fbpx

同業者2

先週来てくれた同業者さん、今日また来てくれました。

今日はS状結腸のあたりがチクチク痛むそうです。

またまた話しながら施術。

「今何やってるんですか?」「キレーションです」

「これは何を?」「胆嚢からキレーションです」

「これは?」「S状結腸からキレーション」キレーションばっかりだな。

せっかくなので何を考えてやっていたのか書いておきます。

検査で捻転は左右ともに硬い感じでした。肝臓、腎臓など疑う。

首の左側屈が固い、肝臓、胆嚢を疑う。

仰臥位で左足首が硬い、左腎臓を疑う。

膝倒し右に倒すと左の広背筋と起立筋の境あたりに痛み、左腎臓を疑う。

触診で腎臓をリフトしてみると、やはり左腎臓が固い。

他に、胆嚢、小腸が腫れている感じがする。

S状結腸はジーンズが固くてはっきりしないが、固そうではあるし、主訴なので候補に入れておく。

ここまでで、まず左腎臓を攻めてみようと思う。

肝臓、胆嚢あたりも気になるが、肝臓はどちらにしろ最初に行うので胆嚢は様子見。

と考えて施術に入りました。

FBプレス、肝臓プレス、横隔膜矯正、左腎臓キレーション。

ここで左右の腎臓チェック、左腎臓の固さ解消。

ここで「そういえば今日はじめて右手の拇指球がつりました、なにか関係ありますか?」

とおっしゃったので、胆嚢あたりの腫れが、反射点でもあるし、関係してるかも?と考え

胆嚢キレーション、これがかなり時間かかりました。

まあしかし、張れた感じがしぼんできて、やわらかくなってきたので、次へ。

小腸は時間も刺激も多くなりすぎてはいけないと考え、また胆のうアプローチしたので何か良い影響があれば、本人の治癒力に任せよう。

一応、主訴のS状結腸をキレーションしておこう。

ここでいろいろ質問され、話しながらやっていたため、集中してなかったためこれも時間がかかってしまった。

ここで膝倒し、まだ先ほどと同じところが痛みが出る。

しかし、何の根拠もないがクラニアルで変化するだろうと直観、まあダメならダメでそれからと思いクラニアルに入る。

相反、SBSリフト、後頭骨Vテクニック、側頭骨矯正、側頭頭頂縫合リリース、FBST。

これで膝倒しすると、先ほどの右に倒しての痛み解除。

ということで、今日はここまで。

ざっとこんなこと考えながら行っていました。

まだまだ稚拙で至らない点も多々ありますが、またよろしくお願いします。

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.