fbpx

インフルエンザ予防

インフルエンザや風邪が気になる季節ですが、

みなさんはどんなことに気を付けていますか?

僕の身近でインフルエンザが猛威を振るっておりますが、

今のところ、大丈夫です。やはり咳をしながら施術されるのは、嫌でしょうからかからないように気を付けています。

僕なりの気を付けているポイントは、いろいろありますが、まず体温です。

寒いと感じないようにしています。

まあ仕事中は、施術するので、クライアントが寒くないように温度管理をしているので、寒くないですが、

犬の散歩などで、外出する時などは、確実に寒くないと感じる格好で出かけますし、

また外から温めるだけでなく、体の深部から温度が上がるように、ゆる体操などで背骨をゆする運動なども行い、なかからゆるんでくると、軽い四股や腹筋などで、体温を上げます。

また視床下部が自律神経の中枢なので、そこは意識でアプローチしておきます。

さらに、特に首、胸などが硬くなると気管支などの血行が悪くなり、ウィルスや細菌が入ってきたときに、やっつけることが出来ないので、ここはしっかり開くようにします。

喉だからと首だけ回したりするよりも、まず胸をしっかり開くと良いです。

僕は丸椅子の上にクッションを置き、そのうえで胸を反らして開きます。

バランスボールなどがあれば、なお良いと思いますが、僕はあれけっこう場所とるので邪魔になるので使ってません。

まあとにかくしっかり胸を開いたうえで、今度は首の体操などすると効果的です。

軽い寒気や、少し喉がおかしいかなと感じるときなどに、効果的です。

あと体温については、もうひとつ世間一般的には良くないと言われることですが、

僕はコタツで寝ています。

もちろん布団で寝るのですが、敷布団の足元にコタツをのっけて、

足をコタツに入れ、上半身から腰に掛けては掛布団をかけて寝ています。

うちの美子さんがエアコンなどの暖房が嫌いなもので、寒い中で平気で寝ていますが、

僕はそれでは寒くて、いろいろな中で、これが僕にはあっているようです。

体温については、こういったことを気を付けています。

やはり体温がさがると、免疫力が格段に働きが悪くなるので、冷やさないように気を付けましょう。

それと一番大事なのは気持ちの持ち方です。

よく風邪をひく人は、家族や職場などで、あるいは電車の中などで、

誰かが咳をしたり鼻をすする音を聞いただけで、

「あ~風邪ひくんじゃないか、うつったんじゃないか」と思うと思います。

僕がそうでした。

近くで咳をされたり、鼻をすするのを聞いた瞬間に後頭部が重くなってくるのを感じ、喉がつ~んとしてきます。

このマイナス思考というか、悪い方に考えるとますますそうなってしまう。

精神的な影響って体にものすごく影響します。

しかし今までの過去の体験からくる感情なので、悪い方に考えないようにしようと思ったぐらいでは変わりません。

そこでいろいろ工夫して、これやっとけば大丈夫というものを作っていきます。

たとえば誰か風邪ひいた人がいてもマスクしとけば大丈夫とか。

自分なりの、これやったら大丈夫だったというのを見つけるのが大事です。

他人から見て、あるいは科学的にみて、それはおかしいと言われることでも、

本人が、こころからこれが大丈夫と思えるものなら、そのほうが良いと思います。

それほど心の影響の方が強いと思います。

上記の体温も僕なりのやり方です。

風邪ひきやすい人は、ぜひ自分なりの大丈夫を見つけてください!(^^)!

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.