fbpx

やっと100

この前から、取り組んでた肝臓プレスで100通り、やっととりあえず100項目上げることが出来た。

解剖・生理・昔の資料などから影響出来そうなもの。

また実際やって変化したものなどから、なんとか100項目を超えた。

残りもう少しが、なかなか出来なかったので、ちょっと姑息な手段で無理やり100にしたところもありますが(^▽^;)

でもやって良かったです。

肝臓プレス一つとっても目的によりいろんなアプローチが出来そうだ。

というより僕には単純に肝臓の解剖生理の勉強になりました。

たしかにこれはテクニックを深めるのに良いですね。

他の臓器やクラニアルでも、やってみよう。

でも100ってのは肝臓だから出来た気もする(≧▽≦)

とりあえず検証もしていかないと。

Posted in ブログ | Leave a comment

めっちゃゆるむ

ひさびさ多発性硬化症。

ずっと通院してくれています。

1か月ほど前だったか、意識と言うか、気の持ちようと言うかちょっとアドバイス。

それ以後、状態が少し上向き。

しかし今日来院すると少し沈んでいる感じ。

患「今日病院で肝臓の数値が悪かった、薬のせいかもしれないが、まだ様子みようかと言うところでした」「ただ今まで、他にいくつかあった問題が今日はなかったです」

僕「いや、ちょうどといっちゃあなんだけど、ここ1週間ほど肝臓の研究してたとこなんで、じゃあ肝臓しっかり整えようか」

患「お願いします」

ここ1週間の研究の成果と、今日から試してるある意識状態を使って施術。

ちょっと時間かけて行ったが、途中

患「めっちゃ気持ちいいです。なんかすげえゆるんでる」

ちなみにこの意識状態、僕も気持ちいい。

施術が終わって

患「肝臓やお腹の周りが今までになくゆるんだ感じです、なんの違和感もないスッキリしてる」

肝臓100通りやった効果が出てるようです。いい感じです。

ちなみに今日試してる意識状態でやると、僕も気持ちいい。

2人で瞑想してる感じ。こりゃなんかいい発見です。しばらく検証してみよう。

 

Posted in ブログ | Leave a comment

もうちょっと

今日の山田先生との練習会で、いろいろ試してだいぶ増えてきた。

肝臓アプローチで右肩は当然ですが、右肘、右手首まで変化するようだ。

また仰臥位で左肩の挙上にも、左骨盤内、左鼠蹊部にも変化が出せた。

まあ無理やりですが、変化するようです。

他の臓器への効果も面白かったです。

肝鎌状間膜から膀胱ストレッチしたり、

肝門や小網を狙うと、小腸全体があったかくなったり、

肝静脈ねらうと肝臓がいっきにしぼむように柔らかくなったり、

肝臓一つでも、何を目的にするかでいろんなことが出来ますね。

100通り実際やってみると、いろんな発見があって面白い、勉強になります。

これは、やってよかったですね。とはいってもまだ終わりじゃない。

やっと90を超えてきた。もう少し、しかしもうなかなか浮かばない(ToT)/~~~

 

