fbpx

食べ過ぎで胃の調子が悪い

60代女性 常連さん

もともとは、膝、腰の痛みで一昨年7月に来院。

その後、1~2週間に1回のペースで施術。

毎回の施術で、膝の捻じれを矯正、痛みの軽減、解消するが、

次回来院時には、また痛みが出るを繰り返す。

昨年3月より内臓・クラニアルの施術に変更。

内臓を診ると、消化器系の問題が強い。

胆のうを摘出や、甲状腺の手術をしているなどは、内臓を診るようになって聞いた。

それから徐々に安定するようになり、昨年6月以降いったん来なくなる。

昨年11月、5か月ぶりの来院。

体調が悪い、便秘、胃の張り、逆流性食道炎など。

患「いや~来てなかったら体調悪くなって、今度はまたちゃんと来ます(笑)」

それからは、また週に1回、たまに2週空くぐらいのペースで来院。

僕「今日はどんな感じですか?」

患「ここのところ体調はいいです。ただちょっと食べ過ぎて胃の調子が悪い、あとテレビの見過ぎで目が疲れる」

まず指標に可動域のチェック。

座位右捻転と首の左側屈に制限。

仰臥位足上げは左が重い、膝倒しは両側ともに制限。

まず足裏からキレート。

この時、ふと膝を観て、(あ~だいぶ左膝もまっすぐになってきたな、どうりで最近は膝が痛いとは言わなくなったな)と思いました。

通院しだして、しばらく1年ぐらいは、毎回左ひざが捻じれ(外旋)て、伸びきらない状態を繰り返していましたから。

変わるもんですね。

足裏からキレート後、頭にコンタクト、何か感じるか待っていると、胆のうに違和感(胆のうはこの方もうありませんが)

胆のう(胆のうがあった部位に)エネルギーでアプローチ。

その後、感覚に従い右腎臓、左腎臓、十二指腸、膵臓にもエネルギー。

次に左大腰筋リリース、仙腸関節リリース。

ここまでで感覚での反応がいったんなくなる。

仰臥位のまま、背骨をチェックすると、まだ数か所動きが悪い。

それらはそのまま少しリフトして動きを付ける。

していると、喉に違和感を感じた。

喉にキレーション。

でクラニアルで終了。

再検査 各可動域改善。

患「途中で体がフワ~と楽になっていくのがわかります」

僕「膝の状態もよさそうですね」

患「はい、最近はあの頃に比べると、全然気にならなくなりました。この前も長い間正座しないといけんかったんじゃけど、平気でしたね」

良かったです。劇的な変化はありませんが、しっかり定期的に通ってくれれば、しだいに良くなってくるものです。

患「どうでしょう先生、次の予約は2週間後ぐらいでいいでしょうか?」

いやいや、少し良くなると油断しますね、今日も食べ過ぎて胃の調子が悪いといったばかりです。

この食べ過ぎて、というセリフをよく聞くので、

僕「まあまだ、来週も1週間後にしましょうね」

もうしばらく1週間ペースで頑張りましょう。

 

 

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.