fbpx

睡眠時間

最近、短時間睡眠がいいとか、ショートスリーパーがうんぬんとか、はたまた睡眠時間が少ないと良くないとか、そんな記事をよく目にします。

どちらもそれなりの理論や根拠があるんでしょうが、どっちでもいいんじゃないでしょうか。

当院の患者さんでも、短時間睡眠なんて考えられない、姑や夫がいないときは可能な限り寝ていたいという方、

寝るのが好きで、休みは昼まで寝ていたい、そんな方に睡眠は短い方がいいといっても意味ないし、寝ることがストレス解消なら、しっかり寝てください。

また寝られない、不安感などで通院されていた方、よく話を伺うと寝つきはいいが、朝4時とか5時に目が覚めてしまって困るという事でした。

そこから寝られなくて困るという事でした。

いやそれなら、せっかく早く目が覚めたのなら(将来、やりたい職業があるという事なので)その時間で、やりたいことのための勉強などしたらいいんじゃないですか、とアドバイス。

そうですね、やってみますということで3週間ぶりぐらいに来院され、目が覚めたら勉強しているそうです。

すると不安感のほうも減ってきたそうです。

見た目も、すこし力強く元気な感じになってました。良かったです。

結局、睡眠時間はその人の生活習慣や嗜好できめればいい。

寝ないと体に悪いんじゃないかとか、気にする必要はない。

やりたいことがあれば(本当にやりたければ)寝てるのがもったいないと感じるし、

寝ることが好きでストレス解消になる人は、寝ればいい。

科学的根拠なんてあてにならない。

その他の健康法もそうです。

最近じゃ水素水も、効果があるとかないとか言ってますが(僕は飲んでないのですが)

これだって科学的根拠なんて気にするより、実際に試して効果があった人は続ければいいし、効果を感じなかったという方はやめればいいだけ。

何でもそうですが、科学的根拠よりも、実際に自分で試した実感の方が大事です。

この科学的根拠ってやつは、新たな発見があるところっと変わったりしますから。

僕自身、一般的には良くないんじゃないかと言われるようなことが、自分にはあっていて続けていることもあります。

他人の意見はあくまで他人の意見。

そうそうこんなこともありました。

ある重度の精神疾患のクライアントと話していると、

その方は、ある有名な人の本を読み、その人の意見に従わないといけないと思っていました。

でもその人自身は、もっと違う考えがあるのに、こうしないといけないといけないんじゃないかと相談されるので、

そんなん全然従う必要もないし、自分で決めろ、本を読んで影響受けるなら、いろんな人の本を片っ端から読んでみて。いろんな考え方があるから。結局決まった答えなんてないんだから、自分で考えてやりたいようにやるしかないかとわかるために、いろんな本を読むのが役に立つ。誰かの意見に従って生きてたら、もし違ったからといって、その作者に文句言いに行くわけにもいかんやろ。

みたいな話をしていたら、目に力が出てきました。やってみます、ありがとうございました。と帰っていったが連絡ないから元気にしているのかな。迷っている時は2,3日おきに電話が鳴ってたので。

あれ何の話だったっけ?

ようするに言いたいのは迷うより体験して、自分で決めよう。

そう当院の施術もどうなんだろうと迷っている方がいたら、迷ってる時間がもったいないので、まず受けてみよう。

そのうえで良かったら続ければいいし、いまいちと感じたらやめればいいだけ。

まずは体験してみましょう。

お気軽にお電話ください。お待ちしています。

This entry was posted in うつ病, ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.