fbpx

側頭骨

NST研究会でクラニアル、中でも側頭骨のテクニックを教わったのが6月。

最近やっと側頭骨を動かしたり、整えたりが出来るようになってきた。

今まで、目の高さ(蝶形骨の歪み)や顎の歪みなどが、側頭骨がうまく出来ないと

なかなか変化させられなかったんですが、

だから、今まで検査での可動域など、どの内臓が問題かなとは観ても、

頭蓋の歪みなどは、チェックしていませんでした。

いつも最後に、一応、蝶形骨、後頭骨、側頭骨、頭頂骨、前頭骨とただアプローチしていた。

せいぜい、重さが軽くなるかどうかしか意識していませんでした。

ただ、わからないながら使い続けていましたら、徐々にいろんな気付きが出てきて、

最近やっと、側頭骨を矯正すると、顔の歪みなどがかなり変化するようになりました。

すると面白いもので、事前の検査で頭蓋の歪みもチェックするようになりました。

頭蓋の各骨と内臓の対応関係もあるので、内臓の検査と照らし合わせてみたりと、

判断材料が増えて、診やすくなりました。

しかし、まだまだちゃんと観れてないのか、各指標がバラバラに出て、判断に迷う事も多々ありますが、

考えながら行うのもまた楽しいです。

なにせ、ホームページの内容も頭蓋骨矯正と内臓調整と書いているのですから、

普通見たひとは、頭蓋の歪み、治せるんですよねと思うはず。

遅ればせながら、少しずつ宣伝文句に近づいています。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.