fbpx

多発性硬化症

前回より1か月ぶり。

ここ2か月ほど、仕事が忙しく、月に1回ずつぐらい。

同じく忙しいせいで、あまり体を動かすこともなかったせいか、手足が動かしにくくなっている。

とりあえず仕事が一段落したので、これからまた週2ペースで来れそうですとのこと。

施術中、久しぶりなのと、格闘技漫画の話題をふられ、ついつい話に熱が入り施術に集中力を欠いてしまった。

ちょっと集中出来てなかったので、感覚も少しあいまい(^_^;)

時間もあまりなかったので、一度立ってもらい動かしてもらって、違和感を聞く。

すると頭と首の境を指して、「この辺が少し」

そこでC1リフトする際、手根で小脳テントにコンタクト。その間にテンションかけてリリース。

患「やってもらってる時、すごい呼吸が大きくなって、こんなに息吸えるんだってなりました」

その時は、小脳テントにもアプローチしたから、小脳テントも隔膜系で呼吸に関係するから、それで呼吸が大きくなったんだと説明しましたが、

あとでふと小脳テントとC1の間にテンションかけたから、ちょうどそこは呼吸中枢のある橋、延髄の場所だな、そこが刺激されて呼吸が大きくなることもあるのかな、とも考えましたが、

呼吸中枢は血中ガスの変化に応じて信号出すんだから、手技刺激は違うかな?

やはり隔膜の解放の方が影響してるのか?

はたまた別の機序があるのか???

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.