fbpx

五十肩、股関節痛

今日の新規は2人

2人ともに主訴が五十肩、ひとりは股関節痛も。

60代男性

昨年転倒により右手小指骨折、TFCC損傷、数か月後より右肩、右股関節が痛み始める。

数か月前より整体(筋肉をほぐすタイプ)に通う。

右股関節少し良くなってきたが、まだしゃがみきれない。肩の痛みは、最近悪化気味。

ここ最近は整体での変化があまり感じれなくなってきたので、なにか他のものを受けてみようと、当院のブログを見て来院してくれました。

30歳頃に扁桃腺手術。

検査

右肩外転180度まで上がるが、150度ぐらいから痛む。右股関節は屈曲100度で痛み。

膝倒し(左)で痛み、触診では肝臓、右腎臓の張りが目立つ。

頭蓋ホールドして感じるままにアプローチ。

肝臓、右腎臓、回盲、ここまでで膝倒し、少し痛みが楽になる。

つぎに盲部、下側に指を差し込み、引きはがすようにリリース。

これで膝倒しが、かなり痛みが楽になる。

右上の横臥位になり、右肋骨1,2番アプローチ、側腹から右腎臓にアプローチ、右の中殿筋、腸骨筋、仙腸関節アプローチ。

仰臥位に戻り、右鎖骨を右手で包み、後方肩甲骨側に左手を添え、両手の間のテンションがふわっとゆるんで終了。

立って動かしてもらい痛みの変化を聞く。

右肩10→4、右股関節10→3、

患「不思議ですね、あれぐらいのことで痛みがかなり楽になった」

今まで筋肉は丁寧に施術してもらっていたのでしょう、特に張っているというものもなく可動域もあるが、肝臓、右腎臓、盲部にかけての問題が残っている。ここが改善してくれば痛みは治まってくるでしょう。

もう一人は、高校時代の同級生。10年ぶりぐらいだろうか。

こちらは左肩、1か月前から左肩が痛み出す。こちらも可動制限はほとんどないが特に伸展(後方)への動きで痛む。

夜中に痛みで飛び起きる、かなり痛みが強いと言う。

触診で胃と左腎臓の問題が強いようです。

感じるままにFBプレス、胃、左腎臓、右腎臓、横隔膜、左肺、

側頭骨、肝臓、FBST、SBS、左鎖骨。

つい同級生という事で、再検査、痛みの変化など端折ってしまいましたが、

僕「胃の問題が強いな」

患「タバコか?酒は減ったし」

僕「あとは冷たいものとか」

患「あ~冷たいものは、ガバガバ飲む。1か月ほど前〇〇県の現場で暑いけん、冷たいものばかり、ガバガバ飲んでた」

僕「ちょうどそのころから、痛くなったやろ」

患「ほんまやな」

僕「まあちょうど涼しくなってくるころじゃけん、冷たいもの減らして、しばらく通ってくれば治るよ」

患「おう、頼むわ」

ということで、しばらく2人とも週2で通院することに(^-^)

肩や股関節、腰の痛みでお困りの方。

接骨院、整体などに通って、しっかり筋肉ほぐしたり、関節整えてもらっているのに、なかなか痛みが改善しないとお悩みでしたら、

もしかすると上記のような内臓の問題かもしれません。

もし興味を持たれたら、お気軽にご相談ください(*^_^*)

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.