fbpx

キレーション

NST研究会で習ったキレーション、非常に重宝してます。

習った事はいろいろ試していますが、

ちょっとした圧や刺激も受け入れてくれないほど硬い(緊張、防御反応、心理的etc.)時や、

また逆に、ちょっとした刺激も負担になりそうな弱っている方など、

困ったときのキレーションみたいになってます。

70代男性 左仙腸関節あたりに痛み。

座位での乳様突起、肩甲骨は右下がり、腸骨稜は右が高い。

体がガチガチ、胸郭も硬いし、腹部も力んでいる。

可動域検査も力が入る。

かといって、そんなに痛みが強いわけでもない。

可動域や触診でわかりづらかったので、肋骨反射点で診た。

それぞれ触っていくと、S状結腸の反射点で痛いと言う。

念のためカーフサインでS状結腸の反射点押してみる。

僕「こっちも痛みある?」

患「いや、痛いって程ではない」

そう、こういう力みがちな年配の男性に多いですが、少し痛いぐらいでは痛いとは言わないので、

そのまま、左スネ内側の他の反射点も押し比べて、

僕「痛みの程度が一番大きいのはどこ」

患「それなら一番下が痛い」

じゃあS状結腸で、いってみます。

FBプレス、肝臓プレス、横隔膜矯正。

ここから、先週のセミナーで習ったS状結腸に対するテクニックを使ってみる。

カーフサイン、起立筋、肋骨反射、水かき、S状逆流、左三頭筋、足反射。

脚長差や骨盤は、ここまでで整ってきたが、なんか硬い。

やってて後で気づいたのですが、ここでS状からキレーション。

キレーションをやってると呼吸がゆったりと大きくなってきました。

いつも最初の方で横隔膜矯正するのですが、

横隔膜矯正で、うまく呼吸が大きくならない時、

キレーションをおこなっていると、呼吸が深く大きくなることが多いです。

クラニアル、あごの歪みもだいぶとれてきました。

可動域で観れてなかったので、

座位の歪み、乳様突起、肩甲骨、腸骨稜の高さが左右そろったので、

今日は良しとしました。

立って、

僕「腰どうですか?」

患「うん、やっぱり左が少し痛いな」

僕「あらら、まあまあ今日はそれで様子見ましょう、左右のバランスも良くなってきたので、楽になってきますよ」といって終了。

続いて70代女性

脊椎カリエスで背骨が折れ曲がっている方、久しぶりの来院。

呼吸が苦しい。医者からは酸素吸入器勧められるが断っているそうです(酸素濃度の数値は正常なので)

僕の父は酸素吸入器を使ってますが、使わないと酸素の数値が明らかに下がるので。

酸素の数値が正常なら、横隔膜や内臓の問題で、胸郭や横隔膜の動きが悪く苦しいと考え施術。

FBプレス、肝臓プレス、横隔膜矯正。

腹部左側が硬く盛り上がっている。

やせて小さい体、まして背骨は折れ曲がり、腹腔も狭い。

肋骨下部から鼡径部の間が、僕の手のひらより狭い。

こんなときもキレーション重宝します。

左腹部から抜いていくと、やわらかくなってきて、呼吸も大きくなってきた。

その後、クラニアル。

特にこの方は、クラニアルを行っていると、大きくなった呼吸が、今度は穏やかになってくる感じ、来た時には浅くハッハッとした呼吸から、いったん大きくなり、クラニアルで穏やかに落ち着いてくる感じです。

こんな感じで内臓に直接アプローチが難しい時や、上手く行かなかった場合など、キレーションが重宝してます。

明日は福山で練習会の為、お休みです。

 

 

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.