fbpx

言い訳がましい?

最近、少し変わったことは、

例えば、この前の土曜日に来てくれた患者さんで、野球やってて肩と首が痛くなった。

施術が終わって、まだ首を動かすと、痛みが少し残っている。

しかし、とりあえず頸椎に制限があったのは、解放して動きは出ていたので、あとは2~3日で痛みは引いてくるよと伝えた。

そして数日の間は、痛い動きはしないよう伝える。

どうしても、ついつい痛みを確認したくなって、痛い動きをしてしまいがちだが、それを注意してやらないように気を付けてもらう。

組織が痛んでいる場合、修復の途中でまた引き伸ばされると、治りかけたかさぶたをはぐようで、結果回復が遅れる。

また、おそるおそる動かすから、無意識に筋が緊張した状態で動かすことになる。

なんにしろ、しないにこしたことはない。

しかし、まったく動かさないと体が固まってくる。

そんなときはゆる体操などの、小さな動きでゆるませるような運動がいい。

この方には、その場歩きの体操を教えていたが、その動きでは痛みは無いそうなので、しばらくはその体操ぐらいで、痛みが引くのを待つよう伝える。

なにが変わったのかというと、昔はこういう事を言わなかった。

施術のみで痛みが取れなかった時に、なにか言うのは言い訳がましいと思っていた。

また、伝えたところで、どうせやらないだろうとも、思っていた。

しかし、最近考えが変わった。

僕自身が治療を受けてて、先生に普段自分で出来ることはないか聞くと、「痛くてとても出来ない、つづかない」と答えられた。

それで思った。

それがどういう物かは、わかりませんが、できるかできないかは、やってみないとわからないしなと。

まあ、それを伝える時間がないからかもしれませんが、

逆の立場で、僕も患者さんに、痛みが残っている時などに、

気を付けた方がいい事や、やった方が良いと思う事があれば、できるだけ伝えるべきだなと感じた。

その上で、やるかやらないかは本人次第だし。

必ずしも、それをやらないといけないわけではないし。

一応、提供できる情報は伝えた方がいいだろうと思うようになりました。

もちろん、施術時間の都合でそんな時間もない場合もありますし、その患者さんに良い方法がわからない時もありますし。

ただ気付いたことは出来るだけ、伝えるようになりました。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.