fbpx

久しぶり

前回が昨年8月だったから8か月ぶりの来院

60代女性 10年前にくも膜下出血、右半身運動麻痺で感覚過敏、左半身感覚麻痺。

どちらも完全にではなく、たとえば右半身は使うことも出来るが、起用には使えない、また左半身は拇指圧(以前は押圧やほぐしがメイン)であまり感じなく、同じ圧で右半身を押すと万力で挟まれているように感じる。

また風呂など入ると、左半身はひんやりしていて気持ち悪いと言っていた。

以前定期的に通ってくれていて、その時は左右差が少し減ったそうだ。

今日は数日前に左股関節が痛くなり椅子から立とうとして、力が入らず立てなかったそうです。

今日は少し落ち着いていて、その時ほどではないが、まだ痛く中腰が出来ない。

それと右首肩腕が痛い。

座位検査 腰椎固い、肩外転右100度、左90度、体幹捻転は左右70度、首は側屈と回旋で痛み

仰臥位検査 頭、脚ともに重くない、膝倒し左に倒すと右大腿筋膜張筋に痛み

施術

仰臥位 前頭骨、肝臓、横隔膜、心臓、左腎臓、左大腰筋アプローチ

腹臥位 ふくらはぎ、小円筋の内臓反射点刺激、肋骨矯正、腎臓上方矯正、脊椎棘突起を掌で押圧するとL5、T11、T6が動きが硬い

仰臥位 L5、T11、T6リリース、回盲部、S状結腸、左卵巣アプローチ

ここで膝倒し、まだ右大腿筋膜張筋が少し痛いので拇指押圧でリリース、これで痛みなし。

相反、蝶形骨、後頭骨、前頭骨アプローチ。

座位検査 まだ右肩外転110度、首左側屈で右首に痛み、その他は改善

仰臥位 右縦隔リリース

横臥位 右わきから四指の先で上肢帯と肋骨の間をはがすようにリリース

これで右肩外転180度、首の側屈も痛みなし

立って左股関節の確認

僕「立って左股関節どうですか」

患「あ~痛くない、ちょっと待って」

と言って、一度椅子に座って立ち上がる動作をして確認しています。

患「うん、立てる」

服を取ろうと中腰になって

患「あ~大丈夫、この姿勢が出来んかったんよな~、出来る出来る」

患「2週間後の予約して帰るわ、予約しとかんかったら、つい来んようなるけん」

僕「はい、ありがとうございます」

以前、来られていた時と比べると、施術内容がかなり違ったが、結果が出れば問題なさそうです。

でも、もともと今までもしょっちゅう施術内容変えてたから、昔からきてくれてる人は、また変わったぐらいの感じかもしれません。

また、ここまで定期的に来院されてる方は、施術内容大幅に変えたにもかかわらず、それで来なくなったという方はいません。

変えてから新規の患者さんも、こういう施術なんだと思って次回予約とってくれたり、

もしかして、今までのほぐしがそもそも下手だったのかと、思ってしまうぐらい今の施術の方が改善率は良いです。

また時代がそういうことなのかとも感じています。

 

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.