fbpx

尾骨の痛み。

今日の新規さん、ホームページを見てくれたそうで、わざわざ岡山市内から、来院してくれた。

1ヵ月前より腰が痛くなり、2週間前より痛みが激しくなり、前屈が全くできなくなった。

病院でCT異常なし、しかし痛みが全くひかず、ホームページから問い合わせ頂いた。

車の運転も苦痛なため、御主人の運転でやって来た。

直立不動、そのまま恐る恐る歩いている。

痛みは尾骨の周りが、最も痛くついで仙骨に痛み。

他に肩こり、右肋軟骨を右耳に移植している。体は非常に華奢である。

座位の検査で、鼻骨の痛みの為、まっすぐ座れず身をよじっている。

仰臥位になると、肋軟骨の移植のせいか、右肋骨下部がへしゃげている。

痛みの為、足を伸ばせない。

痛みが長く続いているからか、体はガチガチ、頭もカチカチパンパンで重い。

FBプレス、肝臓プレス(肋軟骨の移植が関係あるか、わからないが今まで、こんなに厚みがないのは初めて、しばらくしていつもとは逆に膨らんできて、動きが出てきた)

横隔膜矯正(これも肋軟骨の影響か、いつものように凄い軽いコンタクトだが、それでも強いのか、腹部に力が入る)

これはキレーションしかないかと、まず左腎臓キレーション、これで脚が伸ばせるようになった。

子宮、直腸、膀胱にキレーション。

しかしカチカチ、なかなかいつもほど呼吸も大きくならない。

しかし、それでも続けていると、徐々に大きくなってきた。しかしまだ5割程度。

なかなかこれ以上変化しないのでクラニアル。

この頭もカチカチで動いてない。

ひとつひとつアプローチして、徐々に動きが出てくる。

しかし、頭自体の重さがもう一つと言ったところですが、首はかなりリラックスして頭がスイッと上がるようになったので、まあここまででとりあえず快方には向かいだすだろうと感じたので、まだ痛みがあっても今日はこれでいいだろう。

座位になろうとするが、まだかなり痛い様子。

結局、まだ尾骨が痛いようでまっすぐ座れない。

そこで座位のまま、尾骨の左右に拇指コンタクトして、しばらく待つ。

尾骨の右側に硬結があった、徐々にゆるんできたので痛みを聞くと、楽になってきた。

そこで終了としました。

しかし、まだ動きが恐る恐るな感じ。

でも表情は、かなり明るくなった、「来てよかったです」と言ってくれた。

僕「まあ、これで良くなっていくから大丈夫ですよ(ちょっと遠いので)、3~5日たって、まだ違和感や痛みが残るようなら、また来てください」

スカッと治してあげられたら良いのですが、残念ながらそうはいかないことが多いですね。

しかしNSTの内臓クラニアルで施術するようになって、腰痛、ぎっくり腰などを1回で治せたりはしてませんが、数回かけて毎回少しずつ体の状態が改善していくので、痛みがすぐ取れないのは気にならなくなりました。

そのうち治るけん、心配いらね~と思ってます。

冷たいかな?

 

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.