fbpx

喉が痛い

KIMG0058

数年前に買って、当時は難しくてよくわかりませんでしたが、今改めて読んでみるとなかなか面白いです。

なんせ本棚には、買った当時難しくて読まないままの本がたくさんあります。

少し理解できるようになってきたのか、読むのが楽しくなって最近ずっと読んでます。

おかげでかなり視力が落ちたような気が(ToT)/~~~

もうすぐ免許証の更新なので、一度メガネの度を調べとかないとな。

30代女性 うつで通院中のクライアント

今日も検査の反応に従い

右腎臓、肝臓、左腎臓、子宮、横隔膜、OCT、SBSリフト

で終了したところ、

患「今朝起きたら喉が痛くて葛根湯飲んだんですけど、他に何か自分でできることとかありますか?たとえば喉のツボ押しみたいなのはどうですか?」

僕「喉のあたりのツボ押しはしないでね、なんでかと言うと絶対強く押しすぎちゃうので、やるとしたら、じゃあちょっともう1回寝てみて」

仰臥位になってもらい、甲状軟骨に拇指と示指でそっとコンタクト、触れるだけ。

少しそうしていると、甲状軟骨がリリースされて上下にスムーズに動き出す。

これで立ってもらうと

患「ああ凄い、痛みが楽になりました」

僕「痛みがあるという事は、そこに炎症物質や発痛物質があるということだから、そっとふれて、ゆるんでくると静脈の循環が上がれば、痛みの物質が流れて痛みが楽になる」

逆に不用意に押したりしたら、かえって炎症が酷くなり痛みが増します。

偉そうに説明しましたが、普段こんなことはしないのですが思い付きでやってみたら意外とうまくいきました。

また今日はひとり、半年に1回ぐらい、忘れたころにやってくる70代女性が、

前回去年の11月、前々回去年の5月といった感じで、しかも体が結構悪い。

頸椎に狭窄症があり、首が痛くひどくなると目が見えなくなる。左半身のしびれ。

さらに今日は去年の12月に知り合いに連れられ、ある整体を受けに行ったそうです。

そこで横隔膜に問題があると言われ、強く押されて肋骨を骨折したそうです。

5か月経つので、もう骨は大丈夫だそうですが、それ以降左の季肋部と上腹部に痛みがあるそうです。

頭から検査から、胆のう、左季肋部、左腎臓、SBSリフトで終了。

左季肋部と上腹部の痛みは取れたが、他はまだ残っていますが、今日はここまでの方が良いと判断、終了。

ほんとにたまにしか来ないので、事前に「でもこれ治そうと思うんなら、もう少し定期的に通院しないと無理ですよ」と伝えていたのですが、

今日も次回予約はなし(ToT)/~~~

この方、交通手段が自転車しかなく、しかも自転車で通院するには遠いのもわかりますが、それでも通院したいと思わせるだけの効果を出せないといけませんね(≧▽≦)

頑張ろう(^-^)

 

Posted in うつ病 | Leave a comment

右首から肘にかけての痛み

50代女性 3か月前に右肘が痛くなり、徐々に肩から首筋まで痛み出した。

この方、2年ぶりだったので、施術内容まったく変わってますよと伝えたが、まあ受けてみますとのことで来院された。

右足首外反制限、足上げ右が重い、膝倒しは右に少し抵抗、

右肩外転、肘屈曲、手首回内回外で動きはあるが痛む。

首左側屈、左回旋に制限と痛み。

触診で右肋骨と右骨盤は下方、肝臓、T2右、C2後方でロック。

頭触って、まず反応があったのが右腎臓。

右腎臓しかしこれがなかなかスッキリいかない。

かなり緩んではいるが微妙な違和感が抜けきらないが、今はここまでだなと感じたので、

再検査、足首、足上げ、肝臓、右肋骨右骨盤の下方、T2は改善。

右肩右肘の痛み軽減。

再度頭から観ると、左腎臓、これはすんなり。

次の反応が胃。

僕「胃の調子悪くないですか?」

患「はい、胃の入り口が開いてるとかなんとかで、調子悪いです」

で胃にアプローチして、ここで一度立って肩肘動かしてみてもらう。

肩肘の痛みはOK。だが首の痛みは残る。

C2の問題があったので、SBSリフトで攻めてみる、ついでOCT。

ここで側頭骨に反応が出た。

側頭骨矯正、右が全然動いてない。右腎臓がなかなかスッキリいかなかったのはこれか。

しばらく待っていると右側頭骨が解放されたので終了。

立って動き痛みを確認してもらうと、首をぐ~と左に倒して、

患「あ~凄い楽になってます。へ~内臓とか関係あるんですね~」

で終了!(^^)!