Posted in ブログ | Leave a comment

肝臓

先週の山田先生との練習会以降、ここ数日肝臓で100通り考えていますが、甘かった。

100ってなかなかじゃないですね。

今までの経験で関係ありと思うものは、まだしれてる。いろんな関係ありそうなものや肝臓の機能をしらべたりしながら、まだやっと60を超えたぐらい。

しかし、やってよかった。無理やり100にしようと、いろいろ調べると肝臓ってすごいな、思ってた以上にいろんな働きがあった。

7ステップに内臓から肝臓だけが入ってるのも理解できる。

まあしかし100っていうんだから、もう少し頑張ってみるか。

今日ちょうどいいクライアントが。

右肩、左肩、左手首、腰、膝の痛み。

膝については寝起き、またしばらくじっとしていた後に痛いぐらい。

肩は仰臥位でバンザイすると左は平気、右が170度、それ以上は痛い。

外旋すると左右ともに痛い。

右肩は内旋でも痛み。

頭触って検査、まず肝臓からと出た。

肝臓プレスのみで、右肩の挙上が180度、外旋の痛みも消えた、が内旋はまだ痛む。それと右の腰痛も楽になる。

後は調べると、両腎臓に問題あり。

その後、大腰筋テストすると左が弱い。

腰と左肩はこれでOK。おそらく膝もこの辺の影響でしょう。

腹臥位で脊椎チェック、T3,4とL5の動きが硬い。それぞれリリース。

これで右肩の内旋の痛みも消えた。

仰臥位に戻り、左手首は外旋すると尺骨側に痛み。

椀尺関節リリースすると外旋出の痛み改善。

最後、頭の重さ観ると、もう軽かったのでクラニアルはパス、終了。

さて100目指して、頑張ろう。

Posted in ブログ | Leave a comment

同調

30代女性 うつ、自律神経失調の5回目

5回目にして、すこし変化があった。

まず頭コンタクトして同調すると、いつもまず心臓に強い窮屈感があった。

なのでまず心臓キレーションから行っていたが、今日は違った。

まず体幹、内臓に引かれず、頭蓋、頭頂側に引かれる。

そこでFBプレス、相反テクニック、後頭骨屈曲伸展テクニック。

ここまでやると今度は左腎臓に違和感。

左腎臓、左大腰筋アプローチ。

次に肝臓に違和感。

肝臓にアプローチするついでと言っては何ですが、さきほどクラニアル行っている時に、前頭骨、蝶形骨の歪みがあったので、一緒に矯正しよう。

前頭骨をチェックすると、右下方、右側方でロックしているので、これを矯正する方向で肝臓プレスを行う。

肝臓に動きが出てきたので、前頭骨チェックすると、ロックははずれて動きが出てきたが、まだ少し右が下がっている。

蝶形骨に矯正かけると、側屈、側方の変位はすぐ変化したが、捻転、右が強く下方にひかれ、なかなか動きが出ない。

こんな時、男性なら心臓使って矯正かけるのもありですが、女性だとやはり胸に直接コンタクトするのは憚られるので、

この間の、山田先生との練習で横隔膜で小脳テントに変化出せるんじゃないかというのを思い出し、横隔膜に矯正かける。

横隔膜に上方、時計回りに矯正。

すると面白いことが起こる。

実は僕自身が朝から心臓、横隔膜にひっかかりがあり、すこし胸が窮屈な感じがしていた。

しかし横隔膜矯正を行っていて、患者さんの横隔膜がリリースすると同時に、パチンと僕の心臓、横隔膜の引っかかりが取れ、胸がスカーと開き楽になった。

患者さんの蝶形骨のロックも外れ、動きが出た。

考えてみると、脳における小脳テントって、内臓における横隔膜と似ていますね。

この後、OCT行っていると、まだ下腹部が気になり、触診。

回盲部と子宮が硬い。

念入りにリリースすると、腰、下腹部が楽になったということで今日はここまで。

ここまで毎回強く出ていた心臓の問題がでてなかったので、動悸や胸の苦しさっていうのはあまり出なくなたんじゃないですかと聞くと、最近出てないそうです。

少しずつですが、改善しているようです。

面白かったのが、横隔膜矯正している時の、僕の変化です。

よく患者の問題を、自分の体で感じてアプローチして違和感が消えると終わり、次に感じたところへというのも、よくやりますが、

今回のように、もともと自分にあった症状が、患者にアプローチしていて、あんなにハッキリ、パチン、スカーと楽になったのは初めてです。

面白い体験でした。

Posted in うつ病, ブログ | Leave a comment

教えてもらう

今日は週1の山田先生との練習会。

今日は久々、弟に時間があったので、弟の頭を使ってクラニアルのチェック。

