fbpx

サッカー少年の腰痛

今日は飛び込みでサッカーをしている高校生。

1週間ほど前から、サッカーをしてると腰に痛みを感じる。

前屈、後屈すると、どちらにも痛みがある。

下背部(両腎臓の裏)と下腹部(腸)の張りが目立つ。

クラニアルから、まずは疲労の元、脳の循環を良くする。

その後肝臓、横隔膜などから腎臓、大腰筋。

まだ、この時点では腰に痛みが残る。

下腹部、腸をしっかりゆるめると、腰の痛みが楽になったようです。

立って前屈、後屈大丈夫。

まだ高校生で若いといっても、内臓の負担は結構あるものです。

部活の練習も激しいでしょうし、なおかつ熱くなってきたので、冷たいものもたくさん飲むでしょう。

腎臓や腸に負担がかかります。

若くて頑張っている運動部などの高校生こそ、コンディションを整えるための内臓調整を、とりいれてみるのも良いと思いますよ(^-^)

 

This entry was posted in 腰痛. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.