fbpx

肩こり解消パワーアップ(内臓テクニック進化中‼)

ここ最近、内臓、特に肝臓や腎臓、胃などの硬さ、ハリを解消する効果が上がってきました。

おそらく頭蓋骨テクニックでの解放感がアップしてきたこととの相乗効果で内臓がよりゆるみやすくなったようです。

それにより内臓(特に肝臓、腎臓、胃など)を徹底的にゆるめると首や肩の動きの改善がグンとアップしてきました。

それにより肩こりの患者さんでの変化がグンと良くなりました。

以前は、頭蓋骨、内臓テクニックのあと、少し残ってるコリ感があると上部胸椎や上部肋骨、頸椎へのアプローチをくわえることがあったのですが、

ほんと最近になって、頭蓋骨を解放した後、内臓をきれいにゆるむことで、首や肩の動きが俄然良くなります。

60代女性 2回目

1回目が3月2日、この時は30年前の交通事故により、頭痛や左半身の痛み、坐骨神経痛などで来院。

くわしくは3月2日の「むち打ち、左半身の痛み」に書いています。

読んでみるとこの時は、頸椎や第1肋骨、仙腸関節などいろいろやっています。

昨日、4月19日に2回目の来院

今回は、首、肩、頭がこるし、ぼやーとして気持ち悪い。

検査 首の右回旋、左側屈、膝倒しなどが硬いです。また腹部、背中は肝臓、胃、左腎臓の裏にハリがある。

施術

まずクラニアルテクニック。(写真はイメージ、こんなテクニックです)

触れてるだけのような感じを受けるテクニックです。これらで頭蓋骨の動きを良くし、脳脊髄液の循環を促し、脳疲労の回復、自律神経の正常化を狙います。

まずこれを行った段階で、多くの硬さや腹部のハリが改善されます。

ここから残っている内臓などの硬さを解放していきます。

肝臓、胃、左腎臓、左大腰筋、下行結腸、S状結腸。

このように背中から持ち上げてみて動きの硬いところがあれば、再度対応する内臓をゆるめていきます。

この方は、肝臓がまだ硬さが残っています。

そのせいで首の左側屈がまだ硬い。(この動きが硬い)

右肩(僧帽筋)もつまんでもまだ硬さがある。(左はなくなっています)

再度、肝臓徹底的に解放。

仰臥位で肝臓を体の前後から、挟むようにコンタクトしておこなう。

この背中側にひいてる手のひらの上で、硬さがあった背中がふわ~とやわらかくなる時が快感(僕が(≧▽≦))です。

すわって背中を観ると、でこぼこや左右差のない、やわらかでなめらかな曲線を描く背中です。こうなると非常にいいですね。

肩こり(僧帽筋)もふわっとやわらか。首も左にしっかり倒れるようになりました。

患「やってもらってる途中から、体がすごいポカポカしてきて、すごい楽になりました。首や頭がボヤ~としてたんですけど、あっ目がすごいハッキリしてる。なんかすごいエネルギー、意欲が沸いてきたみたいです(笑)」

内臓クラニアルテクニックを取り入れて3年、やっとこのテクニックのみで自信をもって満足できる結果が出るようになってきました。

(ちょっと時間かかりすぎか?でもこれが僕なんで他人とくらべてもしょうがない(;^ω^))

でも取り組んできたことが、結果が出始めたことが素直にうれしいということです。

もちろん、全員じゃない。昨日のように、すぐには改善しない方もいますし、まあ毎日、少し上達を感じ喜んでは、またうまく治せず、へこんだりを繰り返しつつ、ちょっとずつ進歩しております。

症状の原因はいろいろですから、みんなに効果があるわけではないですが、

普通にマッサージや骨格矯正を受けても治らないんだ、と言う方はぜひ内臓クラニアルテクニックをお試しください(^-^)

 

 

 