弟はゆる体操の先生で体の感覚がいいので、やったことに対してハッキリこんな感じがしたと忠告してくれる。

山田先生もNST研究会でクラニアルほぼ一通り習ったので、練習しようと、

そこで弟に寝てもらい、僕と山田先生が一つのテクニックを交互に行い、どう違うか教えてもらう。

実はねらいがあって、僕の方がクラニアルテクニックを少し早く取り入れてるので、一日の長があると思うが、実は苦手でほとんど使ってないテクニックもある。

僕が苦手なのは、拇指を使ったテクニックのブレグマリリースや矢状縫合リリースなどです。

そこで弟の頭を使い、山田先生の方が良かったら、どうやってんのか教えてもらおうという腹です。

案の定、ブレグマリリースを山田先生がやり、その後僕がやると、

弟「あれ、これは山田君がやった時の方が、良く動いてたのに、あーちゃん(弟は僕のことをこう呼ぶ)がやると動きが悪くなった。もう1回山田君やってみて」

弟「うん、やっぱり山田君の方がいいな、あーちゃんの方が3倍ぐらい圧が強い」

僕も頭部に指がふれてるぐらいで圧をかけてるつもりはないが、それが弟がそう感じるのだから、そうなんです。これを知りたかった。さっそく

僕「山田先生、それやってるときは、どんな意識でやってるの?」

山田「僕はこの頭頂部方向って(自分に向かって)圧というか、なんか出てる感じがするんで、それに抵抗しないように、、、」

さっそくやってみる。

たしかに圧を感じる、それに抵抗しないようにすると、髪には触れてるが頭皮からは数ミリ離れてる。

僕「頭皮からはちょっと離れるってこと」

山田「はい」

実際にやってみると、

弟「あ~そんな感じ、動きが出てきた」

次に矢状縫合リリースを行う。

さっきの圧に注意して行う。

弟「山田君の方がしっかり効く、深い」

僕「コンタクトが強いってわけじゃないよな」

弟「うん」

わかりました、コンタクトは先ほどのまま、意識だけ深くしました。

弟「お~これなら後頭部までパカーと割れていく感じがするわ」

いや~勉強になりました、山田先生すごいね!

ここまで30分ぐらい、これで弟は時間切れ、仕事へ戻る。

この後、前々からやってみたかったことがあった。

以前、日本整体協会のメルマガの中に、「〇〇には、100通りの目的がある」というフレーズがあった。

ようするに、一つのテクニックで100通りの目的を考え、検証するということだった。

臨床で結果が出ない症状に出くわすたびに、新たな手技を仕入れにセミナーに行くと、手技を仕入れることの繰り返しに。臨床で結果を出すには考えることが必要。まずは今あるものでどこまでできるのか、それをどこまで使いこなせているのか、闇雲に手技の数を増やすのでなく、あるものを限りなく使いこなせると、新しく何かを学んだ時の成長のスピードは格段に変わる。まずは100通り考え臨床で実践してみて。そうすることで今まで見えてこなかったことや発想が浮かんでくる。

という内容だった。これに非常に感銘を受けた。これはやってみなければ、絶対必要だと思いました。、、思いました(-_-;)

しかし根が怠け者の私は、ついつい明日から、今度やろう、いつかやろうと伸ばし伸ばし、いつの間にか手つかずのまま。

そこで一人だと難しいが、仲間の力を借りよう。ということで、今日から週1の山田先生との練習で、少しずつ100通り目指して考えよう、ということにした。

さいわい山田先生も、それは面白そうと乗り気。

さっそく山田先生を実験台に(山田先生もゆる体操インストラクターで自分の体の変化に敏感です)、僕がテクニックを施しながら、変化を感じる部位を探していく。これが非常に面白かった。

横隔膜のアプローチで実験中、横隔膜って隔膜だから、他の隔膜にも影響出せないかなという事で、小脳テントはどうかな、鞍隔膜はどうかなと、やってみる。

横隔膜を上方、右回旋で矯正かけると、

山田「なんか小脳テントも、同じ方向に動く感じがします」

立ってみると

山田「いや、いままでにないぐらい頭スッキリしてます。これいいかも」

次は鞍隔膜、クラニアル模型見せながら、

僕「この辺やで、この辺意識しとって」といいながら横隔膜アプローチ。

僕「なんか感じる?」

山田「ハッキリはわからないけど、なんか刺激はあります」

僕「面白いな、うまく横隔膜で鞍隔膜に変化出せたら、横隔膜で下垂体にアプローチってことも考えられるかも」

なんてことをしながら2人で遊んでおります。また来週までにそれぞれで、こんなのにも影響出せないかなと自由に考えて、実験しようということに。2人でやると、こりゃ楽しいな(≧◇≦)