 

Posted in ブログ | Leave a comment

検査→施術→再検査

最近、施術前のチェック項目が増えた。

足首、股関節、肘、手首なども動きをチェックして、1か所施術しては可動域のチェックをするのが面白くなった。

以前は一つ一つのテクニックが甘かったのでしょう。

一つ一つでの変化が離れたところまで、及ばないので1回1回足首や肘とかまでチェックすることはなかった。

しかし最近、特に肝臓はかなり変化が大きくなったので、いろんなところに変化が及ぶようになった。

それで足首や肘なども検査するようになった。

すると人によっては右足首から右手首まで肝臓プレスのみで可動域が改善したり(これは非常にまれですが)、

また左外果が腫れていたのが、肝臓プレス後(これで引くとは思わず)全身チェックしていくと、あれ外果の腫れが引いている等。

変化が大きくなって、検査が楽しくなってきました。

30代男性 新規

10年前→喘息(職場変わって落ち着くが、今でも風邪などでたまに起こる)、突発性難聴(現在、左耳が高音が聞こえない)

この後、うつ病(服薬でひどい状態は収まるが、以後現在も通院、現在は軽い薬、安定剤、睡眠剤など、強い症状は出ないが、ずっとモヤモヤが続いている感じ)

逆流性食道炎、ドライアイ、また歯ぎしりが凄く、歯科で作ったマウスピースが割れるほど、目が覚めるとよく唇に血豆が出来ている。

首肩がこり頭痛、また腰痛もよく起こる。

検査

右足首に伸展外反制限、足上げ右が重い、SLR左60度、右30度、膝倒し左。

かなり強い第1頭位、前頭骨、蝶形骨、側頭骨がかなり硬い。C2後方でロック。

まずFBプレスで頭蓋内の硬さ、詰まった感じを崩す。

次に肝臓プレス。

これで右足首、膝倒し、足上げは改善。

SLRはまだ右50度。

次に横隔膜矯正、これでSLR80度。

これで体幹より下の問題はOK。

問題は頭です。

相反テクニック、SBSリフト(かなり硬いので、後回し)

側頭骨矯正、これもかなり手強くなかなか鱗状縫合まではとれず、

頭頂骨にコンタクト変えて鱗状縫合リリース。

OCTで頭軽くし、まだ硬い前頭骨をFBST。

頸椎チェックすると、まだC2硬いので再度SBSリフト。

これでC2に動きが出たので今日はここまで。

立ってもらい

僕「体の感じどうですか(^-^)」

患「なんか楽になった感じがします(^-^)」

患「どれぐらいの間隔で来たらいいですか?」

僕「当面は週2で行きましょう」

ということで次回は3日後。頑張っていきましょう!(^^)!

 

 

 

 

Posted in うつ病 | Leave a comment

うつ病

3月24日から施術の30代女性 今日が11回目

9回目の施術まで週2回、症状をあまり感じなくなったということで10回目の施術までは、1週間空けてみた。

すると1週間空くと、まだ少し不安感が出たという事で、

今日11回目は前回より3日後。

当初あっためまい、ほてり、動悸、右拇指のしびれ、軽いアトピー(背中の痒み)は最近出ていない。

不眠はまだ完全ではないが、以前よりかなり良くなった。

膝の痛みは、重いものを持った時などに少し出る。

今現在、もっとも気になる体の症状はと聞くと、

パソコン作業や本を読んでいると肩がこってくる、また右肘がたまに痛い。

検査

右足首伸展に少し制限、パトリックテストは左右ともに陽性、膝倒し左に倒すと右腰に痛み。

肩関節をベッドに押す(弾発検査?)と右に痛み、肘関節屈曲伸展回旋動作をしてもらうと右肘の方が動きが悪い。

右の四肢に問題が多いようです。

頭触って、まず感じたのが肝臓。

ということで肝臓プレス。

この前からセンターを意識するようになったが、コンタクト部位にもセンターを使う工夫をしている。

自分のセンターは当然意識するが、肝臓の前後に置いた手にもセンターを意識する。

肝臓の中で最も硬いポイントに手と手の間に通したセンターラインを合わせる。

徐々に肝臓がゆるんでいく。

徐々に厚みも薄くなり、完全に緩むまで行った。

5分ぐらいかかったかな。

これで足首、パトリックテスト、膝倒し、肩、肘、すべてOK。

肋骨や上腹部もゆるんだ、下腹部はまだ少し気になるが置いといて、

SBSリフト、ついで側頭骨矯正。

これも乳様突起にコンタクトして、あとはセンターに任せて待つ。

こちらは2~3分ぐらいで、ゆったりと良い動きになった、頭も軽く、体全体も良いゆったり感になったなと、

僕「よし、立ってみて」

患「あ~なんか楽になった感じがします」

僕「動かして、違和感とか残ってない」(僕はないだろうと思って聞いている)