Posted in ブログ, 肩こり, 頭痛, | Leave a comment

前言撤回‼ m(__)m

つい一昨日、ブログに書いた「1年続く腰痛」さん。

その際、少しまた痛みが出てるが、以前より全然よいと報告を受けたので、自慢げにブログに書きましたが、

その2回目の施術後、またすぐ依頼が入り、また痛みがぶり返してしまったようです(ToT)/~~~

まあまだ、身体の状態は良い状態ではないので、継続して治療が必要なので、こういう場合もあるだろうと、想像はしていたのであせりはしませんでしたが、

えらそうにブログに書いちゃったので、訂正しておきますm(__)m

今日は、まだハリのある腹部臓器のアプローチをして、

山口先生に教えてもらった、14の筋肉のテストすると、左の大腰筋、中臀筋、大腿筋膜張筋が弱い。

それぞれ処置して、その他、ストレス反応もあったのでESRおこない終了。

施術後に痛みは取れてるようだが、まだまだ腹部の状態が、スッキリ良いと言える状態にはなっていないので、継続して治療していきます。

基本ブログには良かったことしか乗せませんが、今回は投稿してすぐこれだったので訂正しないとウソつきみたいで気持ち悪いので訂正。

まあ、こんなこともあります。もっと精進します<(_ _)>

 

Posted in 腰痛 | Leave a comment

首の痛み(交通事故)

40代男性

5か月前に信号無視してきた車に衝突

その時は一瞬意識がとぶほどの衝撃だったが、痛みはなかったが、

その後痛みが出てきた。

それからの5か月間、首が痛みで反らせない。

検査

捻転左右、首の左回旋、膝倒しの動きが悪い。

左肩外転、首の後屈は痛い。

背中から観ると左肩が下がり、肝臓、胃、左腎臓にハリ。

腹部は左にハリ。

仰臥位で頭を持ち上げると、首に抵抗があり、上がらない。

施術

クラニアル。頭頂骨、側頭骨、後頭骨、蝶形骨、前頭骨。

頭、持ち上げてみるが、まだ抵抗あり。

視床アプローチ。

まだ動きが悪い。

肝臓、左腎臓、胃にアプローチ。

左大腰筋アプローチ。

下顎の反射点アプローチ。

これで左肩外転の痛み、捻転、首の左回旋、膝倒しなどの動きの硬さも取れるが、首の後屈の痛みが取れない。

なかなかとれないので筋反射テストしてみる。

問題は身体面にあるのか、精神面にあるのか、

身体で反応。

身体のどこ→脳

脳のどこ、大脳、中脳、小脳、、反応なし。

あれ~さっきやったけどと思いながら、視床で反応。

リリースが甘かったということか?

再度、視床をねらい、意識を深く深く深く、、、していく。

さあ、こんどはどうですか?

患(首を反らして)「ああ、痛くない!」

ということで終了。

患「この首の痛みは、一生付き合っていくしかないんだろうなと思ってました」

なかなか変化しないときには、どうしたもんかと思いましたが、

視床やったつもりで、全然ゆるんでなかったか~。

思ったような反応が出なかったら、違った面からチェックすべきですね。

 

 

 

Posted in ブログ, | Leave a comment

1年つづく腰痛

40代女性 新規

15年前にぎっくり腰、つぎに7年前にぎっくり腰、その都度、整形なり整骨院なりで治っていたが、1年前のギックリ腰以降、ずっと良くない状態が続いている。

いろんな整体、整骨院なりに行ったり通ったりしているのだが、その場は良くなっても、すぐ次の日など、ほんとにすぐ痛くなって困っているそうです。

当院に来る数日前にも整体を受けたそうですが、すぐ痛くなり当院に来た次の日が子供の入学式でどうにか治したい。

長時間、じっと座っていると腰がつらくて仕方がない状態。どうにかしたい。

ホームページで当院のサイトを見て、変わった内容に期待して来院された。

検査

腰痛だけでなく右股関節痛も、おなじく1年前からある。

立位後屈、捻転、首の左回旋、後屈に痛み。

右パトリックテストが全然開かない。(写真はイメージ、これが全然開かない)

