腰痛は怒りであるという本もあるぐらいです。

だから運動することでストレスをリセットしましょうということです。

読書や運動以外にも、ストレス解消法はいろいろあると思いますが、くれぐれもお酒や暴飲暴食に走るのはやめましょう。

ますます腰に負担をかけてしまいます。

セルフケアといえば、なにか腰痛にいい体操かと考えますが、

あえて腰痛セルフケアとして、食事やストレスについて書いたのは、この2つの影響が大変大きいからです。

腰痛に食事やストレスって関係あるのって感じる方が多いと思いますが、あなたが思っている以上に大きく関係しています。

ここをほったらかしでは、一時的には良くなっても、時間とともにまた再発する可能性が高いです。

なかなか治らない腰痛、しょっちゅうギックリ腰になるなどでお悩みなら、食事量、食事内容、ストレス対策は向き合うべき問題です。

少しずつ、出来ることから始めてみることをお勧めします。

腰痛にいい体操などは、また次回にでも紹介します。

Posted in ブログ, 健康情報, 腰痛 | Leave a comment

腰痛セルフケア2

まず食事量が減らせたら、次は内容ですね。

もちろん、もともとそんなに食べる方じゃないという方もいると思いますし、またどうしても食べる量が減らせないという方は、まず内容から変えていってもいいでしょう。

なにはともあれ、出来ることじゃないと意味ないんで。

だから食事内容と言っても、そんなに堅苦しいことは言いません。

まず量が減らせたら、それだけで消化に関わる胃、十二指腸、胆のう、膵臓の負担が減ります。(特に腰より上、肩甲骨より下の背中がいつも張るという方は、消化に負担がかかっています)

また解毒に関する肝臓、腎臓の負担も減ります。

次は腸、腸内細菌のために食物繊維をとりましょう。

最近は腸内細菌の重要性がよく言われるようになりました。

肥満と腸内細菌

腸内細菌とアレルギー・自己免疫性疾患

腸内細菌と精神疾患

腸内細菌は食物繊維をエサにして短鎖脂肪酸を作ります。腸壁の細胞はこの短鎖脂肪酸をエネルギー源にして腸のバリア機能を維持しています。

腸のバリア機能が低下すると腸漏れ(リーキーガット)症候群ともいわれいろんな問題が起こります。

そして腸の状態が良くないと、下腹部や腰回りの筋肉も硬く張って腰に痛みが起きやすくなります。

では腸のバリア機能を回復するにはどうすればいいのか?

短鎖脂肪酸を増やす「食物繊維が多めの食生活」をすればいいのです。

いきなり理想的な献立にしようなどと考えると続きませんから、食物繊維の多い食品の中から、まずは自分の好きな物、自分の食生活に取り入れやすいものなどから少しづつ変えていけばいいんじゃないでしょうか。

習慣にしないと意味がないので、無理のない範囲で少しずつ試しながら自分に合ったやり方を見つけてください。

この食事量を減らす、食事内容を良くしていくことで内臓の負担が減れば、腰痛の改善、また今後、腰痛を起こすリスクが激減します。

ぜひ、お試しください。

 

 

 

 

 

Posted in ブログ, 健康情報, 腰痛 | Leave a comment

腰痛セルフケア

慢性的な腰痛、またよくギックリ腰を起こす方などに、

「普段、自分でできることはありますか?」と聞かれることがある。

まず体操とか運動以前にしてほしいことがあります。

食事を減らすことです。

たいてい食べ過ぎです。少し食事を減らすことで、腰への負担がかなり減ります。

これは僕自身の体験でもありますが、もともとやせ型だったのですが、高校時代に始めた空手で体重を増やすために、めちゃめちゃ食べました。

それから現役中はずっと、大食です。まだ若くかなり動いていたからよかったんですが、引退してからも、すぐに食事が減ることはなく、習慣で食べ続けていました。

だからしょっちゅう腰痛になっていました。当時は大食いが負担だと知らずに、なんとか運動で腰痛を改善しようとするのですが、それだけでは大変でした。

その大食いのままでも、体調が割とよかった時は毎日、ゆる体操(1時間)+10㎞のランニングをしていました。

それぐらいやらないと体重や体調を維持できなかったが、それが食事量が減るとものすごい楽になりました。

そんなに運動しなくても、簡単な体操を行うぐらいで腰痛が激減。

昔しょっちゅうなってたぎっくり腰の痛みは、食事量が減らし、お酒も飲まなくなってからは、なくなりました。

だから食事を減らすのがおすすめです。

食事の内容ももちろんですが、まずすぐできることは食事量を減らすこと。

まず今は食品そのものに含まれる農薬、保存料、添加物など内臓に負担をかけるものが多く含まれている。それに無農薬、有機栽培だと、良い食品だけ食べるのも、じっさいむずかしい。

だからまず何より、体に入る量を減らすこと。

それに良い食品ばかり選べば、たくさん食べても大丈夫なのかと言えば、そうでもないらしい。

以前、鶴見隆文というお医者さんの酵素の本に、

体内の酵素の量が決まっていて、消化に酵素が使われるのだが、残った酵素が体の修復に使われるそうです。

だからたくさん食べることで消化に酵素が使われて、身体の修復に使われる酵素が減る。

だから風邪など病気になった時に食欲が落ちるのは、当然で無理して食べるのは間違い。

食欲がないときは体内の酵素がしっかり体の修復に頑張っている。体が回復してくれば自然と食欲も戻ってくる、それから食べればよい。

腰痛も同じ。消化に負担をかけていれば、身体の修復に使われる酵素が減る。

また胃腸に負担がかかれば、腰の筋肉も弱くなり腰痛が起きやすくなる。

食事内容ももちろん大事ですが、まず普段お腹いっぱい食べるという方は、食事の量を減らしてみてください。

これだけで体調がずいぶんよくなります。

この食を減らすのが無理、我慢できないという方は、ストレス問題です。

自分のストレス(苦痛)の量に見合った食事量(快感)をとらないと治まらない状態。

飲食(食事・酒)以外のストレス解消法を見つけるか、ストレスのもとを改善するかになります。

まあこれは置いときましょう。

まず出来る方は、食事の量を減らす。これから始めてみてください。

Posted in ブログ, 健康情報 | Leave a comment

小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.