fbpx

肘の矯正

今日、施術していて上橈尺関節を矯正していて、ふと考えた。

今まで、前後に直線状にスライドするよう動かして、動きやすい方(インダイレクト)、あるいは動きにくい方(ダイレクト)に、動かして矯正するようにしていた。

しかし最近、解剖書を観るようにしていたので、今日矯正をかけている時にふと、尺骨側の関節面は凹面になっているんだから、直線状に動かそうとするより、凹面にそうように動かした方が良いのではと思い、

関節面をイメージして、凹面にそうように動かして、テンションかけると、いつもより早くリリースに持って行けた。

これが正しいのかどうかは、もっと試してみないとわかりませんが、解剖書を観ていれこういう気付きがたくさんあるのかな。

がぜん、もっとていねいに解剖書を観るモチベーションが上がった出来事でした(初歩的ですいません)

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.