fbpx

人生の軸

今日は大阪でNST研究会のフォローセミナーでした。

今日は座学でした。

人生の軸(目的、使命、テーマ)について

あなたは何をやりたいのか?

あなたの目標はなにか?

人生におけるあなたの仕事の意味は?

等々、もっとたくさんありましたが、

こういった質問に明確に答えられるよう

自問自答、繰り返し考えハッキリさせることが大事

こういうことが、あいまいだと長期的な成功が難しい。といった話から

もっと具体的な院の経営について大事なこと。

さらには値決めのルールまで、もりだくさんの内容でした。

もう頭がパンパンです。

普段こういうことをほとんど考えていないので、

逆に非常に勉強になりました。

途中1時間ぐらいですか、

本当にやりたい事、それに対して現状はどうか、なぜ出来てないのかについて考える時間があった。

考えました。

治療家という仕事が本当にやりたいことなのか?

そもそも興味を持ったのは高校生の時に内容は覚えていないが、なにか体をほぐすような手技を受けたことがあり、気持ちよかったのでしょう、

それを見よう見まねで、土曜日などに友人の家に遊びに行っては、その友人の体を施術した。

気に入ったのか、またやってと、遊びに行くとするようになった。

よく施術家で病に苦しむ人を助けたいというのがあるが、(もちろん僕にも少しはある)

当時を思い出せば、喜んでくれるのももちろんうれしいが、

それよりも、自分が何かすることで、体が楽になる、変化するというのが、どこかマジックのようで面白がってやっていたんですね。

だからどちらかというと人助けというよりもゲーム感覚に近い。

だから変わった症状、やったことない症状、難しいといわれる症状などだと、俄然ゲームのステージをクリアする感覚(こんなこと言ってゲーム自体はやらないのですが)で楽しい。

じゃあ、ただ単に遊び感覚だけなのかというと、そうでもない。

そもそも僕自身がどこか痛くなって治療を受け、それが良いなと思ったことから始まっている。

自分自身も頭痛、腹痛、腰痛などで苦しんだこともある。

そんな時に、痛みを、症状を消してくれたら、どれほどうれしいか実感としてわかる。

その価値は非常に大きい。痛みなくいろんなことが出来たられほどうれしいか、

というようなやりがいももちろん感じる。

普段考えてないからか、これ以外にすぐに思い浮かぶやりたいことがない。

じゃあ現状の問題点は何か、

そもそも面白かったからやり始めたという半分ゲーム、遊び感覚からはいっているため、

ビジネスとしての感覚がない。

今日も話を聞いていて思ったが、数字とか説明とか経営についてが面倒。

ただ施術するだけ。

ちょっと前まで、新規患者さん、来られても住所さえ聞かなかった。

だから赤字続き、そろそろ貯金がやばい。

なぜ出来ないのか、答えは簡単、危機感がない。

祖父が始めた自営業、父が引き継ぎ時代に合わせ、事業内容変えながらやってきた。

その仕事をただ手伝い、(手伝っただけ、経営的なことは親任せ)

そのかたわら、施術をはじめ、

家に仕事を辞め、施術のみにしてからも、実家の一室を使い施術、

今は家の敷地内に施術院、その辺の維持費が親の支えがあるため、

好きなことだけやり、のほほんと生きてきた。

そんな中、今日の話はありがたかった。

ちゃんとした経営者はこういうこと、ちゃんと考えてやってんだ。

そりゃ、うちの経営状態が悪いのは当然だ。

今日の内容は、僕が今、一番考えないといけないことだった。

金生先生、良い機会を与えていただきありがとうございます。

しっかり考えていきたいと思います。

まあまずは、患者さんへの説明は、明日からさっそく出来るな。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.