膝倒し(右)で右股関節に痛み。

それから肝臓と左腹部のハリが目立つ。

施術

クラニアル。頭頂骨、側頭骨、後頭骨、蝶形骨、前頭骨と動きが出てくるように行い、

脳内、視床のあたり(おおざっぱです。よくオステオパシーの先生たちの話に出てくる、視床に、扁桃体に、上丘、下丘をなどを感じ取れるほどの繊細な感覚はありません(T_T)

まあしかし、おおざっぱではありますが、その感じる硬さが、今なら視床のあたりに感じる硬さが消えていくと、身体の痛み、可動域などにそれなりに良い効果が出るようです(^▽^;)

ホールドして硬さが消えるのを待ちます。

これで膝倒しや首の左回旋、捻転、腹部のハリなどは大幅に改善。

つぎに肝臓、腎臓にアプローチ。

それからまだ小腸に少し張りが残るのでキレーションテクニック、毒素が抜けていくイメージで行う。

その後子宮アプローチ。

この後、右の外閉鎖筋にアプローチしたかどうか忘れましたが、右股関節がだいぶ開くようになる。

しかしまだ立位後屈での痛みはある。

まあこれで痛みが取れてくれれば楽なんですが、

頑固な腰痛は、そうでない場合も多い。

ここまでクラニアルや小腸、子宮などへのアプローチで腹部表面のハリをゆるめているので、ここから深く入っていきます。

左大腰筋の下部線維。

ここがカチカチです。

これが強烈に硬い。まさにこの方が痛いという仙腸関節の前です。

ここまでの施術で、ふつうもうすこしはゆるんでいるものですが、かなりな硬縮度合いです。

指先で腸管どけながら入っていき、カチカチ部分にコンタクト。

僕「腰の痛いなと、いつも感じるのってこの辺りじゃありませんか?」

患「まさに、いまあたっているところです」

けっこうこれに時間がかかりましたが、ゆるんできたので立って確認してもらう。

後屈して「なんか?楽になってます?」

ということで、これで様子を見てください。

いつも、すぐ痛くなるということで、その後、どうだったか入学式は大丈夫だったかなと心配しておりましたが、

1週間たち2回目来院されて、

患「あれから、すごい良くて、入学式もずっと座ってても平気だったし、その後ランチにもみんなと行けた」

良かったです(*^^)v

患「ずっと良かったんですが、一昨日いっぱいケーキ貰って、捨てるのももったいないから、全部食べたらまた少し痛くなってきた」

( ̄▽ ̄)

患「でも、今まですぐ痛くなってきたのと比べると、全然良い」

僕「前回の痛みを10としたら今日はどれぐらい」

患「4ぐらいかな」

僕「股関節は?」

患「前回開くようになって、あぐらはまだ痛いけど、歩くときの痛みはほとんどなくなった」

まあ、食生活が痛みに影響するのが、よく分かったということで、これからその辺も含めて、しっかり改善していきましょう(^-^)

このように、骨格矯正やマッサージでは、なかなか良くならなかったが、頭蓋骨や内臓、そしてお腹の奥の筋肉をほぐすことで、大きく改善することが良くあります。

けっして骨格矯正やマッサージが悪いんじゃないですよ。

それらで結果を出す、素晴らしい先生もいっぱいいますし、骨格や筋肉に原因があれば、それでズバッと良くなることも当然あります。

しかし、この方のように、骨格矯正やマッサージでは、なかなか良くならなかった場合は、当院の内臓やお腹からの施術を試してみてください。

ここ倉敷では腹部や内臓からの施術はどうやらまだ珍しいようです。

倉敷 整体 頭蓋骨で検索すると、当院は4番目ぐらいでしたが、

倉敷 整体 内臓で検索するとトップ表示だったので、まだまだ珍しいのかな?