患「あの~今生理前で腰が少し痛いんですけど、これってとれたりします?」

(あれ、まだあったか、そういえば下腹部が少し残ってた感はあったな、ただやったほうが良いかどうかは、、、)

腹臥位になってもらい、脊柱チェックすると、仙骨が少し動きが悪い。

仰臥位で自力で足上げしてもらい、次に子宮コンタクトでもう1回。

僕「どう足軽くなる?」

患「はい、軽くなります」

僕「じゃあ子宮もやっとこうか」(そういえば筋腫があったんだ)

これも子宮を前後からはさむようにコンタクトして、センターアプローチ。

3分ぐらいで、溶けました。

僕「よし、これで立ってみて」

患「はい、、、あれ、あ~凄い、痛くないです」

僕「はい、じゃあ今日はここまでね」

最近、このセンターを意識したアプローチにはまってます。少し時間がかかるのが難点ですが、なにより僕が楽です(≧▽≦)

 

Posted in うつ病 | Leave a comment

自分で考える

肝臓プレスで100通りの目的を考える。

これは、めちゃめちゃ良かったです。

肝臓プレスの効果が俄然良くなったのもそうですが、

なにより自分で考えるというのが、やっと理解できたような気がします。

今までは、ただ習ったテクニックを使っていただけ。

その意味も目的も深くは考えず、ただ検査で反応が出ればアプローチするというだけだった。

100項目むりやりでも考えたことで、テクニックがすごく深まりました。

研究会のメルマガで答えは教えないというのがありましたが、

たしかに、もし100項目ただ答えを教えてもらったのでは、あまり意味がないような気がします。

自分で考える過程が力になった気がします。

他のクラニアルテクニックなどについても、同じように調べてみていますが、

自分で調べるほどに効果が良くなってきている。

内臓クラニアル、まだまだ奥が深そうです。

というかやっとスタートラインというところでしょうか(ToT)/~~~

 

Posted in ブログ | Leave a comment

センター

この前のフォローセミナー、CKワープの2回目だったのですが、

普段より、その2回目受講時のセミナー中の方が、はるかに良く感じる、わかる。

セミナーの場の力も当然かなりあるのですが、もう一つ感じたことがあった。

机をベッド代わりに使うため、普段の施術時より高い。

それが椅子に座って、頭をホールドした時に、センタリングしやすい、というか自然にセンターが立つポジションだった。

体はリラックスさせて、センターで体を観るような感じで眺めると、悪いところに目が惹かれる感覚があった。

これはいいんじゃないかと、さっそく普段の施術ベッドの高さを高くした。

しかし、それだけではセミナー中程は感じ取れない、やはり場の力もかなりあったな。

しかし、それでも今までは頭をホールドするポジションなどが、どうしても少し背中が丸くなり、負担がかかっていたが、それがなくなったことで、より正しく感じ取りやすくなった。

それ以上に副産物があった。

センタリングしやすい高さになったことで、今までよりセンターを意識して行ってみた。

最初に感じたのが肝臓プレスを行ったときです。

今まで、いろんな意識の使い方を試していましたが、この時は肝臓をどうこうしようという意識を忘れ、高くなったベッドに合わせ、肝臓にコンタクトして、あとは楽にセンターが立つポジションを取るようにしていた。

ただセンターに任せて手は肝臓にコンタクトしているだけなのですが、肝臓がすいすいと柔らかくなっていきます。

キレーションのように悪いエネルギーを抜く意識もなく、良いエネルギーを入れるでもなく、ましてや圧を考えることもなく、ただ肝臓に触れ自分のセンターを楽に気持ちよく立てるようにしていると、

なんていうのか、今まで感じた中ではもっとも無理なく気持ちよく変化していく感じがしました。

これと比べると、今までの意念を使うのは、どこか強制的というか無理やり変化させようとしている感が。

僕の意識の持ち方も悪かったのも当然あるが、意念を使うとどこか抵抗を感じるところがあった。

途中まですーとゆるんでいたのが、ちょっと意識が強くなるというか(邪念が入ってしまうのか)急にピッと変化が止まったり、逆に硬くなったり。

しかし、このセンターに任せる感じでやっていると、瞬間的にとはいかないが、なにか良いエネルギーの循環が起こっているようで、すいすいと無理なく変化していく感じです。やりすぎた感じが起こらないというか、そんな感じを受けています。

今のところ、肝臓、腎臓、クラニアルには、このセンターに任せる意識が非常に良い感じです。他も工夫してみよう。

今更ながら姿勢、センターの大事さを痛感、また昔のように訓練するかな(^▽^;)

まあ、この何が良い感じかと言うのも、しょっちゅう変わるのですが(ToT)/~~~

今のところ、かなり良い手ごたえを感じています。

 

Posted in ブログ | Leave a comment

施術効果がどれぐらい続きますか?

