fbpx

91歳ペースメーカー

91歳男性 昨年末心臓にペースメーカーをつける手術をした患者さん。

以前から月に1回程度来院。

退院されて今年の1/17、久しぶりの来院。

その後、2週間に1回のペースで来院。

しかし、ここ最近徐々に呼吸が荒くなっていっている。

体調も悪そうで、1か月前ぐらいだったか、急に意識が飛び、倒れたため病院に、

脳の検査で異常なしだったそうだが、

呼吸の荒さから見て、循環の問題で、脳に酸素が不足したためのように感じる。

ここ3週ほど毎週来て頂いているが、なかなか呼吸が落ち着かない。

年齢と体調、呼吸の荒さなどから、もう難しいのかなどと、いやな考えが頭をかすめる。

しかし今日の施術中に、ふと4~5年前に習ったリガメンタスというテクニックの肋骨アプローチを使ってみた。

実は習ってから、今日までこのテクニックはほとんど使わなかった。

以前は、うつ伏せや横臥位で、肋椎関節などへ拇指押圧などのアプローチ、あるいはアジャスト的なアプローチをしていた。

しかし、この患者さん、左胸にペースメーカーを取り付けたため、あまり腹臥位での肋骨への刺激はできないし、そもそも苦しい。

そこで思い出して使ってみた、これは仰臥位で肋骨の下に手を入れ、肋骨角を同側の肩関節方向にテンションかけてすべればOKというふうに習った。

これなら負担は少ないだろうと、やってみた。

左肋骨角を下から触りながらリリースしていく。

その際、テンションを肋横突関節とともに胸郭内がゆるむようにイメージして行った。

すると、久しぶりに呼吸が穏やかになってきた。

そして施術が終わって立った時に、久しぶりに明るい表情を見た。

それが何よりうれしかった。

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.