なかなか治らない痛みに、お困りでしたら、ぜひ体験してみてください(^-^)

 

Posted in 脚・股関節・膝・足, 腰痛 | Leave a comment

肩がこって痛い

50代女性 新規

主訴 肩がこって痛い。若いときから慢性的な肩こり。

検査 左肩外転、右捻転、首の右回旋、右側屈、後屈に制限。

施術 クラニアルテクニックで頭頂骨、側頭骨、後頭骨、蝶形骨、前頭骨にアプローチ。

特に前頭骨が硬かったです。

この時点で左肩外転、右捻転、首の右回旋の制限解除。

首の右側屈と後屈はまだ。左肩の外転も制限はなくなるが、まだ上げていくときに少し硬さを感じる。後方に大きく回旋すると、肩甲骨の動きがまだスムーズではない。

胃と左腎臓、左大腰筋を丁寧にゆるめて、首の右側屈と後屈の制限解除。

少し重さがあった肝臓をゆるめ、

心臓と左肺をゆるめて、左肩後方にもくるくるスムーズに回る。

あとは便秘もあり、S状結腸ゆるめて終了。

ほぼ触れてるだけのテクニックばかりだったのに、どんどん動きが良くなっていくのが、不思議だったようです。

でも実際、首も肩も軽くなってびっくり。

肩や首のこっている部位には、まったく触れていません。

僕の考える肩こりの原因は、内臓の負担から内臓を包む膜や大腰筋、横隔膜などの体幹の中の組織が縮むことで、首や肩の組織が常に下方に引っ張られる。

常に首肩に負荷がかかり続けるから、じわ~と焼けるような痛みが続く。

だから、いくら肩の筋肉を適切にもみほぐして、循環良くし発痛物質や老廃物を流しても、

体の中が縮まっている限り、負荷はかかり続けまたコリや痛みが起こる。

だから肩を揉むのではなく、内臓や大腰筋、横隔膜などの体幹内の組織をゆるめてやることで、首や肩にかかる負荷を取り除く。

すると首や肩が楽に大きく動くようになり、負荷がなくなったから、なんか軽いと感じる。

そして、これまた僕自身の昔の話ですが、

じつは、そのむかし若い頃からマッサージが大好きでした。

こった筋肉を揉んでもらうと、何とも言えず気持ちいいんです。

しょっちゅう整体とかマッサージに行き、またマッサージ機を購入しほぐしていました。

特に何の不都合も感じていませんでした。

それが変わったのが、ゆる体操をやるようになってからです。

こった筋肉を直接もむのではなく、

骨や内臓などを、ひとつひとつイメージしながら、ゆすってゆるめていく。

マッサージを受けなくなって、しばらくして筋肉の質が変わってきました。

筋肉がやわらかく、大げさに言うと水をいれた袋のようにタプタプで、力を入れればもちろん硬くなる、でも抜けばタプタプな感じ。

マッサージなどでは味わえない柔らかさ、

そうなって受けたマッサージは、もう昔のような気持ち良さがなく、下手なマッサージなら逆に筋肉にダメージが残り硬くなる。

そう、むかしマッサージがやたら気持ちよく感じたのは、こった筋肉の嫌な感じを感じている脳が、別の強い刺激(揉むなど)が入ることで、そちらの刺激を受け取ることで、こったイヤな感じという情報を感じなくなるからなんです。

だから、こってない何の問題もない筋肉を揉まれても、特に強く揉まれたら全然気持ちよくない。

しかも、筋肉を強く揉まれたら、筋線維が傷つき、修復の過程で固くなっていきます。

中年以降の強いマッサージを好む人の身体を触ると、大げさに表現すればグローブの皮をさわるような質感になっています。

このような僕自身の経験から、当院ではこっているという首や肩の筋肉を直接刺激するのではなく、内臓や頭蓋骨へのソフトな刺激で改善するように努めています。

施術を受けるたびに、身体の質がより良くなっていくような施術を目指して頑張っています。

良かったらお試しください。特にマッサージや整体に行ったら、かえって体が痛くなった、首や肩がつらいのに、どうしたらいいの、と言うような方はぜひ‼どうぞ(*^^)v

 

