fbpx

気が付けば

相変わらず、僕の右股関節は屈曲制限が強く、毎朝靴下履くのに苦労する。

僕は毎朝風呂に入る、その間に洗濯した衣類をかごに入れ、2階にもって上がる。

最近気づいたが、この家の階段(家の階段てけっこう急ですよね)を上るとき、

以前は一段一段、左足だけで上っていた。

それが、この前気づいたが、両足で交互に割とスムーズに上がっている。

「あれ、いつの間にか右足でも上がっている」

普段、一番痛みを感じるのが

仰臥位で脚を伸ばしていると、右の鼠蹊部に痛みが出てきて、長く伸ばしてはいられない。

また、逆に靴下を履くときなどに、膝を抱え込むように曲げることが出来ず、

膝を外に開いて、足を引き寄せ、それでも苦しいので、

いきおいつけて、手を伸ばし靴下をはく。

普段、これらがもっとも気になるところなので、

なかなか変化を感じなかったが、階段を交互に登れるようになっていたことに気付き、

いつの間にか、少しは良くなってきている。

それに気づくと、俄然良くなっていく希望が増す。

治療を受けたり、また自分なりに体操するなりして治そうと頑張っているが、なかなか改善しないと気持ちがめげそうな方。

もしかすると、僕と同じように、もっとも痛い動き、症状にフォーカスしているために、変化がわからないし、治らないんじゃないかと不安が増すのかもしれません。

もっといろんなところを観察してみると、小さい変化が起こっているかもしれません。

些細な変化でも、良い変化に気付けば俄然、希望が見えてきます。

お試しあれ\(^o^)/

 

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.