fbpx

脊柱管狭窄症、すべり症

新患 60代女性 7年前検査入院にて腰部脊柱管狭窄症、第4腰椎すべり症と診断されたが手術などは行わず検査のみ。

その後、いつのまにか時間の経過とともに気にならなくなっていた。

今年の夏に左足首を外反捻挫、それをかばっていて右の腰痛、徐々に痛みを増し、今は両側の腰、坐骨、ハムストリングまでが痛む。この7年で今がもっとも痛むとの訴え。

DRTで背骨を揺すり、次に横臥位で首、肩、背、臀部、脚内側とほぐしてあお向け。

肝臓リフト、横隔膜リリース、右腎臓リフト、大腰筋、腸骨筋拇指リリース、左足首調整、骨盤調整、腰仙リリース。

足を片足ずつ自力で挙上、痛みなし。

膝立てて、左右に倒すと、左側に倒して左の仙腸関節、右の大腿筋膜張筋に痛み。

左仙腸関節を掌で圧縮リリース、右の大腿筋膜張筋拇指リリース。

再検査、右はとれたが、左がまだ少し残る。

再度、仙腸関節を観るが最近見たパーフェクト整体のDVDで仙腸関節を3部位にわけてチェックすると言っていたので、さらに細かく拇指をつかって6部位ぐらいにわけて、その中で硬かった2部位を拇指で圧縮リリース。

これでかなり楽になる。まだ少し違和感はあるが、腰を持ち上げても痛みは無いということで、今日は終了。

テニスボールを使って、臀部をほぐす方法を伝えて、10日後の予約をして帰られました。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.