fbpx

心臓、腎臓症候

ここの所、普段の施術は

7ステップに検査、触診で動き、硬さなどの問題がある内臓の直接アプローチを加える。

さらに、事前の検査では出てなくても、施術中に気になった部位、

例えば、横隔膜矯正をしていて、心臓方向に硬さを感じたり、

あるいは、S状結腸にアプローチしていて卵巣に引かれたり、

あるいは、なにか直観的に、ふと気になる臓器が浮かんだり、

を加える。プラス関節のアプローチが入る場合もある。

しかし、そうだたまには

内臓症候を習った順番通りにやってみようと、

50代女性 肩こり、腰痛の患者さん。

左捻転と首の右側屈、後屈に制限。

足上げは左が重く、膝倒しは左に倒れにくい。

仰臥位での上肢挙上は左が少し制限あり。

左捻転は右腎臓コンタクトで、

首の右側屈、後屈は心臓コンタクトで、

足上げは左腎臓コンタクトで可動域がアップしたので、

施術は心臓症候と腎臓症候の手順通りにやってみた。

時間にして15分ぐらい。

結果は膝倒しが少し固さが残ったが、

その他の動きは改善されたので、今日はここまでにしましょうとした。

首の側屈などは面白いぐらい動くようになっていた。

短時間だが効果大だった。

やはり事前検査で狙いの臓器を絞れたこと。

それと、それぞれの症候テクニックが良く考えられてつくられてるんだろう。

まだ順番の意味など考えられるところまで行ってないが、

非常に効果を感じた次第。

まだまだ、いろんな検証ができるな。

楽しい。

来週には福山の先生のところで練習会。

楽しみだ。

ああ、それとウチの美子さんは変わっている。

以前も書いたと思うが

施術の練習させてもらっているが、

今日は久しぶりに、

美子「今日、私の好きな距離でやってもらっていい」

好きな距離と言うのは、

クラニアルの練習で

手を触れた位置から、美子さんが

「もうちょっと離してみて」

と言うのに、合して離していくと

完全に手が離れ、1㎝ぐらいは離れたところで、

そのぐらいがいいという。

僕には何の感覚もないが、

そのまましばらくして、

美子「あ~スッキリした」

という事が以前あったので

それをまたやってほしいということらしい。

そこで、また言われるままに

離していくと、また完全に離れたところで

「そこ」というので、そこでしばらく待つ。

4つぐらいのテクニックでそれを行い、

終わって聞くと「あ~スッキリした」と言う。

これについては、なかなか検証できないな。難しい。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.