fbpx

イメージ力

最近、施術において、ますます力を使わなくなった。

クラニアルのDVDでも、イメージすることで変化するとか、あるブログでも、タッチするだけで、深い部分(横隔膜、内臓、骨格etc.)を解放するなど。

しかし、それが出来るには解剖が明確にイメージできないと無理だそうだ。

今まで、頭蓋は難しいと感じていたのは、このイメージをつかえていなかった。

最近、解剖書を見れるようになってきた。

以前、オステオパシーのセミナーで、解剖が大事と聞いてみるようにしたが長続きしなかったのは、解剖書を頭から順に見ていたのがまずかった。

今は、自分で使うテクニックで刺激する部位を、細かくイメージできるように見ている。

すると、頭蓋の縫合に対して今まで、つい動かそうとして強すぎて動かないという感じだったのが、コンタクトして縫合が開くイメージをすると、スーと動いてくる感じ。

身体に拇指押圧をかける時も、指を置いて刺激したい深い部位をイメージして、そこに刺激が届いているイメージをすると、抵抗なくゆるんでくる感じがしている。

もちろん、まだまだイメージが雑なので、もっと解剖勉強せねば。

いかに今まで、無駄な力が多かったかと、なんでもっとはやく気付かなかったかな。しかしやっと解剖を施術へ利用の仕方がわかってきた感じ。

20年前からちゃんと毎日、解剖書みていればと悔やんでみても始まらないので、今日もこれからがんばって見よう。

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.