 

Posted in 肩こり | Leave a comment

長く歩くと右脚がしびれる(3回目)

40代女性 長く歩くと右脚がしびれる方の3回目

少し長く歩くと痛み、しびれが出る右腰、右臀部、右腓骨まわりが初回の施術で10→5ぐらいになっていたが、2回目の施術で今日の状態は少し良いが5→4ぐらい。あまり変化が出ていない。

右足裏にも、まだ少ししびれが出る。

それから頭痛は出なくなったが、まだ少し右肩が重い感じがする。

左膝は起床時に痛いと感じる回数が減ってきたが、まだ痛みが出ることがある状態で、膝裏が少しつっぱる気がする。

以上が今、自覚している症状。

検査

立位前屈で左膝裏がつっぱる。立位後屈で腰に痛み。首の後屈制限。

左背部(左腎臓の裏)、左腹部のハリが顕著。肝臓少し重い。

施術

クラニアル。側頭骨、後頭骨、蝶形骨、前頭骨、

特に頭のハチの張りが目立つ。頭頂骨アプローチで少し待つとしぼんできた。

この頭への施術だけで、ほぼすべてが変化。

立位前屈での左膝裏の張りがなくなり、左腹部のハリも9割減。

首の後屈も7割減。

残っているものにアプローチ。

まず肝臓の重さを取り、

少し残っている盲部、S状結腸にアプローチ。

少しなんで、すぐ張りは取れた。

残ってた首の後屈などもOK。

この方は、初回からそうなんですが、施術するとすぐ良くなる。検査で出る動きの制限や腹部のハリなど、すぐオールクリアになる。

しかし、前回も今回も、少しずつの改善はみられるようだが、また症状が出ているようなので、

身体以外の原因はないか、筋反射をつかって検査してみる。

右腰、右臀部、右腓骨に影響している問題は→脳。

脳のどれ→視床下部。

視床下部に影響しているのは→ストレス

何のストレス?→(○○、本人も自覚あり)

(その他の症状も、同じストレスに行きつく)

一応、ESR(エモーショナルストレスリリース)を行い、筋反射での反応は消えた。

このストレス以外に影響している問題はあるか?→ある→ストレス

私「何か、先ほどの以外でストレスになることがあれば、イメージしてみて」→反応なし

じゃあ精神的じゃないものか?→環境ストレスで反応

大気→反応なし

食生活→反応なし

電磁波→反応あり!

私「家はオール電化ですか?」患「はい」

どこで→台所→No

寝室→No

スマホ→Yes

私「スマホって普段はどうしてる?」

患「ズート、持ってる」

私「ちょっと出してみて」

スマホを体において筋反射→バリバリ反応します。離すと反応消える。

さて、どうしたものか?

そういえば、治療院のコンセントなどの電磁波対策でつけた防御用コイルが、いくらか余ってたな!

小さい薄いコイル2個をスマホと一緒に体に置くと電磁波反応消える。

コイルだけ話すと、筋反射でまた反応する。

筋反射テストでは効果ありそうなので、

私「どうも、これつけとくといいみたいなので、余ってたやつだから、つけといてみてください。なにか変化があるか、また次回教えてください」

良い変化があると、いいのですが(^▽^;)

普段は、あまりこういうのはやってません。

おそらく来院される方は、身体を観てくれと思っているところに、ストレスが!電磁波が!なんて求めてないと思うので。

たまたま今回は、毎回あっという間に、身体問題がクリアになるのに、症状が引き戻されるようなので、検査してみた次第です。( ̄▽ ̄)

普段、あまりやりませんが、興味があればその旨伝えて頂ければ、行いますので自己申告でお願いしますm(__)m

 

 

Posted in 肩こり, 脚・股関節・膝・足, 腰痛 | Leave a comment

腰痛が内臓の問題?

