fbpx

一言

人と話すのが得意ではありません。

どちらかと言えば苦手な方です。

休みがあれば誰かといるより、一人が好きです。

こういう仕事をしていてなんですが、そうなんです。

でも大事だよな、でも苦手だよな、なんて考えていて

ふと突然思い出した。

書くと迷惑かかる人いるかな。

迷惑かけたらごめんなさい。

たった一言の影響力(良い方じゃないよ)

もう20数年前になる。すごく傷ついた一言がある。

当時、香川県に住み、空手を習っていた。

当時は師範もまだ若く、僕より6~7歳上だったからまだ30前か。

当時は稽古が終わってから、よく師範と特に選手会メンバーで飲みにいくことが多かった。

僕自身もみんなで飲みに行くのが楽しかった。

しかしある日、稽古後の居酒屋で(たしか弟だったと思う)がつぶれた。

酔いつぶれたので、僕が送ってくることになった。

当然、送り届けてまた師範らに合流する予定で。

しかし、タクシーで送っている最中に、タクシーの運転が荒く

僕が急に酔いが回った。

送り届けて、居酒屋に戻ろうとしたが、

目が回るは、気持ち悪いはで、タクシー止めて、道端で吐いた。

とても正気ではいられず、こりゃ帰っても迷惑かけると判断し、

家に帰宅、同棲中の彼女に店の名前を告げ、連絡してと頼んでつぶれた。

次の日、道場にいくと、なぜか師範が怒っている。

師範「昨日なんであんなことした」

ああ、説明が足りてなかったのかと、

「実は、こうこうで、、、、、」と事の顛末を説明すると、

師範「それならそれで、ちゃんと説明しないと、勝手に帰ったりするやつがあるか、そんなんどこの道場いっても通用せえへんで」と叱られる。

ここまでは、ごもっとも。

当時は携帯なんてない時代。

自分で調べて、かけられないほど酔いが回っていたが、

彼女任せにしたのは僕の不始末、失礼なことをしたと反省。

しかし、この後の師範の一言「そんでその話はほんとなのか?」

これには、もうしばらくおさまらないぐらい腹が立った。

「押忍」としか答えられなかったが、内心怒りに震えた。

なんでこんなことでウソをつく必要がある、

こんなことでウソをつくような人間だと俺を見ているという事か、

などと、いろんな思いが頭をよぎり、腹が立ってしょうがない。

それまで、みんなと飲みに行くのも嫌いじゃないし、

師範と飲むのも好きだった。

だから突然、このように言われて無性に腹が立った。

それからですね、その後も表面上は師範と弟子。

稽古も飲みも普通に続いていくのだが、

心の中で、徐々に距離が出来ていく。

結局、数年後空手を辞めることになるのだが、

この一件が、今考えれば遠因だったかもしれない。

あの、たった一言がなければ、ただ反省して終わっていたのに。

たった一言の影響力って大きいなと。

しかし今になって思えば、師範だってまだ30前の若造の時代である。

怒りに任せて物を言うこともあるよなと、

今では全然気にしてませんが、ふと思い出したので。

けっこう僕の人格形成に影響あった一件のような気もする。

逆に僕自身の発言も気を付けないとな。

なにせ、人に言われた一言には、こんなに腹立てて、

でも僕自身は、今までこれよりひどいこといっぱいしてきたな。

反省してます。

逆に良い方に導ける一言が言えるようになりたいもんです。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.