フェイスブック友達から小野先生は、施術の効果が、どれぐらい(何日?)続きますか?

とご質問頂きました。

聞かれて、気づいたのは、そういえば昔はその場で痛みを取るようにして、

それが何日ぐらい持つのかと言うのが、気になった時期もありましたが、

最近は、全然考えていないことに気が付きました。

施術内容が大幅に昔と変わったことと、

考え方が変わったことが大きいです。

今は、まずその場ですぐ痛みや不調を取ろうと思って施術していない。

そして、基本的に定期的に通院してもらうつもりでいることから、

気にかけているのは、前回の施術から、なにが変化しているかなどです。

例えば急性の腰痛などだと、施術して内臓・頭蓋などに良い変化を感じたら、

まだ全然痛くても、「今日はこれで良いです。時間とともに楽になりますよ。3日後ぐらいにまた来てください。」

でまだ痛いから、たいてい2~3日後の予約を取ってくれます。で来院されると、

「いや言われた通り、あの後家に帰ってから凄い楽になりまして」とか

「次の日には、ずいぶん楽になって」とかが多いです。

中には、昔からの友人だと1回施術して、まだ結構痛みが残っていたが(ギックリ腰)

僕「これで痛み引いてくるから、様子見て」といってそれっきり。

半年ぐらいして、また電話があり、今度は妻が夜中から腰が痛くて動けないと朝1でやってきたので、

僕「それよりあの後、腰はどうなの?」

患「あ~あの後すぐ痛くなくなって、あれから全然平気です」

で奥さんの方は、観てみると左腎臓がえらく腫れていた。

かなり念入りにリリースしたが、だいぶ楽にはなったが、動くのはまだ恐る恐る。

でまた音沙汰なしだから、電話して聞いてみた。

患「次の日には、あの痛みがなんだったんだというぐらい楽になって、もうなんともない」

似たもの夫婦だ。

急性の症状だと、こういうことが多いので、痛みが残ってても平気で帰すことが普通になりました。

いや当然1回で治せれば、それに越したことはないのですが、僕の実力だと、なんとか1回で痛みを取ってやるなんて考えると、かえって効果半減という事が多いです。

これが慢性の症状だと、はなからすぐ治ると思ってないし、通院前提なので、

毎回痛みを取って、それが何日続くとかじゃなく、

感じた問題点が変化したら終わり、次回までに、どの程度良くなったかなと言う感じで観てます。

また通院が無理な方は別ですが、症状が1回で取れることよりも、何回も通院してもらう過程で主訴だけでなく、他の体の調子も良くなってきたという方が、より患者さんのためになるのではないか、と考えてもいます。

こういう感じが多いですが、もちろん中には全然変化しないという事もありますよ。

ブログを読んでると、いつもすぐ治って再発しないと思ってましたと言うので、

それは良かった時しか書きませんので、あえてたま~にダメダメな例を書くかもしれませんが、あまり書いて、誰も来てくれなくなると困るので(ToT)/~~~

と言う感じで、良い状態が何日続くかというのは最近はまったく考えてませんm(__)m

Posted in ブログ | Leave a comment

CKワープ

今日はNST研究会のフォローセミナー。

2月に引き続き裕二先生の検査法。

2月にはなかった名前がついていた。(表題)

やはり1回受講しただけでは、なかなか難しかったが、

2回目受講できたことで、かなり感覚がつかめた気がする、、気がする。

まあ明日からセミナーと同じようにはいかないと思うが、

今までより、だいぶいい感じだ。

またまた明日からが楽しみだ\(^o^)/

裕二先生ありがとうございましたm(__)m

 

 

