fbpx

下半身が重だるい

今日の新患さん 40代女性

ホームページを見て、はるばる下津井から来院してくださいました。

肩こり、下半身が重だるい、冷えなどがあり、内臓が気になるそうです。

ちょうどウチのホームページの内臓アプローチに興味を持っていただいたようです。

また胆のうを7年前に摘出しているそうです。

座位検査では捻転が両側固い。

仰臥位検査では、膝倒しで両側、特に右に倒すと左腰のハリが強い。

ざっと体表から内臓触ってみると、左腎臓が特に硬い。

施術

仰臥位 前頭骨プレス、肋骨を下(背側)から持ち上げてみると、左の方が硬かったので、まず脾臓にアプローチ、次いで肝臓、横隔膜。

ミゾオチに手を置くと、胆のうに引かれる。

胆のうはないのだが、そのあたりに何か制限があるのでしょう。

そこをゆるめる。

左腎臓(やはり固いので、肩こりは左が強いですかと聞くと、左の方が強いらしい)、左大腰筋アプローチ。

腹臥位になって、カーフ、小円筋の内臓反射点刺激。

肋骨矯正、左腎臓(これを念入り、ゆるむまで結構かかった)

これで膝倒し、捻転の硬さ解消。脚の重だるさも軽減。

次に頭蓋

相反、蝶形骨、後頭骨、前頭骨、まだ整ってない感じがしたので両手で包み(サザーランドホールド)で全体のリズム、バランスが整ってくるようイメージして待つ。

だいたい整ってきた感じがしたので、立って確認。

すると脚の重さが、もう少し気になる。

仰臥位で片足ずつ、挙げてもらいどちらが重いか聞くと、左が重い。

S状結腸をゆるめて、もう一度片足ずつ挙げてもらうと、今度は両足とも軽くなった。

立って確認、良いそうです。

ほとんど内臓と頭しか施術してないのに軽くなったので、「ちょっとびっくりしました」とおっしゃっていました。

僕「左腎臓が一番問題だったようです」

患「そういえば、以前漢方に行った時も、腎臓が問題と言われました」

患「また来たいんですが、次の休みがまだわからないので、また直前でお電話することになってもいいですか」

僕「はい、全然大丈夫ですよ、いつでもどうぞ」

ええそうです、平日ならまだまだ空きがありますよ。

良かったら、お気軽にお電話ください。

 

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.