fbpx

検査

以前は検査というものを全然やっていなかった。

オステオパシーのセミナーなどで体の観方など受講したことはあったが、

やっていたことが全身を押圧や揉捏でほぐしてだったので、

また来院される客層がそれを求めていた事もあり、

来院されると、どこが痛いか聞き、そのまま腹臥位から始め

仰臥位、横臥位と一通りほぐして、

立ってもらい、痛い所が残っていれば、もう少しそこをほぐす

という感じでした。

しかし、NST研究会のセミナーを受講し始め、

講師の先生からのアドバイスは

まずは僕は、検査をしっかりやることから始めて下さいとのことです。

検査に始まり検査に終わる、これをしっかりやることから始めました。

まずは、簡単な検査ですが今やっているのは、

座位で腰椎の硬さ、肩の外転挙上、体の捻転、首の回旋、側屈、前後屈

仰臥位で頭、脚の重さ、膝倒し、片足ずつの足挙げ(自力と他動)、骨盤の硬さ(前方と側方)、胸郭の硬さ、腎臓の重さ

などをチェックするようになりました。

取り入れた最初は、どの動きが硬いと、どの内臓に関連しているのかが分からず戸惑っていましたが、

やりつづけていると、徐々にいろんなことがわかるようになりました。

その分だけ、余計な施術が減ってきています。

また、全然関係なさそうなものが、影響出せたりと、

いろんな発見があります。

例えば、最初の頃は、足上げで右足が重いと、回盲、盲腸、右卵巣、右大腰筋あたりを攻め

改善するまで、その辺を攻め続けてましたが

アプローチして、まだ少し残っていた時に、まてよ頭蓋にアプローチして

もう一度検査してみようと、やってみると

頭蓋で足の重さが揃いました。

また今日は、左脚が上げにくかったり、挙げると痛みを感じたりした方が2名いましたが

最初、左大腰筋やS状結腸にアプローチして変化せず

骨盤や腹部をチェックすると

右仙腸関節や回盲部などが硬く、そちらにアプローチすることで改善しました。

以前なら左大腰筋やS状結腸、左仙腸関節を攻め続け、改善しないまま終わるパターンでした。

非常に初歩的ではありますが、検査をし続けることで、施術の時間が減り、効果は大きくなってきています。

こうなると、もっといろんな検査法が知りたくなってきます。

検査で一番メジャーな問題点を特定できるようになるのが、新たな目標です。

頑張ろう。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.