Posted in ブログ | Leave a comment

7ステップ

この前、肝臓100通りをやってみたところ、非常に勉強になったので、

まずは7ステップの他のテクニックについても100は無理として、同じように調べ始めた。

本当なら、もっと早くやれという事ですが、遅ればせながら勉強してます。

ちょうど常連さんが来たので、7ステップのみでやってみよう。

パートでドロドロに疲れた50代女性。

検査

右足首が底屈と外反に制限、膝倒し左に制限、両膝抱え込み100度で抵抗。

自力で片方ずつ足上げしてもらうと、両足ともに非常に重い。

肝臓、右腎臓、右大腰筋が硬い。

頭も重い。

まずFBプレス。

ついで肝臓プレス、特に代謝・ホルモン・毒素の反応部位が硬かったので、

消化器より門脈介して血液を肝臓に、それをしっかり代謝、解毒し

肝静脈から下大静脈へと流していくイメージで行う。

横隔膜矯正は上方、右回旋で右脚、内側弓状靱帯から大腰筋まで視野に入れアプローチ。

しばらくするとぶわ~と下腹まで大きく呼吸にしたがって動き出した。

ここまでで肝臓、右腎臓、右大腰筋、足上げ、膝倒し、膝抱え込み、足首、すべてクリア。

相反テクニック、SBSリフト、OCT、FBSTで終了。

調べ始めて一つ一つのテクニックの効果が俄然アップした。

今まで本棚で眠っていた解剖書(今数えたら23冊もあった)もここ最近大活躍。

最近、この自習が楽しくてはまってます(≧▽≦)

 

Posted in ブログ | Leave a comment

ビックリ!!!

心、気の持ちよう、意志、目標なんと表現するのが適当なのかわかりませんが、

その影響にビックリなことがありました。

多発性硬化症で通院してくれている30代男性

3月の頭頃だったと思いますが、なかなか病状が良くならず

かなり気分が沈みがち、どことなくもうダメなのかとあきらめ始めているように感じました。(力不足で申し訳ない)

こりゃ、このままじゃまずいなと感じ

僕「ちょっとなかなか良い状態に向かないから、手を貸してくれ」

患「はい、どうしたら?」

僕「まず自分でこの病気を治す、治ると決めてくれ」

僕「脳の機能に大量の情報すべてを受け取るのは無理なので、必要に応じて選別している。だからまず治るという前提でいれば、治るために必要な情報、生活習慣を勝手に脳が拾ってくれるようになる。逆にもうダメかなという気持ちでいると、ますますダメだろうという情報ばかり集めてしまう。だから今現在治る方法がわからなくても自分で治ると決めてしまえば、方法は後から見つかる。俺も治すと決めて施術するから、協力してくれ」

と伝えると、少し目に力が戻ってきて、

患「そうですね、やってみます」

と言ってくれた。

それから1週間ぐらいは、まだ

患「なかなかまだ出来てません」

と言ってましたが、

次の週には、少し元気になり

患「僕、昔垂直とび60センチぐらい飛べてたのが、いま足の麻痺感などもあって5センチぐらいしか飛べてなかった。それで部屋の天井が手を伸ばしてから30センチぐらいあるので、これにつくようにしてみようと、やってたら1週間で天井につくようになりました。」

僕「あ~凄いな、やると違うもんですね」

その後、今度はゆっくりだがジョギングを始めたという。

さらにこの間、しばらくやっていなかった、フットサルにいってみんなにまじってやらしてもらったという。もちろんまだまだ全然動けているわけではないが、やろうという姿勢がすごい。

もちろん次の日はバリバリ筋肉痛でやってきましたが。

そして昨夜、来院されると、

患「今日はちょっと背中が痛くて、実はちょっとやりすぎたかなと」

僕「何を、やりすぎたの」

患「近くの神社の階段を駆け上っているのですが」

僕「え~もうそんなこと出来てんの!!!」

患「はい、ジョギングしてると持久力はついてきたんですけど、キックするときの力がまだ足りなくて、階段ダッシュがいいかなと」

僕「すごいな、いつの間に」

患「もちろん、まだ1本上るだけなんですけど、昨日2本上ってたら背中がグキッて」

僕「そういうことか、了解了解」

患「フットサルまた行ってきたんですけど、やっぱまだ女性、子供に負ける、もちろんわかってやってるんですけど、やってると欲が出て、まず女性、子供には負けないようになりたいなと」

いやビックリしました。あれからまだ1か月少々ですが、あれほどなかなか変化しなかった、というか徐々に悪化気味だった状態が、意識の持ち方変えただけで、こんなに変わるとは。

帰り際、

患「今日もこの後、行ってきます、夜走ってるんで」

僕「お~頑張ってね」

いや凄いです。

心?脳?何の作用かは別として「治ると決める」良かったみたいです。

もちろん、まだ病気が治ったわけではありませんが、明るい兆しですね。

 

 

 

Posted in ブログ | Leave a comment

小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.