一般には腰痛が起こった時に内臓が影響しているとは考えない人の方が多い(と思う)

普通は、この痛い筋肉が問題なんでしょ、だからこの筋肉ほぐしてとか。

骨盤や背骨が歪んでいるから、骨格矯正してとか。

または病院でヘルニアで、この飛び出た髄核を手術しないととか。

という対応が多いと思います。

じゃあなぜ私は筋肉や骨格よりも内臓を重視するのか。

じつは私自身の体験から、そう思うようになったんです。

私は、高校生になってから空手を始めました。

習い始めた極真空手は基本的に体重制ではなく無差別制が基本でした。

となるとやはり体重が重い方が有利です。

もともとやせていた私は、とにかく体重を増やそうと、食って食って食いまくりました。

60㎏から、努力の甲斐あり(そう食べるのが苦痛に感じるほど食べていました)88㎏まで増量しました。

まあ無茶でしたが、若いから何とか無理が効いたのだと思います。

高校を卒業してからは、これにアルコールが加わります。

そして稽古が終われば、冷たいビールと大量の食事を流し込む。

そうストレス発散で食べ過ぎるとかではなく、むりやり苦しくても食べられる限界まで食べていました。食うのも稽古のうちだと。

当然、内臓が悲鳴を上げてきます。

お腹が痛くなることもありましたし、この頃から背中がパンパンに張り始めます。

まだ21歳かそこらですよ。

椅子型マッサージ機を買い、毎日背中を刺激すると、少しお腹がすっとする。

このことから、どうも内臓と背中は関係がありそうだと感じる。

さらに当時、空手雑誌に足医術の連載があり、その説明会に出たりして、刺激する棒を買い、毎日自分で足裏を刺激しながら、無理して食べる生活を続ける。

その後、空手の選手生活を引退し、無理して食べることはなくなりました。

しかし、長年、大食を続けたせいで、無理しないで不通に食べる量が、増えていました。

こんどは普通じゃ物足りない( ̄▽ ̄)

そして運動量は激減。

ますます内臓に負担が(ToT)/~~~

そして、この高校生から、ずっと定期的にギックリ腰を起こしていました。

だから体感的に内臓と腰痛・背部痛は関係あるなと思っていました。

それが整体の勉強を始めてから、内臓体壁反射など、理論的にもやはり内臓の影響はあるんだなと納得。

しかし、当時はまだ内臓にアプローチする技術がなかった。

習ったのも、普通に全身をただ押圧していくやりかた。

それからだいぶ時は過ぎ、オステオパシーのセミナーで内臓マニピュレーション。

さらにNST研究会で内臓クラニアルテクニックのセミナーを経て、やっと私自身がやりたかった、問題だと思っていた内臓へのテクニックをメイン(頭蓋骨→脳もですが、これはまた別の機会に)にした施術を提供できるようになりました。

テクニックや理論が先にあったのではなく、たまたま私自身が内臓に負担をかける生活から、腰痛・背部痛に苦しんだことから始まりました。

これを、よんでいるあなたが私ほど無理に食べる生活をしていないと思います。

だから、そんなに負担かけてないと思うかも。

しかし、私が当時食べ過ぎていたのは、ほとんどコメ、ご飯です。

それが今では、甘いパン、スナック菓子、コンビニデザートなど、少量でも消化に負担がかかるものが増えてきました。

だから、そんなにたくさん食べてなくても負担がかかっている人が多いです。

さらにストレスの問題も影響しますが、それもまた別の機会に。

なかなか治らない腰痛・背部痛(肩こりだってそうですよ)でお悩みなら、

内臓テクニックをお勧めします。ぜひ体験してみてください。

 

