fbpx

ちょっとビックリ

50代女性 右膝変形性関節症の痛みは落ち着いてきたが、週1ぐらいでメンテナンス。

今日は、「昨日左腕がパンパンで眼が覚めた、どうかしたんじゃろうか?腕が張ったんかな?」

なにが、どうしたかわかりませんが、検査して施術するだけです。

仰臥位で足上げ、左が重い、膝倒し左に倒れにくい、バンザイすると左が少し抵抗。

腹臥位、背骨チェック、胸椎5番、8番、腰椎1番が硬い。

再度仰臥位、胃、肝臓、回盲でTLしてみる。

膝倒し、足挙げともに回盲で改善。

左肩の抵抗は胃かなと思ったが、あまり変化せず、これまた回盲で動きが良くなる。

回盲メインで施術かなと思いながら、感性も試してみると

まず胃に強い違和感、TLでは回盲だが、胸椎5番も硬かったし、ここは信じて胃からキレーション。

胃から毒素が抜けてやわらかくなってきたら、今度肝臓に感じる。

肝臓キレーション、そして回盲キレーション。

再検査すると、すべて動き改善、脊椎も動きが出ている、これで終った方が良いのかもしれませんが、

クラニアルも使い続けてないと、せっかくつかみかけた感覚が鈍らないかと、

近所の良く知る方なので、ここは甘えさせてもらって、相反、SBS、側頭骨、頭頂骨、後頭骨、前頭骨と流して終了。

以前、図書館でよくいろんな本を借りると書いたことがありますが、

まあバーと借りて、家でパラパラめくり面白そうになければ読まずに返すのですが、

その本も、結局面白そうになかったので読まずに返したのですが、

見出しだったか、前書きだったかに

「宝くじで2億円当選しても、今の仕事続けますか?」

という質問があった。

心の中で「そりゃ、続けるよな」と即答していた。

一瞬おいて、自分にビックリしていた。

たしか、似たような話は昔からあって、以前ほぐしをメインでやってた頃は、こういう質問に、どうかな、続けるかなと迷った事を思い出しました。

その頃は、痛みがとれたと喜んでくれることがあると、それはそれでうれしいのですが、なんか面白くなかった。

同じようなほぐしを、同じように繰り返すのに、飽きていたんでしょう。

それが今は、こんな面白いことやめられないと思っている自分にビックリした。

こう書くと、すごい何でも上手く行ってると誤解されると困りますが、

今でも、治らない、変化しない患者さんも多々ありますし。

ただ今は、NST研究会で習った内臓・クラニアルを使って、いろいろ考えながら施術してるのが楽しいですね。

ゲームしてる感覚といったら不謹慎かもしれませんが、

難しい敵を、どうやって攻略しようかと、楽しんでいる感覚に近い。

読まずに返した本でしたが、その一文のおかげで、

あっ俺、今楽しいんだと改めて感じたのは良かったです。

 

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


小野整体

〒710-0262
岡山県倉敷市船穂町水江1281

TEL:086-431-2638 <要予約>
営業時間 9:00~12:00、15:00~21:00 予約時間について
定休日 日曜日

Copyright (c) 2013- 小野整体 All Rights Reserved.