fbpx

蝶形骨?

左腰に痛みがある患者さん。

仰臥位で膝倒しをすると、左に倒れにくく右腰に張りが出る。

触って硬さを見ると、肝臓、右腎臓、右骨盤と右側が硬い。

それぞれにアプローチしてみたがまだ左に倒れにくい。

そこで蝶形骨にアプローチして再検査。

すると膝倒し、左に倒れにくかったのが、スムーズに倒れる。

その後、後頭骨、前頭骨にアプローチして再度、膝倒しを観てみると、

あれっ先ほどより、少しだがまた左へ倒れにくくなっている。

座位での捻転もやってみると、まだ固い。

そこでもう一度、蝶形骨にアプローチ。

これで捻転がスムーズに、腰の痛みも取れている。

蝶形骨へのアプローチで捻転の動きを改善する効果があるのか?

蝶形骨と体幹のねじる動きとの関連を考えてみたが、どういう作用なのか、

僕の浅い知識では、ちょっと考え付かないな。

たまたまかもしれないし、これはもう少し検証が必要ですね。

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.