fbpx

多発性硬化症8

前回書いてから、3回目の施術。

今日の様子は、脚のこわばり、両足裏(土踏まずは除く)指先の麻痺感、昼にコンビニカレー食べてから、お腹の具合が悪い、背骨の硬さが気になるそうです。

相変わらず、これといった進展はなし。

これまで、いろいろ試してみた中で、もっとも反応したのが、膵臓テクニックの中の第6胸椎右マニピュレート。

今まで、内臓やってクラニアルというパターンが多かったが、胸椎への刺激に一番反応を示したことから、攻め方を変えてみた。

まずクラニアルを行い、頭蓋の動きをよくする。

次に腹臥位になり、胸椎から仙骨まで、動きの悪い脊椎、両脇マニピュレート、ロックがあれば押圧したままリリースを行った。

イメージは、まずクラニアルで頭蓋の動きをよくし、脳脊髄液の産生や循環を高め、

次にその脳脊髄液が脊髄から硬膜袖通って末梢神経へと、脳からの情報が体の末端まで流れていくのを助けるイメージで、背骨の両脇をマニピュレートした。

患者さんの反応は、足裏の麻痺感はあるが、両脚のこわばりは解消、ふだん階段を上がるのに足を持ち上げるのに難儀するのが、今は膝が腹部まですいすい挙がる。

脚にチカラが入るそうです。

本人の感覚でも、今までの施術と比較して良い感じを受けるそうです。

しかし、施術直後は良くても、あまり長持ちせず、次回来院では、また両脚のこわばりが出る例が多いので、次回月曜まで体の様子観察しといてもらう。

何か違った(良い方の)反応があると良いのですが、経過を待ちます。

 

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.