Posted in 健康情報, 腰痛 | Leave a comment

長く歩くと右脚がしびれる(2回目)

1週間前に新規でブログでも紹介した方の2回目。

先週の施術後から、長く歩くと右脚全体にしびれがあったのが、なくなり右足裏に少ししびれが出る状態。

右腰、右臀部の痛みは10→5

便秘・下痢の繰り返しがひどかったのが、下痢はなくなり便通も2~3日に1回出るので、少し良くなっている。

生理痛は生理がまだなのでわからない。

ただ寝起きで立ち上がる時の左ひざの痛みがまだ変化がない。という状態です。

検査

立位後屈で腰仙部に少し痛み。

左捻転で左腰に痛み。

首の左回旋、左側屈に少し制限あり。前後屈も同じく制限あり。

膝倒し左右ともに少し痛みが出る。

施術

まずクラニアルテクニック。

これで膝倒し(左)での右腰の痛みはなくなる。

首の左回旋、左側屈も大幅改善、だがまだ少し残る。

肝臓、左腎臓にアプローチ。

前回はここまでだった。

今回は左大腰筋、S状結腸もアプローチ。

これで再チェックすると、

膝倒し(右)での左腰の痛みが取れ、首の左回旋、左側屈も完璧。

ただ首の後屈が少し残る。

胃へアプローチして後屈制限解消。

立って腰をそれせてまだ腰仙部に少し残る。

子宮にアプローチ。

これで腰を反らせての痛みはなくなった。

今日はここまで。

寝起きでの立ち上がり時の左ひざの痛みが出るかどうかは、また来週確認したいと思います。

今度は左膝、少なくても軽減は出来てると思いますが、どうでしょうか(^▽^;)

 

Posted in 脚・股関節・膝・足, 腰痛 | Leave a comment

首・腰の痛み・手足のしびれ

50代女性 新規

初回3/29 予約時間になってもやってこない。電話をかけると、出ずにガチャっと切られた。これはもう来ないんだな、と。

予約枠1時間に一人ずつなので、次の予約の10分前になり、今のうちにトイレ行っておこうとトイレに入るとガチャっと玄関が空く音。

次の人は常連さんだったので、いつもより早いなと思ったら

患「すいません、遅れました~」( ̄▽ ̄)

おいおい時間ないぞ~と思いながら、まだ次まで10分ぐらいある。

問診票ざざっと書いてもらい、主訴は首、腰の痛み、手足のしびれ。

ささっとクラニアル、内臓を施したが、目立った改善はなく終了。

本人も落ち着きがなく(遅れてきたから余計か)すいません、すいませんと施術中も連発。

こりゃ、今日はしょうがないか、と次回の予約をとって帰られた。

そして今日が2回目。

可動域検査でも、肩外転や捻転、首の回旋など、左右どれも「あ~痛いです、痛いです」の連発で正確に感じているかどうかあやしい。

唯一、膝倒しだけが左に倒すと右腰が痛く、右に倒すと「こっちは痛くないです」触ると右腰背部に張りがある。今日はこれを指標にするか。

それと以前病院で、「頭の骨が変形していて、頭を首が支えられなくなってると言われた」そうです。

その意味するところが、よく分かりませんが、たしかに頭蓋骨の歪みは強そうです。

とりあえず、いつものクラニアル。

頭頂骨、側頭骨、後頭骨、蝶形骨、前頭骨にアプローチ。

それぞれの骨を通して、骨膜、硬膜がゆるむようにイメージ。

この段階で、再度膝倒し。

患「痛い、痛い」

肝臓にアプローチして大腰筋。

特に右大腰筋を丹念にほぐすも、なかなか腰背部の緊張が取れない。

大腰筋下部中部にアプローチしていたが、上部に移ろうとすると指先に丸く少々硬い感じのものが当たる。

あ~右の腎臓だ!(なんで腎臓やってないんだ?)