 

Posted in ブログ | Leave a comment

「エネルギーを味方につける非常識な成功法則」

4期受講してる時に、いつも席がとなりで実技もペアになっていただいた、

日向英敏先生が電子書籍を出版された。

受講当時、受講前や休憩時間にタブレット使って作業されてたので、何されてるのか伺うと、本の原稿書いてるという事だった。

そりゃあぜひ出版したら教えてくださいといっていた。

あの時、書いていたものが今回のものかどうかわかりませんが、フェイスブックで出版されたことを知り、おおっ、とうとう出たか!これは買わねばと思った矢先、

電子書籍となっているではないか!

本なら躊躇なく注文するのだが、電子書籍と言うものに知識がなく、

Kindleというものを買わねば読めないと思っていたので、どうしようと悩む。

携帯からスマホに変えるのも、ずいぶん迷った挙句に数か月前にやっと変えた男です。

あたらしい電子機器に不安を感じる中年です。

しかしせっかくだから、これを機会にKindleとやらを買ってみるか、みると8千円ぐらいであるようだし、

しかし、よく見ると注文ボタンの下に、カバーやら保護シートやらが並んで、何か必要なものがあるのかもわからず、

よくわからないので、やはり買うのをやめるかと思ったりしていると、

どうやらパソコンがあれば、Kindle無料アプリなるものをダウンロードすればよいとわかった。

さっそくダウンロードして、日向先生の書籍注文、なんと¥199です。お得です。

読むのが楽しみです。ブログ書いてる暇があったら読めよですね(^▽^;)

Posted in ブログ, 読書 | Leave a comment

子宮筋腫

アレルギー性鼻炎の症状がでてる30代女性

FBプレス、(感じたままに)肝臓、腎臓、脾臓、胆のう、回盲部とアプローチ。

腹臥位になって、脊椎上から観ていくと、まずT3。

実際、左肋骨が少し盛り上がってるので、そのまま左肺にアプローチ。

すーとゆるんで、硬さ、高さが整ったら、肝臓の裏も少し厚い。

ここも同じくアプローチして緩めたところで、脊椎の続きを観ていく。

すると仙骨の動きが硬い。

仰臥位に戻り、仙腸関節と仙骨の前にある臓器をゆるめようと、前後から手ではさむようにコンタクト。

すると子宮に違和感。

硬いし、少し前方に出て(そんなに出てはいないが、手のひらにはポコッと主張してくる感じ)がする。

あれ、問診票には子宮の蘭にチェックされてなかったけどなと、

僕「これ子宮がちょっと固い感じがするんですが、生理痛が酷かったりとかないですか?」と話を振ってみた。

患「あ~実は子宮にそんなに大きくはないんですが筋腫があって、触っただけでわかるんですね」

僕「いや、ここに筋腫がとハッキリわかるわけではないんですが、少し違和感があったので聞いてみたんですが、じゃあ」と子宮アプローチ。

硬さがやわらいだので、あとクラニアル。

側頭骨、後頭骨、前頭骨、蝶形骨で鼻が通ったところで終了。

この方は主訴が腰痛や生理痛で来たわけではないですが、体が楽になったと言ってました。

でも子宮筋腫って、かなりの割合でいますよね。

NST研究会で内臓テクニックを習う前は、子宮なんて考えたことがなかった。

だからでしょうか、その頃、女性の腰痛、特に若い女性の腰痛で筋肉や関節にアプローチしても、ほとんど効果が出ないことがありました。

ただその頃も、骨盤にアプローチなど、行っている際に骨盤の中(当時はそれが子宮かどうかもわからなかったが)に違和感は感じていたが、そこにどうアプローチしていいかわからなかった。

子宮にアプローチする方法がわかってからは、女性の筋腫ってかなりいるんだなとわかりました。

また筋肉や骨格にアプローチしなくても、子宮など、内臓アプローチだけで腰痛が楽になったりと、今までえっさほいさとほぐす労力はなんだったんだと思いました。

そういえば、ただいまそのNST研究会が7期生の募集をしています。

ついこの前も埼玉で整体をされている方から、このブログを見てお電話いただきました。

もし受講申し込みされる場合は、僕が紹介者ということにして(笑)

