fbpx

肩がこって痛い

50代女性 新規

主訴 肩がこって痛い。若いときから慢性的な肩こり。

検査 左肩外転、右捻転、首の右回旋、右側屈、後屈に制限。

施術 クラニアルテクニックで頭頂骨、側頭骨、後頭骨、蝶形骨、前頭骨にアプローチ。

特に前頭骨が硬かったです。

この時点で左肩外転、右捻転、首の右回旋の制限解除。

首の右側屈と後屈はまだ。左肩の外転も制限はなくなるが、まだ上げていくときに少し硬さを感じる。後方に大きく回旋すると、肩甲骨の動きがまだスムーズではない。

胃と左腎臓、左大腰筋を丁寧にゆるめて、首の右側屈と後屈の制限解除。

少し重さがあった肝臓をゆるめ、

心臓と左肺をゆるめて、左肩後方にもくるくるスムーズに回る。

あとは便秘もあり、S状結腸ゆるめて終了。

ほぼ触れてるだけのテクニックばかりだったのに、どんどん動きが良くなっていくのが、不思議だったようです。

でも実際、首も肩も軽くなってびっくり。

肩や首のこっている部位には、まったく触れていません。

僕の考える肩こりの原因は、内臓の負担から内臓を包む膜や大腰筋、横隔膜などの体幹の中の組織が縮むことで、首や肩の組織が常に下方に引っ張られる。

常に首肩に負荷がかかり続けるから、じわ~と焼けるような痛みが続く。

だから、いくら肩の筋肉を適切にもみほぐして、循環良くし発痛物質や老廃物を流しても、

体の中が縮まっている限り、負荷はかかり続けまたコリや痛みが起こる。

だから肩を揉むのではなく、内臓や大腰筋、横隔膜などの体幹内の組織をゆるめてやることで、首や肩にかかる負荷を取り除く。

すると首や肩が楽に大きく動くようになり、負荷がなくなったから、なんか軽いと感じる。

そして、これまた僕自身の昔の話ですが、

じつは、そのむかし若い頃からマッサージが大好きでした。

こった筋肉を揉んでもらうと、何とも言えず気持ちいいんです。

しょっちゅう整体とかマッサージに行き、またマッサージ機を購入しほぐしていました。

特に何の不都合も感じていませんでした。

それが変わったのが、ゆる体操をやるようになってからです。

こった筋肉を直接もむのではなく、

骨や内臓などを、ひとつひとつイメージしながら、ゆすってゆるめていく。

マッサージを受けなくなって、しばらくして筋肉の質が変わってきました。

筋肉がやわらかく、大げさに言うと水をいれた袋のようにタプタプで、力を入れればもちろん硬くなる、でも抜けばタプタプな感じ。

マッサージなどでは味わえない柔らかさ、

そうなって受けたマッサージは、もう昔のような気持ち良さがなく、下手なマッサージなら逆に筋肉にダメージが残り硬くなる。

そう、むかしマッサージがやたら気持ちよく感じたのは、こった筋肉の嫌な感じを感じている脳が、別の強い刺激(揉むなど)が入ることで、そちらの刺激を受け取ることで、こったイヤな感じという情報を感じなくなるからなんです。

だから、こってない何の問題もない筋肉を揉まれても、特に強く揉まれたら全然気持ちよくない。

しかも、筋肉を強く揉まれたら、筋線維が傷つき、修復の過程で固くなっていきます。

中年以降の強いマッサージを好む人の身体を触ると、大げさに表現すればグローブの皮をさわるような質感になっています。

このような僕自身の経験から、当院ではこっているという首や肩の筋肉を直接刺激するのではなく、内臓や頭蓋骨へのソフトな刺激で改善するように努めています。

施術を受けるたびに、身体の質がより良くなっていくような施術を目指して頑張っています。

良かったらお試しください。特にマッサージや整体に行ったら、かえって体が痛くなった、首や肩がつらいのに、どうしたらいいの、と言うような方はぜひ‼どうぞ(*^^)v

 

 

This entry was posted in 肩こり. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.