右の腎臓を前後から両手で挟み、少しエネルギーも使いながら、ゆるめていく。

これで右腰背部の張りが取れてきた。

僕「はい、じゃあ起きてみて」

患「あ~腰、楽になりました。手足も完璧じゃないけど、しびれもずいぶん楽になってます」

最近、頭と腹部しか施術しないことが増えてきた。

もう20年以上前になると思うが、治療の勉強を始めたころ、野口整体の本や記事を見ていたことがある。

井本整体の本に(野口整体を習っていたらしい)祖父も野口整体の高弟だったとか。

その祖父がお腹だけ施術していたそうで、それでいていろんな症状が治っていく。というような内容を読んだことがあります。

当時、お腹だけ触って治していくなんて、すげえな~と憧れたものですが、

今なら、少し理解できるようになってきた(僕は頭とお腹ですが)

頭と腹部だけでも、かなりいろんなところに効果が出ます。

今日は、踵が痛かった人に、子宮と骨盤隔膜で痛みが取れました。

あの頃、あこがれたものに少し近づけている気がした今日この頃(*^^)v

なかなか治らないな~とお困りでしたら、ぜひご相談ください。

Posted in 手・腕・肩, 脚・股関節・膝・足, 腰痛 | Leave a comment

左肩甲骨の痛み

50代男性 新規

4か月ほど前から、左肩甲骨のあたりに痛みが出てきた。

そこから左首筋も痛くなり、徐々に左腕が上がらなくなってきた。

4~5年前に左臀部痛になり、そのときに整骨院に3回ほど通ったことがあるが、

その際に結構強くマッサージされ、帰って痛くなるなどで、整体などに良い印象がない。

たまたま当院のホームページから、ちょっと違うようなことをしているようなので、興味を持っていただいたそうです。

検査

左肩外転150度、左捻転で右わきがつっぱる、首の左回旋、右側屈、後屈で左首筋に痛み。

SLR左(写真はイメージ)

パトリック右

膝倒し右

これらの動きが硬いです。

左肩甲骨の痛みは、夜間痛はない、動きによる痛みの変化はない、などから内臓(特に心臓)の影響がありそうです。

まずクラニアルテクニックで

頭頂骨、側頭骨、後頭骨、蝶形骨、前頭骨にアプローチ。

これにより首の左回旋、右側屈が改善。左肩外転も170度まで上がる。

つぎに心臓にアプローチ。

これで左肩外転180度まであがる。

つづいて肝臓にアプローチ。

これで左捻転とパトリック(右)の動き改善。

左腎臓にアプローチ。

これで首の後屈とSLR(左)もスムーズに。

これで動きの制限はなくなったものの、

まだ少し左肩甲骨に違和感が残る。

そこで左肩甲下筋にアプローチ。

これで残った違和感も解消。

と今日はここまでと。しようとしたところ個人的な心配事の話をされた。

最初、左肩甲骨の痛みの原因に何か心当たりはないか、聞いたところ思い当たる節が何もないということでしたが、

この心配事が、心臓に負担をかけたんではないでしょうか。

なかなか簡単に解決する問題ではないと思いますが、僕でお力になれることがあれば、いつでもご相談ください。

ちょっとチラシを撒いて宣伝したおかげで、新規が増えていますが、

その中に、よく強いマッサージやバキバキされて、かえって痛くなったとか、悪化したとかいう人が増えてきました。

体調が悪く、体力が落ちてるような方には強い刺激は、かえって負担になります。

強い刺激が怖い、帰って痛くなったなどで、整体その他に行くのは恐いが、

でも病院その他で、なかなか改善しなくてこまっているのなら、

ぜひ当院の頭蓋骨、内臓テクニックをお試しください。

お気軽にご相談ください。お待ちしていますm(__)m

 

Posted in 手・腕・肩, 肩こり | Leave a comment

小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.