それは、冗談ですがもし他にもブログを読んで、興味がある方がいらっしゃいましたら、ぜひおすすめです。

僕はここで内臓・クラニアルを習って施術が非常に楽しくなりました\(^o^)/

当時の僕は、治療に対する知識もほとんどなく、まわりの先生を観て圧倒されてましたが、そんな僕でも内臓や頭蓋が変化する感じなどが、ちゃんとつかめるように丁寧に指導していただきました。

 

 

 

 

 

Posted in ブログ | Leave a comment

風邪?

30代女性 うつ病3回目

今日の予約時間の少し前に電話が入り、

患「風邪ひいてしまいまして、大丈夫でしょうか?」

僕「こちらまで来ることが苦しいとかじゃなければ大丈夫ですよ」

患「うつしたりしたら、悪いかなと?」

僕「それは全然問題ないです」

ということで、やってこられました。

特に鼻の症状が強いそうです。

まずいつものように心臓キレーション、肝臓プレス、

次に胃が張っています。

僕「胃の調子悪くないですか?」

患「病院で風邪で薬出されたの飲んでるから」

胃の次に、胸郭触診すると左が硬い。

脾臓、左肺にアプローチ。

左右腎臓触診→左腎臓

腹部触診→左大腰筋

これで胸郭、腹部、骨盤がそろって動きが良くなったので、

FBST、頭頂骨、SBS。

SBSリフトを行っていると、眠りに落ち、スースーと鼻で呼吸しだした。

鼻も通ったようだし、頭の重さチェックすると軽くなっているので今日はここまで。

ここ最近、工夫している内臓アプローチがなんかいい感じです。

意識が大事というのが、より腑に落ちてきた。

ちょっと前まで、内臓そのものを変化させようとしていた。

例えば肝臓の硬さをチェックして、肝臓プレスなどで肝臓そのものをゆるめようとしていたが、これにけっこう時間がかかっていた。

他の臓器も同じ感じで、内臓そのものをリリースしようとすると、けっこう時間がかかる。(そりゃ、内臓テクニックが下手くそなんだろ、というのはまあ置いといて)

そこでコンタクトは同じようにしてるのですが、臓器の硬さをリリースしようとせずに、くわしく書けませんが、肉体を変えるんじゃなく、情報を変えるイメージで行うとかなり変化が速いようだ。

このイメージ、ちょっとずつ工夫して使ってみてる。この工夫が最近非常に楽しい(≧▽≦)

 

 

Posted in うつ病 | Leave a comment

薬?

80代男性 

2週間ほどまえからしゃっくりが止まらなくなり病院へ、検査したが異常なし。

薬処方されるも、治らずますますひどくなる、再度受診。

じゃあ毎夜に1錠だけ飲んでくださいと、おそらく強めの薬なのか処方される。

2日飲んだところで、体が起き上がらなくなり、移動も前かがみでかろうじて手が浮くぐらいの姿勢で、脚も思うように動かず、2度転倒。

あわてて病院受診、その日は病院に泊まる。

それが5日前の出来事。

その後、家に帰るもなかなか脚が重い状態変わらず。頭も痛い。

来院した様子を見ると、思ったよりは動けている。

おそらく薬の影響だと思いますが、観てみると肝臓、横隔膜、腎臓、回盲部それと胸郭が硬いので肺にアプローチ。

頭頂骨、蝶形骨、前頭骨、後頭骨アプローチで今日は終了。

とりあえず胸郭や骨盤、頭蓋に動きが出てきたので、今日のところはこれで様子見てもらう。

まだ変化は感じない様子ですが、2日後にもう一度来てもらう。

薬で、しゃっくりは止まったようですが、体がこれでは困りますよね。

しゃっくりの段階で来てもらったほうが良かったな。その状態(しゃっくり止まらない)の時に、施術してみたかったな(≧◇≦)

 

 

 

 

 

 

Posted in ブログ | Leave a comment

小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.