fbpx

背中の痛み

多発性硬化症で通院中の30代男性

11月の入院ステロイド治療から退院後、だいたい週2ペース。

ステロイド療法で手足のマヒは一旦落ち着いているが、

胸、ミゾオチの窮屈感、背中の痛みが出る。

毎回、内臓、横隔膜、クラニアルは施すが、その場は変化しても、すぐ戻る状態が続く。

もともと、かなりな猫背で姿勢が悪いのを気にしていた。

当初は脊柱の前縦靱帯をリリースすることで改善していたが、

入院検査時に胸髄の炎症があったという事で、しばらく胸椎の前縦靱帯アプローチは行っていなかった。

しかし、今日も同じく胸、ミゾオチの違和感、気持ち悪さ、背中の痛みがある。

まずTLで反応した、後頭骨、頭頂骨、脾臓、胃、左腎臓アプローチで変化を聞く。

胸、ミゾオチの違和感はなくなるが、背中の痛みがまだある。

腹臥位で、脊柱の上を手をかざして、流すとT6,7,8あたりに嫌な感じがあるので、

触診すると動きが硬い。

本人もそこが痛いという。

しばらくやってなかったが、前縦靱帯にアプローチしてみよう。

仰臥位になり胸椎の下に右手を差し込みリフト。

左手を胸に当て、前縦靱帯に焦点あわせて待つ。

しばらくして、前縦靱帯がリリースされると胸もブワ~と開き大きく動き出す。

僕「これで、どうかな?」

患「めっちゃ楽になりました、やっぱりこれやってもらった方がいいみたいです」

僕「しばらく胸椎のこれ、控えてたんだけど、まあ次回までの様子見て、今良かったけど経過悪かったじゃ困るんで。また次回までの状態の変化良く感じてみてて。」

ということで、様子見ですね。

試行錯誤中。

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.